漫画ネタバレ

彼女、お借りしますの110話のネタバレと感想!爆風少女のフレームイン!!

▼彼女、お借りしますのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

ちづると映画を創ることになった和也は2人きりで打ち合わせをしています。

食事を取っていなかった和也のためにオムライスを作るちづる。

その様子に和也は感動していました。

自宅に戻ろうとするちづるを送ろうと玄関へと向う2人ですが・・・。

ちづるが扉を開けると、そこにはるかの姿がありました!!

それでは、2019年10月2日発売の週刊少年マガジン44号に掲載されている彼女、お借りします110話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

彼女、お借りします110話のあらすじ

和也の部屋から出てくるちづるを目撃したるか。

予想通り暴走し始め、一方的な勘違いが始まります。

必死に誤解を解こうとするちづると和也。

それに対するるかの反応は・・・!?

彼女、お借りします110話のネタバレと感想

「がっ・・・!!」
るかと目が合った和也は声にならない声を上げました。

一方のるかは言葉を失い、ちづると和也を眺めています。

「るかちゃん」
口を開いたちづるも、しまったという表情。

「説明して下さい!!お2人はいつからそういう関係に!?」
るかは叫びながら和也に飛びつきました。

「違う!違うって!!」
るかの言葉を否定する和也。

しかし、2人きりで部屋にいたことは〝恋人〟である証拠だ、とるかは声を荒げます。
こんな時にも関わらず、和也はるかの胸が自分の体に当たっていると顔を赤らめるのでした。

にゃん太郎
にゃん太郎
コイツはバカだ
にゃん太郎
にゃん太郎
どうしようもないねぇ・・・

るかは、借りていた漫画を返すため和也の家を訪れました。
そこで、衝撃の場面を目撃し、興奮する彼女に事情を説明しようとしますが・・・。
「千鶴さんは黙ってて下さいっ!!」
そう言って、るかはちづるの言葉を遮ります。

るかは、ちづるの祖母が弱っていることで和也へのアプローチを辞めると約束していました。
「なのにこれはどーいう了見ですかっ!!」
声を荒げるるか。

さらに、ちづるはレンタル彼女であり、客との私的な付き合いは御法度だと詰め寄ります。
「なのに何ですか!他人の彼氏横取りして・・・プロの彼女が笑わせますね!!」
徐々にるかのボルテージが上がってきます。

「あっ・・・いや〝彼氏〟っていうか・・・一応〝お試し〟・・・」
るかの彼氏であることを否定しようとする和也。

「だからそれには〝事情〟が・・・」
ちづるは和也の言葉を気にせず、るかに説明しようとしています。

しかし、るかはとづるの言葉に耳を貸しません。
2人を押しのけ、部屋へと入っていくのでした。

コミ太
コミ太
るかちゃんもめんどくさいけど・・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
お試しとか言っちゃう和也ね・・・!

部屋に入ったるかの目には・・・食べかけのオムライス、枕が置かれたベット、そしてティッシュのカス・・・。
明らかに何かをしていたであろう痕跡がたまたまついている部屋を見てしまったるか。

るかの様子を見て、和也の顔は青ざめています。
キレられる、と和也が思った瞬間・・・るかは涙を流し始めました。

「!?」
るかの涙にうろたえるちづると和也。

「うえぇぇええええええええっ」
るかはその場に蹲り、声を上げて泣き出したのです。

混沌とした状況に、和也はどうすればいいのか分かりません。
事情を話すにも、映画の事はちづるの許可がないと話すことは出来ないのです。
「あぁもう・・・どうしたら・・・」
和也の頭がパンクしそうになったその時・・・。

パンッ!
「分かったわ、るかちゃん」
ちづるが手を叩いて声を上げました。

「ちょっと時間ある」
るかを真っ直ぐ見つめて、尋ねるちづる。

るかはその言葉を聞き・・・・トボトボと和也の部屋に入っていきました。

3人が部屋に入ると、階段の下で今までのやりとりを撮影していた人物が現われます。
顔を赤らめるその人物は、和也の隣に引っ越してきた少女でした。

「〝レンタル彼女〟・・・!これは事件っス」
少女はそう呟きます。

コミ太
コミ太
見られてる・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
このお隣さんも関わってきそうだね!

「えっ・・・〝映画〟・・・!?」
2人の話しを聞いたるかが声を上げます。

ちづるは、和也の提案で自作映画を創ることになったこと、その打ち合わせをしていたことを伝えました。
料理もその御礼に作っただけで、やましいことは何もないと話すちづる。

「ごめんるかちゃん!!君に相談したら、要らぬ心配をかけそうで!」
ちづるの言葉に続き、和也はそう言って頭を下げます。

さらに、ちづるやちづるの祖母への思いを話す和也。
「これだけはどーしても叶えてやりたくて・・・!」
和也はそう言って話しを終えました。

少し考えたるかは・・・。
「・・・・・分かりました」
そう話します。

「るかちゃん・・・!
「良かった!ありがとう!」
るかの言葉を聞き、晴れやかな表情に変わる和也とちづる。

和也がるかの事を、やっぱり良い子だ、と思いかけた瞬間・・・。
「私も手伝います、その映画」
決意したように、るかが話したのです。

それを聞いた和也とちづるは声を上げました。
「ふぁあ!?」

コミ太
コミ太
暴れるねぇ・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
嫌な予感・・・!

まとめ

和也の天国モードから一転、るかの登場によって修羅場となりました。

なんとか、るかを説き伏せた2人ですが、るかの映画制作への参加は決定しそうですね。
タダで参加してくれる人が増えるのは良いことだと思いますが、和也はちづると2人で作りたいのでしょう。
映画制作の道のりは困難なようです・・・。

さらに気になるのは、隣に住む少女が携帯で3人のやりとりを撮影していたことですね!
これは何かの伏線になっていることは間違いないので、どんな形で回収されるのか楽しみです。
今から次回の内容が気になります!

3

▼ドメスティックな彼女のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!