漫画ネタバレ

逃げるは恥だが役に立つ第48話のネタバレと感想!育休取得ミッション!

▼逃げるは恥だが役に立つのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでKissを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってKiss電子版が無料で読めますよ♪配信状況は投稿時点のものです。

子宮体がんを告げられた百合とつわりで動きのとれないみくり。

やっとみくりのつわりも治まりいよいよ安定期に入りますが…?

それでは、2019年6月25日発売のKiss8月号に掲載されている逃げるは恥だが役に立つ第48話のネタバレと感想をお届けします!

こちらは8月9日発売の逃げるは恥だが役に立つ最新刊10巻に掲載されると思われる内容です。

←前話 全話一覧 次話→

逃げるは恥だが役に立つ第48話のあらすじ

みくりのつわりもようやく治まり、津崎家では着々と育休の準備に入ります。

出産後も、赤ちゃん連れでは簡単に帰省できないと平匡の両親に釘をさすほどです。

そんな2人に立ちはだかるのは育児休暇取得の壁。

みくりは早めの職場復帰を希望しているので、平匡にも育休を取ってもらわないとなりません。

ですが、男性は長期間休めるのでしょうか…?!

逃げるは恥だが役に立つ第48話のネタバレと感想

つわりが落ち着いたみくりは、すぐに百合に会いに行きます。

百合の子宮体がんはⅡ期(ステージ2)でした。

これから大学病院に入院して手術という流れになります。

コミ子
コミ子
外資系企業バリキャリの百合は、保険適用外の先進医療を受けるんだって!
にゃん太郎
にゃん太郎
腹腔鏡手術は体の回復も早いから仕事に戻るのも早そうだねー

百合は子宮を一度も使わないまま全摘することに寂しさを感じますが、がんなら全摘になっちゃいますよね…

閉経してしまっているので、全摘もやむなしだと思います…

今後の人生を安心して過ごせると考えれば、正しい判断だと思うので、めげないで欲しいです。

戌の日に合わせて、平匡の両親が東京に来ました。

はるばる山口県から来てくださっています。

夕食はもちろん瓦そば!

ホットプレートでできちゃうものなんですね~

私も試してみようと思います!

さて、みくりと平匡が次に直面するのは育休取得ミッションです。

平匡はプロジェクトリーダーの灰原に、育休を1ヵ月取るつもりだと伝えますが、無理だと言われます。

灰原の意見は、1週間が妥当なラインだと。

そして、もし平匡が1ヵ月休んでそれが前例になり皆が休みだしたら仕事が回らなくなるというのです。

一方みくりも、自社の開発部の女性たちの間で、出産が順番待ちであることを気にしています。

男性が多い部署であれば女性が1人休んでも補っていけるのですが、女性が多い部署だとほかの女性に業務のしわ寄せがいってしまうのです。

ここで平匡とみくり、仕事を休めないことは異常だと言ってしまいます!

男性にも育休が認められるようになりましたが、実際には育休を取る男性ってまだまだ少ないんですよね…

法的にはよくても、取れるような業務体系になっていないのが現状なのかもしれません…

はたして平匡は、希望通り育休を取ることができるのでしょうか?

まとめ

津崎家の事情では、平匡に1ヵ月の育休を取ってもらいたいところ。

ですが、男性の育休取得は高いハードルです。

みくりと平匡が声をあげて、男性の育休問題がよい方向に向かって欲しいですね!

次号の内容が気になります!

▼逃げるは恥だが役に立つのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでKissを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!