漫画ネタバレ

リビドーズ44話のネタバレと感想!憎しみ

▼リビドーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

アンドロギュノスに脇腹を貫かれるイサム。

そのままアンドロギュノスに取り込まれてしまいますが…。

それでは、2019年10月31日発売のヤングジャンプ48号に掲載されているリビドーズ44話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

リビドーズ44話のあらすじ

取り込んだかと思えば、イサムを急に吐き出すアンドロギュノス。

アンドロギュノスは地面に手をつき、叫び始めますが…。

リビドーズ44話のネタバレと感想

普通の人間を取り込んだ時とは明らかに違う反応を見せるアンドロギュノス。

そのままアンドロギュノスの球状の体が縮んでしまい、地面に倒れこんでしまいます

コミ太
コミ太
死んだのかな…?
にゃん太郎
にゃん太郎
イサムをウイルスのように感じたってことかな

前回アンドロギュノスが排出した子供アンドロギュノスは、親の遺体の近くによりそっています

今のうちに車を出すよう自衛官に頼む間淵。イサムを車に乗せ、政府の施設へ向かいます。

間淵も、アンドロギュノスはイサムに対し、アレルギー反応のようなものを起こしたのではないかと予測しています。

親を案じる子供アンドロギュノスと、イサムを案じるアカリの姿を同じと感じる間淵。

有坂はイサムの負傷した部分を止血しますが、血が止まりません。急いで捜査官の田丸に連絡する有坂。

自衛官2名の死亡と、イサム重症の旨を伝えます。急いで外科医を集める田丸ですが、宇佐美から、宿主の死は寄生生物の生存に大きく関わることを聞きます。

被験者イサムの治療と、寄生生物からの幼若ホルモン抽出、どちらを優先で行うか、田丸に問う宇佐美

そのときイサムを乗せた車が到着します。イサムは大量に出血しており、生死の狭間にいる状態です。呼吸、脈ともに微弱であり、すぐに集中治療室へと運ばれます。

苦渋の決断を迫られた田丸ですが、イサムの幼若ホルモン抽出が、全人類の命運を握っています

一人の人間と全人類の命は比にならないと語る田丸

しかし田丸も人の親であるため、無理を承知で、幼若ホルモン抽出と、イサムの治療を両立できるよう宇佐美に頼み込みます。

コミ太
コミ太
田丸良いヤツだったんだな…
にゃん太郎
にゃん太郎
イサム見捨てられなくてよかった!

そうして、人類の命運をかけた、イサムの治療が始まりました。

その頃、親を亡くした子供アンドロギュノスは、人間と同じように目の前で親が倒された憎しみを抱き…。

まとめ

アンドロギュノスから排出されたイサム。

一命を取り留めたかと思いましたが、極めて危険な状態が続いています。

イサムの体内からホルモン抽出はうまくいくのでしょうか。

子供アンドロギュノスは怒りの表情を浮かべていますが…。

U-NEXTで今すぐ「リビドーズ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!