漫画ネタバレ

金田一37歳の事件簿39話のネタバレと感想!新キャラ幸村警視参上!

▼金田一37歳の事件簿のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってイブニング電子版が無料で読めますよ♪

インバウンド企画の取材で金田一が出掛けた京都華道赤池流家元京極家で起きた連続殺人事件。

それは、愛する桜子を薫子に殺されて逆上したのが発端の不幸な出来事でした。

跡取りも家元も一気に居なくなってしまいました。

赤池流がどうなってしまうのか・・・

今回の話では、そんな赤池流に新たな希望が灯りますよ。そして新たな事件が起きる予感・・・

まだまだ目が離せませんね!

それでは、2019年8月27日発売のイブニング18号に掲載されている金田一37歳の事件簿39話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

金田一37歳の事件簿39話のあらすじ

事件も無事解決して京極家を後にする金田一とまりん。

でも、まりんは赤池流の行く末が心配です。

何せ跡取りも家元も全員亡くなってしまったんですから心配にもなりますよね。

しかし、唯一残った弟弟子錦が復活に向け立ち上がるのでした。

死んでも、桜子の強い想いは不死鳥のように弟子に受け継がれていきそうです。

事件はこれで終りを迎えましたが、問題は領収証!

そう、あのラブホテルの領収証です。

どう庶務に言い訳をするのか、金田一ピンチっ!

さて、そんな金田一に新たな取材が舞い込んできました。

取材先は「函館異人館ホテル」!

何やら過去に金田一が関わった事件と関係するいわくつきのホテルみたいですよ。

そして、金田一を連続殺人鬼と思い込んでいる新キャラ幸村警視が登場!

今度はどんな事件に巻き込まれていくのでしょう。

幸村警視がどんなキャラなのか、そしてどのように金田一に立ち向かっていくのか・・・

楽しみいっぱいですね!

金田一37歳の事件簿39話のネタバレと感想

黒樹が連行されていくのを見送る金田一とまりん。

でも、これから赤池流はどうなっていくのか・・・

それが心配なまりんです。

跡取りが一気に居なくなってしまいました。家元ももういません。

まさに赤池流は満身創痍です。

このまま没落してもおかしくない状況になってしまいました

でも、金田一はいたって楽天的みたいですよ。

何とかなるさ。何百年も京都でバンを張ってる訳だし」と。

過去に何度もこんな事件と関わって来た金田一だけに伝統の強みを知っているからなんでしょうね。

そんな金田一の言葉を証明するように、赤池流には新たな希望の芽が出始めていました。

「うちの娘二人がああなって、雁流はんも亡くなって・・・私一人。もうどうしようもないわ」

と鶴羽は嘆きます。

唯一残った弟弟子の錦に「あんたの好きにしていい」と言いました。

性も根も尽き果てたのでしょう。

無理もありません。

その言葉に錦は、「ほなら、私の好きにさせてもらいます」と返します。

鶴羽は錦が去っていく事を悟りました。

それはやむを得ない事でもあります。

しかし、錦は驚くことにこう続けたのです。

大変お世話になった清流先生が大事にしていた赤池流を支えて行きていきたい」と。

もちろん、錦一人ではどうしようもない事は本人も分かっています。

一度ここを去った先輩たちの協力を求めて赤池流を再興しようと言うのです。

鶴羽は、その信念の強さに喜び涙しました。

コミ太
コミ太
桜子の信念が乗り移ったような強い言葉だよね。カッコいいな!

伝統の強みってこういう事なのかもしれませんね。

高校野球で伝統校が強いのもそうやって過去の先輩たちの想いを受け継いでるからなんでしょうね。

にゃん太郎
にゃん太郎
再興への道のりは厳しいだろうけど、錦のこの想いがあればきっといつか復活しそうだね!
コミ太
コミ太
逆境は人を強くするって言うし、今後の錦の活躍が楽しみ!

さて、こうして京都の取材旅行は終わりました。

しかし、金田一には大きな不安が残っていたのです。

そう、あのラブホテルの領収証!

どう言い訳をするのか、金田一の明晰な頭脳でも解決不可能、いや、言い訳不可能とも思えます。

さて、どうするんだ金田一!

