漫画ネタバレ

キングダム606話のネタバレと感想!王翦の戦い

▼キングダムのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

李牧の直下兵率いる共伯軍に対し、攻め進むことができない田里弥軍と倉央軍。

そしてついに王翦軍が…

それでは、2019年7月4日発売のヤングジャンプ31号に掲載されているキングダム606話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム606話のあらすじ

李牧軍の強さの秘密を見抜いたと思われる王翦が、ついに動き出します。

どんな布陣で攻めてくるのか、両軍の将校たちが注目していると…。

キングダム606話のネタバレと感想

王翦軍はまったく陣形展開せずに、ただ前進していきます。

田里弥と倉央も、王翦の予想外の行動に驚いています。

コミ太
コミ太
田里弥、倉央の二人は何も知らされていないんだね…

少し前衛歩兵団の足が遅くなると、やはり何かあると推測しだす両軍の将校達。

しかし王翦軍はなんと、何も布陣しないまま、李牧直下兵率いる雷伯軍の前衛とぶつかり合い、戦闘が始まってしまいました。

田里弥は、謎の戦術を使い各所で圧倒的な強さを見せる李牧軍に対し、ただの突撃は通用しないと、王翦の戦い方に疑念を抱きます

そんな田里弥の疑念とは裏腹に、王翦軍は雷伯軍に対し互角の戦いを見せました。

にゃん太郎
にゃん太郎
え…どういうこと…?

田里弥と倉央は、ただの突撃でなぜ互角なのか分析します。李牧軍は戦術をまったく発動せず、王翦軍も前が倒れたら次が出るという単純な戦い方です。

戦況を見つめ続ける田里弥、倉央。そこで二人は「なにもしていないから」互角であることに気づきます。

李牧軍は田里弥軍、倉央軍に対して、返しの戦術を行っていたのです。

王翦軍本陣では、王翦が側近達に李牧軍の強さの謎を説明しています。

武を極めると起こりを察知し、相手の動きを読み、読めば敵の技は通じず、さらに返しの技を出せると王翦は語ります。

王翦の言うそれは、本能型の武将のことでした。

李牧は元々知略型の武将でしたが、過去に本能型の極みに達していた麃公と戦っています

その経緯から本能型武将の戦いを研究して読み解き、それを元々知略型だった自身の兵団にたたきこみ、知略本能をあわせもつ異種混合軍を作り上げたようです。

李牧のことを、自身と同じ怪物と認めざるを得ないと語る王翦

コミ太
コミ太
自分で言うな!
にゃん太郎
にゃん太郎
ちょっとは謙遜してほしいね…

一方雷伯将軍は、単調な戦い方をしている互角の戦場を見て、返しではなく、純粋に戦術を発動します。

元々布陣していた雷伯軍に対し、まったく布陣していない王翦軍、両翼から雷伯軍の攻撃が迫ります。

「ほう…なるほどな…」

余裕の表情を見せる王翦。

コミ太
コミ太
王翦はいつも余裕そうだね…

王翦は各所に伝令を出し、見事に両脇から攻めてきた敵をつぶし、雷伯軍を圧倒します

「意外と…そういう見方をすると分かるものだな…起こりとは」

まとめ

王翦の頭脳が遺憾なく発揮された回でした。

田里弥や倉央が攻めきれなかった李牧軍の強さの謎を、一瞬にして解き明かしました。王翦の戦い方には李牧も少し驚いている様子です。

最後の王翦の台詞が気になりますが、王翦も李牧の戦い方から何か学んでいるのでしょうか。

臨機応変な対応をした雷伯ですが、王翦に軽くひねられてしまい…。

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!