漫画最新話ネタバレ

【毎週更新】東京卍リベンジャーズ最新話218話のネタバレと感想!瓦城千咒の三天戦争宣言!

今回の記事では、2021年8月18日発売の週刊少年マガジン38号に掲載されている東京卍リベンジャーズ218話のネタバレと感想をお届けします!

\初回600Pで1巻無料/ 31日間はアニメ版も見放題

前話までのあらすじ

六波羅探題に入った武道は千咒の買い物に付き添うと、別れ際にアイスのごみを受け取った際に、大雨の中で血だらけで倒れている咒を武道が抱えているビジョンを目にします。

そのビジョンが何だったのかと思考しながら、別の日にはドラケンの家を訪ね、エレベーターのボタンを押した際に武道はまた、自分のTシャツが赤く染まるビジョンを見ました。

ドラケンの部屋では、現代のマイキーの様子をドラケンに話し、それを聞いたドラケンは、自分がやっていることが間違っていないと確信できたと笑います。

そしてドラケンの部屋を出ると、ドラケンの住むキャバクラで働く女性の1人が武道にぶつかり、女性の持っていたトマトジュースが武道のTシャツを赤く染めました。

そのことをきっかけに武道は、自分が見ているビジョンは未来に起こる出来事なのかもしれないと気づきます。

新たな能力に目覚めた武道、ここからどんな展開が待ち受けているのか、218話を見ていきましょう!

東京卍リベンジャーズ218話のネタバレと感想

密談

2008年7月7日、武道が梵の集会に来るように言われた日ですが、その裏で千咒と明司は1人の男と密談をしていました。

そうなんです、そこで我が事業に横やりを入れに暴力団を使ってきたんです。このままだとウチの家族にまで手を出しかねません。お力添えを頂けますか?

見た目からして4~50代と思われるその男は、両手を顎の前で組み、すり寄るようにそう言います。

ふんっ、しょーがねえな

組んだ両足を机の上に乗せ、天井を見上げながら千咒はそう返答します。

これを聞いた男は、「ありがとうございます、梵が後ろについてくれればウチも百人力です」と笑顔を浮かべました。

すると咒は「ただね」と言いながら机をバンッと叩いて立ち上がり、男に顔を近づけると、

一般人が売春斡旋などに手を出すから足元掬われるんだ、自業自得だぞ!?

とイラついた表情で忠告。

忠告された男は「ひっ」と顔を引きつり、「し……失礼します!」と急いでその場を後にしました。

その様子を見ていた明司は「はあ」とため息をつき、上客相手に何をしているのかと注意します。

綺麗ごとだけじゃやっていけないのはわかってる、ただあんなゴミの為に梵を汚してると思うとムカつくんだよ

そう口にする咒に、明司はタバコを口に咥えながら、

感情は捨てる、それがガキと大人の差だ。マイキーならそうしてる

と語るのでした。

コミ太
コミ太
ガキと大人の差だと語る明司のクールさも、咒の仲間想いな感じも違ったカッコよさがあっていいね!

地下格闘技

夜、梵の特攻服を身にまとったドラケンに連れられて、武道が訪れたのは街の中にある普通のビルでした。

地下へと下る階段には監視カメラが設置されており、ドアも厳重な鍵がかけられており、武道は「秘密結社みてえだな」と感じます。

次の瞬間、ドアを開けて中に入った武道は、目に飛び込んできた予想外の光景に驚愕し、「え!?何やってんすかコレ!?」と声を発しました。

なんとドアの先では梵のメンバーが大勢集まって、段々になっている会場の360度に詰め寄って座っており、下のステージを見つめて「ワアアアア!」と歓声を上げています。

その視線の先には、上半身裸で殴りあう男2人とレフリー。

“B-1”、梵主催の地下格闘技

とドラケンが言います。

これに武道が今日は集会ではないのかと聞くと、

毎夜ここで試合が行なわれ金持ち共がモニター越しに観戦して金を儲ける

B-1を生業にしてより優れた精鋭部隊を創り上げる、それが超戦闘型愚連隊“梵”だ

とドラケンは説明。

そこまで!!カメラを切れ!今日の試合はこれで終わりだ!

