最新話ネタバレ

ダイヤのA act2最新話148話のネタバレと感想!沢村窮地に立たされる!

ついに始まりました!由良総合との一戦です。

待ちに待った方も多いのではないでしょうか。

初先発の沢村も気合い十分でいきなりのセーフティバントに自ら補球したまではよかったのですが、そこからの暴投でピンチを招いてしまいます。

ここから組み立て直せるのか注目ですね。

それでは、2018年12月5日発売の週刊少年マガジン2019年1号に掲載されているダイヤのA act2 148話「足元」のネタバレと感想をお届けします!

にゃん太郎
にゃん太郎
前話147話の内容を確認したい方はこちらからどうぞ♪

music.jpで今すぐ「ダイヤのA act2」を読む

※music.jpでは無料期間中に961円分の漫画を無料で読むことができます!

ダイヤのA act2 148話のあらすじ

いきなりピンチを背負った、初先発の沢村。

沢村、キャッチャーの御幸は、お互いにランナーの足を気にしています。

御幸「1、2回戦でもバントのサイン多かったが、でもここはバントの構えなしか。」

バントを警戒しつつも進塁打も狙っているだろうと憶測し、牽制を入れます。

しかし、由良総合の監督も強者です。黙って見ているわけだはありません。

由良総合監督「さすがだ。全方位に神経が行き届いている。ならとことん神経をすり減らしてもらおうぜ。」

不敵な笑みを浮かべるその姿は、まさにゲームを支配しているようですが・・・

ダイヤのA act2 148話のネタバレと感想

沢村はボールを投げますが、ストライクカウントが取れません。

御幸も「バントの構えにいちいち反応するな」と伝えますが、頭ではわかっていても気持ちがついてきません。

フォアボールとしてしまいランナー1、2塁としてしまいます。

やはり最初の悪送球が響いているように感じます。

コミ太
コミ太
こんなに簡単にフォアボールを出すピッチャーじゃないのにね。やっぱり初戦で初先発というプレッシャーが大きいのかな。
にゃん太郎
にゃん太郎
もし最初のプレーでアウトを取って入っていたら、また違う展開になっていただろうね。

ここで御幸はタイムを取りマウンドへ向かいます。監督や、倉持も厳しい表情です。

御幸「一発もらっとくか?」

そう伝えるも沢村も「遠慮します」と言い返します。

御幸「ならしっかり腕を振れ。いつもの球きてないぞ。」

沢村もそれは自覚しているようです。

御幸「いつもの球なら多少甘くてもそう簡単に打たれはしねぇ。ここをしのいでうちに流れを持ってこようぜ。」

励みになる言葉を残してくれましたが、沢村は体がふわふわしているようで力も入らないようです。

緊張のせいでしょうか。

沢村「エースだろ。チームを引っ張るんだろ。こんなところでつまずいてたまるか。」

そう心に誓いますが、3番打者はバントの構えをしてきます。

コミ太
コミ太
これは意外な選択だったけど、由良総合の監督ならやりかねないね。

ただ沢村、御幸はブレません。

バントで来るならやらせればいい。

ストレートをここに。

バットを弾き飛ばすくらいの球を。

沢村「バントで来るなら来い。三塁で仕留めてやる。」

強気の気持ちがこもった球でしたが、打者はバントの構えからヒッティングの構えに変え、そのまま打ち返します。

詰まりながらもレフト線へ行った打球はヒットとなりランナーが一人ホームインとなってしまいました。

沢村の気持ち以上に、由良総合の戦術が上回っているのでしょうか。悔しい先制点を与えてしまいます。

にゃん太郎
にゃん太郎
沢村はこの窮地を乗り切れるのかな・・・?

御幸もとても悔しそうな顔を浮かべていました。

まとめ

沢村が立ち上がりから悪く、先制点を与えてしまう結果となりました。

いつも通りのピッチングができていないことが大きな影響となっているのでしょう。

このままやられてしまうのか、巻き返しなるか・・・次号の内容が気になります!

music.jpで今すぐ「ダイヤのA act2」を読む

※music.jpでは無料期間中に961円分の漫画を無料で読むことができます!