漫画ネタバレ

キングダム614話のネタバレと感想!挟撃戦

▼キングダムのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

朱海平原一五日目、ついに王翦が思い描いていた挟撃に成功し、李牧軍の本陣に迫る秦軍。

李牧に対し王手をかけますが…。

それでは、2019年9月19日発売のヤングジャンプ42号に掲載されているキングダム614話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム614話のあらすじ

李牧中央軍に対し、正面から猛攻をしかける倉央軍と田里弥軍。

右方向から飛信隊、亜花錦隊が迫り…。

キングダム614話のネタバレと感想

正面の田里弥軍、倉央軍に対し雷伯軍、カイネ隊を中心に死守しようとする趙軍。

カイネの部下は予備隊を回してもらうようカイネに進言しますが、予備隊はすべて右側に回しているため来ることができません。

右方向からは飛信隊、亜花錦隊が李牧本陣を目指し最後を力を振り絞ります。対する李牧軍の右側防塵は、金毛が最後の砦として陣頭指揮を執り、李牧本陣を死守します。

その時李牧は、別動隊として傅抵隊数百騎に、田里弥軍、倉央軍の間の中央突破を命じます。中央突破に成功し、田里弥軍、倉央軍の裏側に出る傅抵隊

守る側に回っているはずの趙が、数百騎程度での突破作戦に出たことを疑問に感じる田里弥と倉央。

後方に回って背後攻めをするわけでもなく、5000の兵を率いる王翦本陣に向かっていきます。

コミ太
コミ太
数百騎で5000の兵に突撃…?

田里弥軍、倉央軍はそれぞれ、傅抵隊を追撃しようとしますが塾考し思いとどまります。

傅抵隊を囮に別動隊を誘い、田里弥軍と倉央軍の力を裂こうとしている李牧の防御術だと読んだ田里弥、倉央

数百騎で屈強な王翦本陣を落とせるはずがないと考え、傅抵隊を無視して目の前の李牧軍に総攻撃をしかけます。

そして傅抵隊はそのまま王翦本陣の正面に突撃します。

傅抵隊は非常に強いが、数が少ないため大した脅威にはならないと判断している王翦の側近。李牧は珍しく無意味なことをしたと嘲笑っています。

しかし王翦は、李牧は無意味なことはしない、本気でこの本陣を討とうとしていると考えており、警戒しています。

「何かが来る!」

そのとき王翦本陣付近に地鳴りが聞こえ始めます。すると急に、王翦本陣右側にかなりの数の趙兵が出現します。

にゃん太郎
にゃん太郎
一体どこから…?!

趙左翼後方で陣を張っていたはずの馬南慈が、兵を率いて王翦本陣右側を急襲しました。

正面から傅抵隊右側から馬南慈軍に攻められる王翦本陣。その状況を見て田里弥、倉央は唖然とします。

すべて思い通りだったかのように王翦本陣を見つめる李牧。

「挟撃には…、挟撃で返す!」

まとめ

挟撃をくらい窮地に陥った李牧本陣。

しかし傅抵隊と馬南慈を使い見事に挟撃返しに成功しました。

これに対し王翦は…。

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!