漫画ネタバレ

彼女、お借りしますの111話のネタバレと感想!るかの大暴走!!

▼彼女、お借りしますのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

るかに、ちづると2人きりで部屋にいるところを見られてしまった和也。

るかは当然誤解し、暴れ始めます。

なんとか説明を終え、落ち着いたかのように見えたるかですが・・・自分も映画に出る!と言い始めたのでした!!

それでは、2019年10月9日発売の週刊少年マガジン45号に掲載されている彼女、お借りします111話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

彼女、お借りします111話のあらすじ

自分も映画制作に加わると言い始めたるか。

なんとか説得を試みる和也ですが、るかの意志は動きません。

和也とちづるはるかを説得することが出来るのか!?それとも一緒に映画を創るのか・・・!?

彼女、お借りします111話のネタバレと感想

「私も手伝います、その映画」
るかは強く言い切ります。

「え!?」
「へっ・・・!?」
言葉を失うちづると和也。

無茶なことを言い始めたるかを、和也は説得しようとしますが・・・。

「これは決定事項です」
るかはそう言って聞きません。

参加を許さなければ、〝彼女〟として映画制作を認めない、と言うのです。

そこで、再び和也との関係を否定するちづる。

るかはその言葉を信じられない、と突っぱねるのでした。

映画創りに関しては小百合おばあちゃんの事や、和也の優しさを認めて許す、と話するかですが・・・。

「ただ、今後も〝2人の時間〟を作るのは、〝彼女〟として耐えがたいです」
そう話し続けます。

そもそも目的が〝映画〟であるなら、〝2人の時間〟は必要ない。

しかも、自分が参加すれば人手が増え、映画作りにはWIN.WINな提案だ、と話するか。

「それとも、私がいたらお邪魔ですか?」
るかは確信を突いた質問を投げかけました。

るかの言葉に青ざめる和也。
ちづるも正論すぎて言い返すことが出来ません。

ちづるを見つめ、和也はどう答えるべきか目で訴えかけます。

「確かに一理あるわ・・・人手不足だし助かるくらい」
口を開いたのはちづるです。

ちづるはそう言い終わると、和也を見て尋ねました。

「どう?プロデューサーはあなたでしょ?」

るかも和也をじっと見つめ、答えを待っています。

和也の答えは・・・。
「・・・・まぁ・・・たしかに・・・」

ちづるがいいと言うなら・・・と渋々承諾した和也。

コミ太
コミ太
るかちゃん・・・凄い・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
執念だね・・・

映画創りにるかが加わることが決定し、全てが解決・・・・と思われましたが・・・。
「それともう1つ・・・確認したいことがあります」
るかは再び話し始めます。

「そうね、この機会だし気になることは全部・・・」
るかの言葉に、ちづるが好反応を見せかけた時、るかがそれを遮って和也に問いかけました。
「千鶴さんのオムライスと私のカレー・・・どっちが美味しかったですか?」

「へ・・・っ??」
言葉を失う和也。
心の中では叫び声を上げています。

「ずっと気になってたんです!!正直に答えて下さいっ!!」
そう言いながら、るかは和也に詰め寄りました。

和也の頭はパニック状態に陥っています。

正解を見つけられないのです。

カレーと答えれば大好きなちづるを傷つけ、オムライスと答えれば、るかが映画制作を否定することが目に見えている・・・。

本日2度目・・・和也の答えは・・・。
「か・・・カレー・・・かな・・・ハハ・・・・」
和也は力なくそう答えたのでした。

「嬉しい・・・っ!」
涙目になって和也に抱きつくるか。

コミ太
コミ太
強烈すぎる・・・笑
にゃん太郎
にゃん太郎
もう和也がかわいそうになってきたね・・・

心の中で謝りながら、和也はちづるに視線を向けます。
すると・・・〝分かってる〟と言わんばかりの表情で、ちづるは頷くのでした。

「聖母の眼差し・・・!」
ちづるの対応に涙を流して感動する和也。
自分の思いを理解してくれた、と感じるのでした。

話しがまとまったところで、部屋に帰ろうとするちづる。
一方のるかは、部屋に残ると言います。

「そう・・・ラブラブね」
そう言ってちづるは扉を開けました。

「ええ、〝彼女〟ですから」
笑顔で返するか。

2人の様子を見る和也は冷や汗をダラダラかいています。

ちづるの対応により、一連の騒動は円満解決に終わりました。
そのことに、ちづるは流石だと思う反面、2人の時間がなくなったことに和也は悲しみます。
それでも、小百合おばあちゃんのためだ、と気を引き締めるのでした。

コミ太
コミ太
やっとおさまった・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
結局、るかちゃんの思い通りになったね!

和也の部屋を後にしたちづるは、扉の外で立ち止まっていました。
さっきのやりとりを思い出しているのです。

和也が〝カレー〟を選んだ瞬間を思い出し・・・。
「ふーん・・・」
そう言って口を尖らせ、拗ねた表情を浮かべるちづる。

「あーあっ・・・フライパン洗おっ」
そう呟いて自室へと入るのでした。

コミ太
コミ太
最後のちづるちゃん・・・可愛い!!
にゃん太郎
にゃん太郎
これは和也も惚れるね!

まとめ

暴走したるかを、ちづるは冷静な対応で円満解決に導きました。
正直、るかのような女の子は嫌われるでしょう!笑

あそこまで自己中だと、女の子の友達もいないはずです!
カレーとオムライスの質問は、他人を傷つける問いでしかありませんね・・・。

映画制作にるかが加わったことで、ちづると和也の関係はどう動いていくのでしょうか!?
今から次回の内容が気になります!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!