漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ205話のネタバレと感想!アシリパ監督

▼ゴールデンカムイのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

アイヌ文化を残していきたいと考えるアシリパ。

そんなアシリパの元にシネマトグラフという機材を所持した二人組が現れ…。

それでは、2019年7月11日発売のヤングジャンプ32号に掲載されているゴールデンカムイ205話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ205話のあらすじ

樺田で束の間の休息をする杉元一行。

鶴見との邂逅を控える中、月島はキロランケがアシリパを連れ去った理由を杉元に話し…。

ゴールデンカムイ205話のネタバレと感想

アシリパを樺田に連れ去ったのは、金塊の暗号を解く鍵となる記憶を呼び覚ますためだったと杉元に伝えます。ソフィアに会わせたのも同様の理由でした。

そして月島はキロランケの死に際の様子から、アシリパが暗号を解く鍵に気づいたのではないかと予想します。

月島にアシリパが尾形に教えるわけないと話す杉元

「俺が話す。邪魔するなよ。」

杉元はそう言うと、鶴見が来るまでにアシリパと話をつけることを決意します。

一方アシリパはシネマトグラフの活動内容について話していました。二人組の名は、興行主の稲葉、撮影技師のジュレールです。

北海道アイヌからも評判が良く、樺田にもアイヌがいると聞いてやってきたという稲葉。アシリパは話をするうちに、アイヌの昔話の動きを活動写真として残すことを決めます。

言葉がわからない人々にもわかるように、アイヌ文化を物語にして伝えていくつもりです

キャストに白石、杉元、月島、谷垣、鯉登の5名が抜擢されます。

コミ太
コミ太
このくだりはもはやネタだね…
にゃん太郎
にゃん太郎
アイヌ文化を残したいのは本当なんだろうけど…

アシリパ監督のもと、アイヌ文化物語の撮影が始まります。

すっかり映画監督になりきり、「三流役者め!」と杉元や白石にダメ出しをするアシリパ。

コミ太
コミ太
完全になりきってるね…

「こんなんじゃ残らない…、伝えられない…。」

にゃん太郎
にゃん太郎
そりゃそうだろ!

そう悔やむアシリパに対し、ふざけた物語ではなく、真面目に撮影してみたらどうかと提案する杉元。

一同は班文鳥たの身の上話という物語を演じます。

三人の兄弟の話で、一番上の兄が自分は人間ではなく、ケソラプという鳥のカムイであることを弟たちに明かす物語です。その役を演じるのは谷垣

身よりのない主人公を保護して、悪いカムイたちと戦い、立派な男に育て上げてくれます。そして役目を終えた兄は鳥に戻り永遠の別れを告げます。

コミ太
コミ太
お…なんかこれは良い話だ…

やがて一番上の兄は大きな鳥となって天高く飛んでいきます。

鳥のハリボテを纏い、ロープで高く上げる芝居をする一同。

「大きな鳥の落とす涙は雨となり、わたしたちの頭上に落ちてきた。」

感動のラストシーンですが、アクシデントが起こります。

鳥のハリボテがやぶれ、地面に落下する谷垣。

にゃん太郎
にゃん太郎
ええぇ?!

しかし、予想外のハプニングにアシリパは感情を昂らせるのでした

コミ太
コミ太
なぜ…?

まとめ

前半では緊迫した月島と杉元の真剣な会話がありました。

しかし後半は一転して、アシリパ監督によるコメディ映画の撮影が始まりました。

アイヌ文化を伝え、残していきたいのは事実だと思いますが、やはりアシリパの思考は理解できません…。

鶴見との邂逅も控えた杉元一行ですが…。

U-NEXTで今すぐ「ゴールデンカムイ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!