漫画ネタバレ

インハンド19話のネタバレと感想!~ゆすりとゴーストライター

▼インハンドのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めますよ♪

認知症を予防する腸内細菌というノーベル賞ものの研究を行っていた衛藤研究室で起こった火災による研究員の焼死と「論文捏造」の告発メール・・・

そして続けて論文捏造をゆすりのネタにしたが故の傷害事件が発生!

その被害者こそなんと告発メールを出した本人だったのです。

研究員は自殺なのか他殺なのか、他殺なら誰が犯人なのか・・・

論文は本当に捏造されたのか、捏造なら誰がどんな目的で行ったのか・・・

無関係に散らばっているように見えるヒントという数々の点が今、天才紐倉の手によって少しずつ解明に向けて線を描き始めました!

 

←前 全話一覧 次話→

それでは、2019年10月8日発売のイブニング21号に掲載されているインハンド19話フローラの軛(くびき)④のネタバレと感想をお届けします!

インハンド19話フローラの軛(くびき)④のあらすじ

研究員にしてはやけに裕福な目黒が自宅の高級マンションのエレベーターで刺されましたが幸い命に別状はありませんでした。

刺された理由は、犯人の論文捏造を暴いてゆすっていたからです。

それだけではありません。

目黒は「塗られたネズミ」という名前で衛藤教授の論文が捏造だと告発した本人だったのです。

彼女はその捏造の犯人が加瀬だと断言していました。

しかし確証はないようです。

そんな時、水野の遺書が見つかりました。

遺書によると水野が捏造を苦にして自殺したとの事。

犯人は加瀬なのか、遺書の通り水野だったのか・・・

目黒から与えられたヒントを元に紐倉がその頭脳と行動力で事件の裏を解き明かし始めます。

科学の進歩こそ人類を救う最大の道だと信じて疑わない紐倉が対決するのは科学を愚弄する最大の敵捏造!

そして食べてしまいたいほど大切なウンコを救うという目的もあります。

今、紐倉の類まれな頭脳は火花が飛び散るほど回転し始めました。

インハンド19話フローラの軛(くびき)④のネタバレと感想

研究員の身には不似合いな高級マンションのエレベーターで刺された姿で見つかった目黒。

マンションの非常階段を逃げる犯人は直ぐに紐倉と高家に取り押さえられました。

いや、取り押さえたのは高家です。

紐倉はエレベーターで悠然とやって来たではないですか。

エレベーターかよ、ずるいぞ!」と高家は怒りますが、いかにも合理的で紐倉らしいですね。

コミ太
コミ太
紐倉は無駄な事は絶対しないタイプだね。常に目的まで最短距離で進むんだよ。ズルしてでも泥棒と呼ばれても。
にゃん太郎
にゃん太郎
でもこんなやり取りがこのインハンドの楽しみの一つさ。所々に咲いがあるから余計楽しめるんだよ!

さて、二人が取り押さえた犯人は帝東工業大学の本嶋教授でした。

遺伝子工学の権威として有名で、紐倉もよく知っている人物です。

コミ太
コミ太
でもなんでそんな偉い教授が人を刺そうとしたの?

紐倉は本嶋にこんな事を言いました。

「論文不正をしていましたね」と。

紐倉はこの事件の真相を早くも解明しちゃったみたいですよ。

本嶋は、「論文不正をして、塗られたネズミにゆすられた」と泣きながら答えました。

そう、この事件はゆすりが原因で、これ以上限界だった本嶋が目黒を刺したというのが真相です。

にゃん太郎
にゃん太郎
じゃ~塗られたネズミは目黒だってこと?

そうです。

その後、紐倉たちは目黒の病室を訪れました。

そして、紐倉は目黒にこう言います。

「君のファンだ、塗られたネズミさん」と。

紐倉がそう言ったのには理由があります。

それは、塗られたネズミの「論文捏造ドットコム」が最初に取り上げたのがT大K研不正事件で、その時目黒がその研究室にいたという事実を知っていたからです。

最初、目黒は論文不正を大学の上層部に匿名で告発したそうですが、握りつぶされました。

何故、大学ともあろうものがそんな事をするのでしょうね。

その理由を紐倉はこう説明します。

研究不正の発覚は研究機関に不利益が多いからね」と。

正義感の強い高家は思わず、「腐ってるな」と吐き捨てますが、お金や名誉のために自分たちを守ろうとするのが人間の本能なのかもしれませんね、悲しい事ですが。

他にも「論文捏造ドットコム」が告発して来たものの幾つかは目黒のキャリアと重なっていました。

それで紐倉は、目黒が塗られたネズミだと確信したんです。

でも、どうやら紐倉は塗られたネズミのファンみたいですよ。

「Y研究室の不正が明らかになっていく過程はホントに楽しかったよ」と。

コミ太
コミ太
暗い話題も楽しんじゃうのが紐倉らしいね。
にゃん太郎
にゃん太郎
善悪よりも、科学的に正しいか間違っているかに好奇心を燃やすのが紐倉だね。方や高家は正義感の人。この二人の価値観の違いは見ていて面白いな!正反対なのにやけに気が合うし!