案の定、庶務の氷川はその点を追求してきました。

ホテルを調べてラブホテルだという事がさっそくバレてしまっています。

うろたえる金田一。

事件の時には輝きまくる金田一も、こんな時は小市民ですねぇ。

そんな金田一にまりんが助け船を出しました。

事件が起こって、空いているホテルがなかったのでラブホテルに泊まったと説明したのです。

こんな時には金田一よりずっと頼りになりますね、まりんは。

その言葉にあっさりと了解する氷川でした。

うろたえていた金田一もその氷川の態度にホッと一息。

でも、まりんにそんな小市民さをからかわれてしまいます。

も~主任ってば、気が小さいというか、小市民っていうか・・・」と。

でも、金田一の息が感じられるくらいに大接近しながら、こうも言うのです。

そんな人が事件が起こると大活躍!だから気になっちゃうんでしょね

どうやらまりんは金田一に対してかなり好意を持っているみたいですよ。

今後、この二人の関係はどうなっていくんでしょう?

気になりますよね。

でも、金田一とまりん、ホントにいいコンビだと思いませんか?

ミステリーに付きのなのは名コンビですが、この漫画をより輝かせているのはこの二人の軽妙なやりとりです。

金田一はあまりまりんの事を意識していませんが、可愛らしくて無邪気なまりんとの関係、二人以上に周りが気になってたりして。

さて、こうして領収証事件も何とか解決し、この事件は全て片付きました。

そんな折、二人に新たな取材が舞い込んできます。

函館異人館ホテル」の取材です。

ん?どこかで聞いたような名前のホテルだと思いませんか。

コミ太
コミ太
あ、「金田一少年の事件簿に登場したあの忌まわしいホテルじゃない!

そうです、クリスマスに行われた殺人劇と同じように実際の殺人事件が起こってしまったあの舞台がこのホテルなんです。

まだ読んでいない方は、「金田一少年の事件簿(7)異人館ホテル殺人事件」を是非読んでおいて下さいね。

金田一少年の事件簿(7)異人館ホテル殺人事件は、music.jpでポイントを使用すると無料で読めますよ!

music.jpはこちら

にゃん太郎
にゃん太郎
絶対、過去の事件にヒントが隠されているんだろうね!

さて、このホテルの名前を聞いて金田一は嫌な予感しかしません。

その頃、幸村真之助警視は、金田一が関わった事件ファイルを手に明智警視長の部屋を訪ねていました。

お待たせしました、美形で頭脳明晰っぽい新キャラ登場ですよ!

そして、幸村はなんとも驚くべきことを明智に告げたのです。

金田一こそ、驚異的な連続殺人鬼ではないかと。

確かに事件が起こると、必ずと行っていいほど金田一がいますからねぇ。

しかし、いきなりのこの展開はびっくりです。

さて、これからどんなストーリーが展開されていくんでしょう。

新キャラがどんな名推理、いや、迷推理で金田一と対決していくかも楽しみですね!

益々見逃せません!

まとめ

京都赤池流の事件も解決し、赤池流に新しい灯り始めました。

それは小さいけれど希望の灯です。

領収証の疑惑も晴れて、大団円というところでしょうか。

しかし、このストーリーはまだまだ続きます。

次の舞台は、金田一が高校生の頃に殺人事件が起きた函館異人館ホテル!

そんないわくつきのホテルが舞台ですから、取材旅行とは言え、きっとまた殺人と出会ってしまうのでしょうね。

過去の事件とそれがどう関わっていくのか、どんな事件が発生するのかも楽しみですが、次号の一番の楽しみは、新キャラの動きではないでしょうか。

すっかり新キャラの幸村警視は、金田一が連続殺人鬼だと誤解しているようですし、思わぬ展開がきっと読者を待ち受けてると思います。

金田一の名推理対幸村の迷推理対決、大いにワクワク出来そうですよ。

次号の内容が気になります!

ところで、次号は9月10日(火)ですよ。お盆も終わっていつも通り第2・第4火曜日発売に戻りました。

▼金田一37歳の事件簿のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでイブニングを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!