フードを深くかぶり階段を下りてくる千咒がそう号令をかけると、その瞬間試合をしていた2人がピタッと動きを止め、会場にいる梵のメンバー全員が千咒へと視線を向けます。

その様子を見ながらドラケンは、

そして精鋭部隊の中でも頂点に君臨するのが―――瓦城

と説明を加えました。

にゃん太郎
にゃん太郎
地下格闘技は裏社会系をテーマにしたときの定番だな(笑)
コミ太
コミ太
これだけ血の気のありそうな面々を、咒は一言で押し黙らせちゃうなんて、さすが三天だね

“三天戦争”宣言

梵のメンバーからの「咒」コールが鳴り響く中、「これより梵の全体集会を始める」と言いながら千咒は会場へと降り、スッと右手を上にあげます。

すると歓声がピタッと止み、一気に張り詰めた空気へと変わりました。

新メンバーを紹介する!!前に出ろ!花垣武道!!

八三抗争!血のハロウィン!聖夜決戦!そして関東事変の中心人物!!

元東京卍會伝説の壱番隊隊長であり、黒龍の最後の継承者!!

咒が武道について説明をする中、呼ばれた武道は階段を下りてステージへと向かいます。

そして武道は咒の前へと行くと、「今日からお前の特服だ」と咒から梵の特攻服を受け取りました。

「梵へようこそ、花垣武道」

そう告げると咒は梵メンバーの方へと振り向き、

「機は熟した!!7月14日我ら梵は関東卍會と六波羅単代を同時に叩く!!」

「“三天戦争”を始めるぞ!!」

と宣言。

それを聞いた梵のメンバーから「ウォオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」と声が上がります。

武道は受け取った特攻服を身につけると、「ついにマイキー君のところへ」と考え、堅唾を呑みました。

にゃん太郎
にゃん太郎
三天戦争宣言はテンション上がるな!しかし改めて武道は喧嘩弱いくせに経歴立派だな(笑)

お誘い

集会を終えた武道は、自身の部屋にて壁にかけた梵の特攻服を見つめながら、千咒について考えていました。

先日2人で出かけた際の千咒は、普通の女の子と何ら変わりなく子どもっぽさがあり、今日の集会で見た咒とはまるで別人です。

武道は「頭の中どうなってんだ?」と思考。

すると、窓に何かぶつかったのかコツンという音がしました。

武道が窓を開けると外には咒が立っており、笑顔でこちらに手を振っています。

デート行こうぜ!

咒は一言そう伝えるのでした。

コミ太
コミ太
密談の時、集会の時、武道と2人の時といろいろな咒がこの1話で見られたね!
にゃん太郎
にゃん太郎
おい、デートって武道コイツ日向を助けるためにタイムリープ繰り返してたくせに、これ浮気じゃねえのか?(笑)
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

冒頭の密談のシーンでは、梵が改めてこれまでに出てきたヤンチャな子供が集まった暴走族のようなものではなく、大人の裏組織なんだなということを感じました。

仲間想いで、大人になりきれない千咒と大人になれと諭す明司、どちらもいいキャラしてますねー!(笑)

しかしこの咒の甘さが、武道の見た咒の死のビジョンに関係してきてしまうのではないかなというように思います。

そして咒の“三天戦争”宣言はとてもかっこよくて、最高でした!!

咒の凄さも改めてこの1話で感じられたので、千咒の本気の戦闘が見れる日がとても待ち遠しいですね。

“三天戦争”はどうなるのか、そして咒からのデートのお誘いはどこに向かうのか、続きがとても楽しみです!

\初回600Pで1巻無料/ 31日間はアニメ版も見放題