紐倉は目黒のことをこう褒めます。

「君には論文不正を見抜く才能がある」と。

それに対して目黒は「嫌われる才能よ。科学者として二流だわ」と自分を卑下しました。

さて話はいよいよ本題。

紐倉は目黒に直球を投げます。

怪しい論文を徹底的にチェックして不正を見つけて相手をゆすった」と。

コミ太
コミ太
でも、最初からゆすりが目的だったのかな?

そうじゃないみたいですよ、不正相手にメールをしたら黙ってお金をくれると言われたそうなんです。

そうして目黒は悪魔に魅入られてしまったんですね。

頑張って来たのに報酬が少ない不満も悪の道に駆り立てる原因だったのでしょう。

そうして、不正告発という目的がゆすりと変わってしまい、高級バックやマンションを手に入れたのです。

にゃん太郎
にゃん太郎
ところで衛藤教授の論文の件はゆすりとどう関係してるのかな?

「加瀬は不正をしたと思うか?」との紐倉の問いに目黒はこう答えます。

私の勘ではね」と。

「放火も彼か?」との問いにも「多分」と答えました。

ただ、決定的な証拠は得られなかったそうで、あくまでも目黒の主観ではあります。

また、目黒はこんな事も言いました。

加瀬くんってとてもいい人に見えるでしょ。でも違うの」と。

コミ太
コミ太
どうやら加瀬には裏の顔がありそうだね!

そこへ、牧野がこんな話を持ってきます。

水野の遺書が見つかったと。

衛藤が事件の数日前に水野からもらって遺書とも知らずに保管していたそうです。

研究室に汚点を残したくないという内容でした。

警察は、水野が実験結果を捏造して、バレそうになって放火して自殺したという方向で捜査を進めているそうです。

にゃん太郎
にゃん太郎
でも、出入り口は遠心分離機で塞がれていたんだったよね。だったら他殺が疑われるんじゃないの?

どうやら警察は遠心分離機が風で倒れた可能性があると考えているみたいですよ。

しかし、目黒はこう反発しました。

水野さんは論文不正するタイプじゃない。やったのは加瀬よ」と。

でも、水野は鬱病で通院しているという捜査結果もあり、自殺の線で片付けられる可能性が大いに出てきたと言えるでしょうね。

その頃、衛藤と加瀬はこんな会話をしていました。

やったのか」という衛藤の問いに、加瀬はこう答えます。

「何をですか?僕は先生が望むことしかしませんよ」と。

コミ太
コミ太
随分と裏がありそうな言葉だよね。
にゃん太郎
にゃん太郎
先生が望むことって何なんだろう?

衛藤はその言葉に一言、「そうか」と答えました。

衛藤の足元には、衛藤と加瀬が並んで笑っている写真・・・

その写真は火災の中で焼けずに残ったものですが、写真立てのガラスは割れてしまっていました。

この写真、二人の過去の関係と今の関係を象徴しているように思えるんですが、どうでしょう?

さて、紐倉は着々と調査を進めて、衛藤・水野・加瀬の過去の論文を比較しています。

そこで紐倉が気付いたのは、今回の衛藤教授の論文から出る個性が誰のものとも似ていない事でした。

コミ太
コミ太
どういう事?衛藤教授の論文はこの3人以外の誰かの手によるものって事?

紐倉はこう断言しました。

「この論文にはゴーストライターがいる」と。

そして、衛藤教室のメンバーが写っている写真を指差すのです。

そこには、何故か白衣を来た花田発酵のメンバーの姿が・・・

花田発酵は資金提供していただけなのに何故白衣を着ている必要があるのか、大きな疑問です!

果たして論文を捏造した犯人は誰なのでしょう。

花田発酵はどう関わってくるのか、今回の事件は裏の裏がありそうな予感がプンプンしてきましたが、またもや良いところで終わってしまいました。

でも、少しずつ輪郭が浮かび上がって来ています。

ここは読者の推理の見せ所ですよ!

自分ならこういうストーリーにするなんて楽しみ方もあります。

様々に楽しみながら次号を待つことにしましょう!

まとめ

目黒が刺された原因は、論文捏造をネタにゆすっていた事でした。

衛藤教授の論文もゆすりのネタで、それが引き金になって今回の事件が起こったと言えるでしょうね。

だとしても、水野が書いた遺書は何だったのか?

誰かの偽装工作という事も考えられます。

加瀬の「僕は先生が望むことしかしませんよ」という謎の言葉も気になります。

そして、一番気になるのは花田発酵の存在です。

今回の捏造が公になって一番不利益を被るのは間違いなく花田発酵でしょう。

そう考えると、花田発酵が放火に関わっているのではないかと疑いたくもなります。

でも、今のところはどれも確信が持てない中途半端な状態ですね。

逆に考えると一番推理が楽しい状況とも言えるかもしれません。

恐らく次話は大きな転換を見せてくれるのではないでしょうか。

それまではあれこれ推理して楽しんでみて下さいね。

作者も読者の裏をかこうと狙っているはずです。

その裏の裏をかこうではありませんか。

次号の内容が気になります!

その次号は10月21日(月)発売です。次号の発売は火曜ではなく月曜ですよ、お間違いなく!

▼インハンドのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!