漫画最新話ネタバレ

【毎月更新】初婚(ういこん)最新話15話のネタバレと感想!両親の死の真相が判明…!?

▼初×婚のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでりぼんを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってりぼん電子版が無料で読めますよ♪

恋のシューティングゲームで圧倒的勝利を収めた紺と初。

紺から贈られた”もうすぐだよ”という言葉に初と読者はキュン死にさせられました!

それでは、2020年7月3日発売のりぼん8月号に掲載されている初×婚15話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

初×婚15話のあらすじ

「お誕生日おめでとうございます!」

「気合入ってんね」

紺が朝起きると、共有スペースには張り切って誕生日パーティの準備をする初がいました。

そう、今日は紺の16歳の誕生日

初は当事者がついていけないほど目を輝かせてうっきうきです。

でも、「放課後にケーキを焼くから一緒にいてほしい」という初の様子はどこか寂し気に見えて…?

初×婚15話のネタバレと感想

文化祭を皮切りに、学校ではリアルカップルも増えて来たようです。

元々結婚を前提にした生活だし、一緒にいたら好きになっちゃうこともそりゃありますよね!

青春です!

コミ子
コミ子
文化祭でくっつくっていうのもあるあるだな~!

”両想い”

初の頭の中は紺の「もうすぐだよ」でいっぱいで、ドキドキそわそわしっぱなし。

ようやくホームルームも終わりうきうきで帰ろうとする中、担任の先生が

「学園長からメッセージがあります」

と言いました。

にゃん太郎
にゃん太郎
学園長いつもいつも突然だな!!

『今日11月22日はいい夫婦の日。

軽いボーナスゲームを用意したわ。

題して、学び舎に咲く愛を見つけてゲーム!』

ルールは簡単。

学校中に隠されたバラを見つけるというものです。

効率を重視して手分けして探すことを提案する紺に、初は

「今日は、一緒に探しませんか!?」

と言います。

紺は初が”一緒”に拘ることに疑問を抱きつつも、得点を稼ぐため手分けして探すことに。

コミ子
コミ子
初、ほんとに様子が変だね…?
にゃん太郎
にゃん太郎
誕生日だから一緒にいたいって単純な理由じゃなさそうかも…?

2人がそれぞれに動き出した時、紺に声をかけたのは羽生です。

「私の誕生日の時も初ちゃん様子がおかしくて。

どうして?って聞いたら、初ちゃんのご両親が亡くなった日が…」

コミ子
コミ子
え!?もしかして初の誕生日だったとか!?!?

一方その頃初は、紺に喜んでもらいたい気持ちでいっぱいなのにバラが1本も見つからない!!!

あっち見てもこっち見てもない!!

こういうとき焦って余計見つからないことありますよね。

紺が13本目を見つけた頃、体育倉庫で1本見つけた初と合流してゲームは終了。

『見つけたバラは愛する人へ贈ってくれ』

学園長の言葉で初の元にやってきたのは虹叶でした。

「受け取ってくれ。倉下にしか贈れないから」

渡されたのは8本あったうちの4本のバラ。

本数で意味が変わるバラの花束、4本は”死ぬまで気持ちは変わりません”

「う、わ」

意味を調べた紺からはドン引きの声が出てしまいます(笑)

コミ子
コミ子
愛が重すぎる…
にゃん太郎
にゃん太郎
ちょっとボクもうわってなっちゃった

帰宅し初がケーキを作る様子を眺めていると、初は紺の姿を確認してほっとした様子です。

紺が思い返したのは、羽生から教えてもらった”両親の死に関すること”でした。

『ご両親が亡くなった日がお母さんの誕生日で

サプライズでケーキを作るために、お父さんにお母さんを連れ出してもらって

そのまま事故に…』

コミ子
コミ子
うそ…
にゃん太郎
にゃん太郎
涙が止まらない

「あのさ、ありがとね」

え?という顔をする初に、紺は続けます。

「きっとひとりで数えきれないくらい泣きながら

ここまでたどりついてくれて、ありがと」

”いつかめぐり合うのよ”

初は母のその言葉を信じて縋ってきました。

本当に、こんなに好きな人に出逢えたなんて。

大粒の涙を流す初に、紺はキスを―

コミ子
コミ子
ひゃ~~~~/////

「や、これは違うか」

「えっ、いえっ、違くないのでは!?」

もうちょっと、もうすぐ、とかわしてくる紺に「また計算ですか!?」と問い詰める初でしたが、紺は

「それが出来ないから混乱してんの!」

と困った風に言います。

「考えたことなかったから。俺がまじの恋愛するとか」

コミ子
コミ子
いやぁ!!!!!!!!あの紺が計算できないほど!!!!!
にゃん太郎
にゃん太郎
うっかりボクもときめいちゃったじゃん!!!!

やがて紺は13本あったうちの12本のバラを初に贈り、恥ずかしくて気まずいパーティになったお誕生日でした!

まとめ

”誕生日”というのが初にとってキーになっていたんですね。

サプライズの準備をするのに連れ出してもらったことがきっかけで帰らぬ人となってしまうなんて、本当につらすぎます。

今の笑顔になれるまでにどれだけかかっただろうと思うと、胸が痛みますね。

紺は紺で、恋をするなんて初めてのことで戸惑っている様子です!

本当に”もうすぐ”ですね!

次号の内容が気になります!

▼初×婚のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでりぼんを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!