漫画最新話ネタバレ

【隔週更新】高嶺と花最新話最終話のネタバレと感想!普通じゃない結婚式!

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『高嶺と花』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

嘘のお見合いから始まり、普通じゃない交際を続けてきた高嶺と花のストーリーもついに完結!!

ラストは2人の結婚式です!

コミ子
コミ子
高嶺と花もついに最終話なのね…2人の言い合いが見れなくなるなんて寂しくなるわぁ。

それでは、2020年7月20日発売の花とゆめ16号に掲載されている高嶺と花最新話最終話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

高嶺と花最終話のあらすじ

入籍発表から半年がたち、花は大学に合格し卒業式を迎えました。

そこからさらに数週間後、海辺を駆ける一頭の馬…!?

馬にはタキシード姿の高嶺がイライラしながら乗っていました。

今日は花と高嶺の結婚式のはずですが…。

高嶺と花最終話のネタバレと感想

結婚式当日高嶺がイライラしていた理由は、ウェディングドレス選びに参加させてもらえなかったことを思い出していたからでした。

「あいつのことだからおかしなドレス着せようとしてはずされたんでしょ」

ルチアーノの言葉に、りのと霧ヶ埼も納得です。

しかし高嶺は安物のタキシードを着せられ、まるで水着で葬式に行くくらいありえないと怒りが収まりません。

そんな高嶺たちを遠くから見つめる高嶺の母・十和子。

コミ子
コミ子
良かった!十和子さん結婚式に来てくれたんだね。もちろん絹代さんも一緒で嬉しそう。

高嶺が結婚することに寂しさを感じ木彫りのクマをなでまわす十和子ですが、後ろから現れた人物に声をかけられます。

そこに居たのは紋付き袴を着た鷹羽会長でした。

ベンチに腰掛け話始める2人。

十和子は会長から謝罪と後悔の言葉を聞き、わだかまりも消えたようです。

「ずっとお会いしたかったです」

にゃん太郎
にゃん太郎
十和子の少しはにかんだ笑みが可愛い!

花の着替えが終わり、早速その姿を見に行こうと意気込むルチアーノたちですが、高嶺はまだ不服そうです。

高嶺は不満そうに、ありふれた安物のドレスを着た花のウェディング姿には期待していないと言っていました。

しかし扉を開け、花のウェディング姿を見ると高嶺の心臓はズキュン♡

想像を超えた美しさに驚く高嶺。

しかしそこは高嶺のプライドが許しません。

普通だ。普通のドレスなのだから普通だ」

さすがに花もムカッと来て、高嶺に任せたウェディングケーキについて一言いいました。

2人の話合いで、花はウェディングドレスを選び、高嶺はウェディングケーキを選ぶことになっていたようです。

高嶺が選んだウェディングケーキは高さ3mの巨大なモスク様式のケーキ

「実物を見てみたら恐怖を感じました…!それでも私は受け入れました!結婚式だから…!」

「高嶺さんともあろう人が”普通”の花嫁と結婚式をあげてしまうんですか?」

花の言葉が高嶺のプライドに刺さり、最高にイケてる俺にとっての普通だと発言を修正。

「……つまり?」

最高にイケてる!!!」

花の誘導勝ちですね!

コミ子
コミ子
素直になれない高嶺を手のひらで転がす花。一生尻に敷かれるんだろうなぁ。

そして2人らしい結婚式が始まりました。

大勢の人たちが祝福の拍手で迎える中、新婦の入場。

高嶺いわく、最高級品種のナマモノである真っ赤なブーケを手にした花が高嶺の元へと歩きます。

司会のルチアーノがチャラい感じで進めます。

「それではレッツ誓いの言葉☆」

新郎・高嶺から新婦・花への誓いの言葉は、要望と愚痴が入り混じった”誓え”の言葉でした。

それを言われた花も誓いませんと断言する誓わないスタイル

そんな花に高嶺はフフフと嬉しそうです。

一方花は、高嶺にこれからもバカみたいなこと言って楽しく過ごすと誓って下さい、と伝えます。

「いいだろう、誓ってやる」

2人らしい誓いの時間も終わり、次は指輪交換です。

指輪に付いていた宝石は花が事前に見たものよりかなり大きく、高嶺が勝手に特盛にしていました。

そのことで言い合いになり、誓いのキスも出来ないくらいな険悪なムードの2人にルチアーノもどうしていいか分かりません。

ムスっとした高嶺の横顔を見つめ、つけているネクタイを掴みぐいっと引っ張る花。

強引に奪う新郎への誓いのキス…からのアッカンベー!

「お前という奴はあぁぁ!!!」

体を震わせ真っ赤になりながら花に文句を言う高嶺ですが、会場からは笑い声が響いていました。

コミ子
コミ子
結局ラストも花の勝ち!結局結婚式で泣いたのは花のお父さんとおじいちゃんだけだったね。
にゃん太郎
にゃん太郎
大団円のハッピーエンド!出来ることなら2人の子どもも見たかったなぁ。

まとめ

『怒った顔も笑った顔もくやしい顔も楽しい顔も全部全部あたしのもの』

『いいでしょ?だってあたしが捕まえたんだもん』

ラストシーンで書かれていた花の気持ちですが、これこそが花の本音でしょう!

結婚式当日、タキシード姿でイライラしながら海辺を乗馬している高嶺を見た時どうなることかと思いましたが、2人らしい結婚式を見ることができほっとしました。

鷹羽の関係者や十和子さんの出席があったのも、2人が頑張った結果だと分かるだけに嬉しかったですね。

2015年から続いた「高嶺と花」も寂しいですがラストを迎えました。

師走ゆき先生の次回作を期待したいです!

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『高嶺と花』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!