漫画最新話ネタバレ

【隔週更新】高嶺と花最新話82話のネタバレと感想!親子喧嘩の理由

▼高嶺と花のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って花とゆめ電子版を読むのがおすすめです!花とゆめ電子版で最新話を読む場合は、花とゆめ1刊遅れで先読みできますよ。

偶然出会った美魔女が高嶺の母だと分かった花。

高嶺にそのことを話し、花のことを含め直接話をしてくれないかと頼みますが必要ないと言われます。

納得がいかない花でしたが、会わなければいいだけと思い直しますが・・・。

コミ子
コミ子
高嶺のお母さんは和服姿の美魔女だったけど性格は似てたよね。
にゃん太郎
にゃん太郎
高嶺と花最新刊14巻は4/19発売だよ!

それでは、2019年4月5日発売の花とゆめ9号に掲載されている高嶺と花82話のネタバレと感想をお届けします!

→前話(81話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

高嶺と花82話のあらすじ

不意打ちの高嶺ママの登場と出会い。

帰宅した高嶺に一大事だと叫ぶ花ですが、高嶺は高嶺ワールドに突入し花の言う事をまともに聞いてくれません。

高嶺に冷静に突っ込みながらも、高嶺の母と出会ったことを口にする花。

しかし高嶺の反応は冷たく・・・。

高嶺と花82話のネタバレと感想

「才原十和子です」

不意打ちの高嶺ママの登場に動揺する花。

「高嶺さん一大事です!!」

帰宅した高嶺に焦って話をする花ですが、高嶺はただいまのロマンティックでもしにきたか、とバラを背負いながら高嶺ワールドに入ります。

高嶺の話をバッサリと切り捨てた花は、高嶺母と出会ったことを話しました。

高嶺母には自分が高嶺の知り合いだと言っていません。

高嶺の口から伝えて欲しいと言う花に、必要ないと突っぱねる高嶺。

話す気も会う気もないと口をつぐみます。

高嶺の態度に納得いかない花ですが、交際や同居の話を自分からしたら敵視されるだろうと思い、出会わなければいいやと考えることを止めます。

そう思った途端、会ってしまう花!

しかも変な宗教に勧誘されている高嶺母。

勿論見逃すことなど花には出来ません。

声をかけ、近くの公園のベンチで腰掛けながら高嶺母と話をし始めます。

コミ子
コミ子
会わなければいいやと思うのもつかの間だったね。しかも変な宗教の神様の名前、デガラシ様って・・・(笑)

高嶺母は花に、生意気な言い方はするけど普通の人がしないことを進んでやる姿勢が息子と似ている、と言い目を伏せながら優しく微笑みます。

花に心を許したのでしょうか?

息子と会えない理由を聞いた花に、昔話をし始めます。

高嶺母の話から、父親を早くに亡くした高嶺の父親代わりを、高嶺の祖父がしてくれたこと。

しかし、そのことを良く思わない人がたくさん周りにいたこと。

高嶺が中学生になり祖父が多忙になったことで、ますます親族からの嫌がらせを受けたこと。

そのため、高嶺母は息子を連れ家を出て祖父と縁を切ることにしたことを、話してくれました。

その中で高嶺母は、高嶺が幼いころに言い聞かせた言葉がありました。

「譲る必要のない道を譲る必要はありません」

「本当にあなたが悪い時以外は謝ってはいけません」

コミ子
コミ子
高嶺がごめんなさいと言えない理由はここにあったのね。謝ると死んじゃう生き物のようだったよね。
にゃん太郎
にゃん太郎
花も思ってるけど、この母にしてあの子あり!

さらに、家を出る決断が高嶺と距離を置くことになった、と話をする高嶺母。

家を出たことを逃げたと判断し納得がいかないと言われます。

譲る必要のない道を譲るなと言ったじゃないか、自分たちにやましいことなど何もない、と高嶺は母に思いをぶつけます。

「おじいちゃんは僕達の家族だ」

高嶺は会長に弱いというよりは、おじいちゃん大好きっ子だったのですね!

丸一日言い合いを続け、息を切らせながら家を出ようとする高嶺に母はダメ押しします。

「途中で逃げ出したりしないと誓いなさい」

「中途半端なことをしたらその日限りで縁を切ります」

鷹羽の血が流れているからこそ、止められないと思ったのでしょうか。

しかし高嶺は、血は関係ない、才原高嶺として行く、と言い残し家を出ます。

すれていない少年時代の高嶺は熱血で真っすぐでかっこいい!

大人になっていくと色々なものが失われていくんですね・・・。

この2人の言い合いこそが、お互いの距離を縮めさせない理由だったわけですね!

母の思いを知った花は、話を終えて去る高嶺母の背中を見て決断。

「高嶺さんのこと・・・私知っています」

同居していること、お付き合いしていることも伝える花。

花を見据える高嶺母の目が鋭くなり顔が強張ります。

「この私の息子がロリコンのはずないでしょう?」

にゃん太郎
にゃん太郎
ピリピリ感が伝わる!怖い怖い!

まとめ

花の性格上黙っていることが出来ないことは分かっていましたが、早かったですね。

世間知らずなお嬢様の高嶺母ですが、ロリコンという言葉を知っていたとは・・・。

親子顔合わせはいつでしょうか?

次回の展開も気になります!

▼高嶺と花のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!