漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズ120話のネタバレと感想! 全てを救う!再び過去に戻る武道

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

武道を助けようとしてマイキーを撃ったナオト。

自分の腕の中で動かなくなるマイキーを見て武道は涙を流しマイキーを抱きしめます。

長い沈黙の後・・・

顔を上げた武道は鋭い眼差しで前を見据えます。

ヒナ、東卍、そしてマイキー・・・失った全てを取り戻す!

それでは、2019年7月31日発売の週刊少年マガジン35号に掲載されている東京卍リベンジャーズ120話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ120話のあらすじ

現在を変えるために再び過去に戻った武道。

武道が最初に出会ったのは千冬でした。

現代を変えるために行動しようとする武道ですが、空回りしています。

そんな武道に千冬が出した答えとは・・・?

東京卍リベンジャーズ120話のネタバレと感想

「やな雨だなぁ」

時は2006年・・・千冬は雨の中、傘を差して歩いています。

「ん?」

公園の前を通りかかった千冬は、タイヤの遊具と格闘する男を見つけました。

「くっそ、負けねぇぞ」

そう声を上げながらタイヤを殴っているの武道でした。。

「・・・何やってんだオマエ?」

千冬が武道に声をかけます。

ビクッ!!

千冬の声に驚く武道。

「千冬!?・・・・な・・・なんでここにオマエが!?」

千冬は武道の家に行こうと歩いている最中に、タイヤを殴る変人を見つけたのでした。

「この雨の中タイヤと喋るのはちょっとキモすぎるぞ・・・オマエ」

そう言う千冬に武道が言い返します。

「うるせぇ!オレは忙しいんだ!遊んでる暇はねぇ!!」

その言葉を聞いて少しイラッとする千冬。

その様子を気にもとめず武道はタイヤを殴り続けます。

「誰よりも強くなってやるんだ・・・強くなんねぇと未来は変えれねぇ!」

武道の言葉を聞いて黙り込む千冬・・・。

「・・・え・・・?オマエ・・・未来のタケミッチか?」

千冬は目の前の武道が未来から来たということに気がつきます。

コミ太
コミ太
いきなり過去の話から始まったね
にゃん太郎
にゃん太郎
久しぶりに千冬が登場したよ!

「えぇぇぇ!?・・・・みんな死んでた!?しかもマイキー君に殺された!!?」

武道から告げられた衝撃の事実に驚く千冬。

「未来のオレは東卍やめてみんなに庇ってもらってた・・・情けねぇよな・・・オレ」

自分の不甲斐なさを嘆きながら武道はタイヤを殴り続けます。

武道の姿を見守る千冬。その千冬の前に血が飛び散りました。

「オマエ・・・手見せてみろ」

千冬が武道の腕を掴むと・・・。

「血まみれじゃねぇか!!」

武道の拳は皮が破れ、血まみれになっていたのです。

それでも殴り続ける武道・・・。

「やめろよタケミッチ!」

「たくさん考えたよ・・・何をすればいいか・・・みんなが救えるか!・・・走り回ったよ!誰がヒナを殺したのか!本当にマイキー君がみんなを殺したのか!」

武道は叫びながらタイヤを殴り続けています。

そんな武道の襟を掴んだ千冬は、武道をタイヤから引き離します。

「いい加減にしろよタケミッチ!!」

地面に倒れ、仰向けになる武道は涙を流しています。

「なんもわかんなかった・・・どうやって救えばいいか・・・手掛かりがなんもねぇ!」

そんな武道を千冬は眺めています。

「千冬ぅぅぅ・・・辛ぇよぉぉ・・・悲しいよぉぉ」

武道は手で顔を覆いました。

「マイキー君、オレの手の中で死んだ・・・まだ手に感覚が残ってるんだ・・・」

武道の言葉を聞いた千冬は、雨でぬかるんだ土の上に腰をおろします。

「きっつい未来だったんだな・・・」

武道に話し始める千冬。

「でもさ・・・オレは正直嬉しいよ」

「え・・・?」

千冬の言葉に驚く武道。

「だってまた会えたじゃん」

千冬は嬉しそうな表情を浮かべていました。

千冬は東卍をやめて未来に帰った武道に再び会えたことを、もう会えないと思っていた武道に会えたことを喜んでいたのです。

コミ太
コミ太
やっぱり千冬はいいやつだ・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
これで武道も救われたね!

千冬の言葉を聞いた武道の目からは、少し前とは違う涙がこぼれ落ちていました。

「・・・・・オレ何すればいいのかわかった気がする」

しばらく沈黙した後に千冬が口を開きます。

「マイキー君をぶっ飛ばす」

千冬の発言に首をかしげる武道。千冬はさらに続けます。

「マイキー君は強すぎるから・・・本気でぶつかってくれる奴がいなかったんだよ。そして本気でぶつかれる奴はきっと・・・オレらしかいなくね?

千冬の言葉を聞いた武道。その目は何かを確信したものに変わっていました。

コミ太
コミ太
武道は何かを掴んだようだね
にゃん太郎
にゃん太郎
こうなると止まらないよね!

まとめ

過去に戻った武道が最初に出会ったのは千冬でした。

タイムスリップのことを知る千冬に出会えたことが武道の助けになったと思います。

現実離れした話を信じるところに武道と千冬の絆の深さが分かります。

なにも答えを出せずに悩み、自分を傷つける武道を救ったのは千冬でした。

答えは単純で、マイキーが武道に言った「オレを叱ってほしかった・・・」という言葉に隠されていました。

マイキーは気を遣わずに、自分と真正面からぶつかってくれる仲間がほしかったのではないでしょうか?

何かを掴んだ武道はどういった行動に出るのでしょうか。

次号の内容が気になります!

▼東京卍リベンジャーズのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!