漫画ネタバレ

ドメスティックな彼女の246話のネタバレと感想!迷う夏生の選択は・・・!?

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

夏生を愛していると瑠衣に伝えた陽菜は日本に戻っていました。

その陽菜が最初にとった行動は、夏生と食事に行くことでした。

陽菜の思いを柊から聞いていた夏生は、帰りに立ち寄った公園で陽菜に尋ねます。

「陽菜、本当は俺のことどう思ってるの?」

それでは、2019年10月2日発売の週刊少年マガジン44号に掲載されているドメスティックな彼女246話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ドメスティックな彼女246話のあらすじ

陽菜に自分のことをどう思っているのか尋ねた夏生。

陽菜の答えは・・・!?

夏生は、柊から聞いた陽菜の思いと自分の中の答えを見つけることが出来ない悩みを抱えています。

そんな中、携帯を手に取りあの人に電話をかけ始めるのでした。

ドメスティックな彼女246話のネタバレと感想

「本当は俺のことどう思ってるの?」
陽菜にそう尋ねた夏生は、後悔していました。

なぜなら、夏生自身の中で片江が出ていないのです。
自分はまだ瑠衣が好きなのか・・・陽菜に再び思いを寄せるのか・・・。

「ナツオくんは・・・なんて言ってほしい」
夏生の問いに陽菜は平然と聞き返します。

陽菜の言葉に、言葉を失う夏生。
その様子を見た陽菜は・・・・。
「当ててあげよっか」
そう言って夏生の気持ちを考え始めるのでした。

「いい!やっぱいい、何でもない!!」
夏生は陽菜の言葉を聞いて声を上げます。
まだ自身の心の準備が出来ていないことを告げる夏生。

そんな夏生を見て、演劇の練習で疲れているのだ、と陽菜は優しく手を握るのでした。

コミ太
コミ太
陽菜ちゃん大人の余裕を見せてるね
にゃん太郎
にゃん太郎
内心は焦ったんじゃないかな?

翌週・・・夏生は演劇サークルの舞台に立っていました。
魔王役として見事に舞台を成功させた夏生。

公演の後には卒業したサークルの先輩に加え、高校の同級生も夏生の下を訪れます。
「あー魔王様!」
「藤井君お疲れ様」
「ナツオくんかっこよかったよーっ!!」
そう言って声をかけたのはももと美雨、アレックスの3人です。

「お久しぶりです・・・素晴らしい舞台でいたよ」
そう夏生に話すのは高校時代の恩師の桐谷先生。
その後ろには蔦谷の姿もありました。

教師兼小説家の桐谷先生と小説について話す夏生。
蔦谷とは桃源先生の話になります。
それぞれの近況を報告し合うと、夏生は同級生の3人と食事に行くことになりました。

「ナツオくん俳優デビューおめでとー!」
ももの元気な声を合図に乾杯する4人。
ファミレスで食事をしているようです。

話題は演劇の話しから、4人の同級生の瑠衣の話しへと移っていき・・・。
「ごめん・・・言ってなかったけど、別れたんだ俺たち・・・」
夏生は3人に瑠衣とのことを打ち明けるのでした。

「えーーーーーっ!」
驚いて声を上げるももと美雨。
1人平然とするアレックスは、仕事でアメリカに行った際に瑠衣から夏生とのことを聞いていたのでした。

夏生を慰めようと話すもも。
「いや、もう立ち直ってるけどな?」
夏生はももにそう話します。

コミ太
コミ太
皆には言ってなかったんだね
にゃん太郎
にゃん太郎
わざわざ言うことでもないでしょ・・・

食事が終わり解散する4人ですが、アレックスは終電がなく夏生の家に泊まることになります。
その帰り道・・・。
「もうなっちゃんにとってルイちゃんはどうでもいい人になっちゃった?」
アレックスは、夏生の立ち直ったという言葉を聞いてそう尋ねたのです。

「完全にそうできたら・・・楽かもしんないけどな」
夏生は寂しそうに答えました。

その言葉を聞いて喜ぶアレックス。
「なっちゃんからもらったネックレス・・・・まだつけてたよ」
瑠衣は夏生にもらったネックレスを、今も大事に持っていると夏生に伝えます。

自宅に帰ったな2人。
アレックスは既に眠っています。
一方の夏生は部屋から出て電話をかけ始めました。

「もしもし」
電話の相手の声が聞こえ、夏生は相手に話しかけます。
「もしもし・・・ルイ?お疲れ・・・」

コミ太
コミ太
いきなり瑠衣ちゃんに電話!?
にゃん太郎
にゃん太郎
また自分の子とどう思ってる?とか聞いちゃうのかな?

まとめ

前回は陽菜に本心を尋ねた夏生ですが、今回は最後に瑠衣に電話をかけました。
迷っているのか?それとも決断したのでしょうか?

瑠衣が自分の事を思ってなかったら陽菜へ、といった都合のいい男ではないと思います。
しかし、悩みすぎて女々しくなっていますね。

瑠衣に電話をかけた夏生は何を語るのでしょうか!?
今から次回の内容が気になります!

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!