漫画ネタバレ

キングダム615話のネタバレと感想!王賁の決意

▼キングダムのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

王翦軍本陣の右方向から突如現れた馬南慈時軍。

見事挟撃を成功させた王翦、挟撃でやり返されてしまいますが…。

それでは、2019年9月26日発売のヤングジャンプ43号に掲載されているキングダム615話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム615話のあらすじ

右翼と中央軍による挟撃を成功させた秦軍。

右翼飛信隊が背を討たれぬよう、壁として馬南慈軍の抑えをしていた段差率いる亜光軍ですが…。

キングダム615話のネタバレと感想

右方向へと南下していく馬南慈軍。

段差はその状況を確認していましたが、他は森で覆われているため、中央へいくには段差たちのところを通る必要があります。

そのため、段差は陣をくずさず構えていました。しかしなんと、北の台地で鍛えられた馬を持つ馬南慈軍は、森をそのまま駆け抜け、王翦本陣の真横まで進撃してしまいます

コミ太
コミ太
森の中を馬で駆け抜けるとは思わないしね…

傅抵隊と馬南慈軍によって挟撃をうける王翦軍本陣。

田里弥も倉央も本陣を気に掛けますが、自分たちが救出に向かうと勝利できないため、李牧軍に攻撃をつづけます。

西の戦場で相対している紀彗軍と蒙恬にも、自陣の窮地の方報告がはいります。

紀彗は馬呈に中隊を率い援軍へ、蒙恬は自らが隊を率いて自軍の援軍へ向かいます。

状況を把握し、指揮をとる李牧軍本陣。なんとそこに、秦兵二騎は迫っており李牧の首を狙おうとしますが、李牧近衛兵によって阻止されます。

にゃん太郎
にゃん太郎
李牧のすぐそばまできてるなんて…

側近から退避を進言されますが、とりあえずが大丈夫だと断る李牧。

しかし李牧は糸凌を見つめ、糸凌が迫ってきたら危ないことを危惧します

その糸凌の前に立ちふさがる共伯将軍。糸凌の進撃を阻止するため交戦状態にはいります。

一方王翦軍本陣では、鬼人の如く秦兵を屠る馬南慈王翦の予測を大きく上回る武力で
王翦軍を圧倒します。

そして王翦のところにも、趙兵三騎が現れます。なんとか凌ぎますが、王翦は包囲される前に一旦丘の下へおりていきます。

その王翦に的を絞り、馬南慈と傅抵が王翦に迫ります。

自陣から王翦の本陣を見つめる李牧。

「勝った」

李牧は心の中で勝利を確信しますが、王翦本陣の横に数十騎の兵がいることを目視します。

その兵とは南下している馬南慈軍を見て、後を追いかけてきた王賁達でした。

関常は数十騎での援軍は少なすぎると判断し、戻って援軍をつれてくるよう王賁に進言します。

しかし王賁は、時間がないためこの数で援軍に向かおうとします

関常は渋りながらも王賁とともに数十騎で王翦軍本陣の援軍に向かいますが…。

まとめ

互いに挟撃を受け、両軍ともに絶対絶命の危機となっています。

李牧や王翦のもとまで敵兵が来ていることで、その状況がよくわかります。

たった数十騎で援軍にかけつける王賁ですが…。

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!