漫画ネタバレ

黙示録の四騎士27話ネタバレと感想!エドリンのまさかの奥の手!

今回の記事では、2021年8月18日発売の週刊少年マガジン38号に掲載されている黙示録の四騎士27話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

ダルフレア山脈を越えるためにカントに立ち寄った一行。

アンとパーシバルが賭けから戻り、シンとシルヴァン以外が酒場で合流を果たしますが、ドニーは伯父兼師匠であるハウザーからのダメ出しに耐えかねて1人酒場を飛び出します。

そこでナシエンスが、盗賊がカントの住人に成りすましている事実を見抜きますが、パーシバルとアン既にお酒を飲まされてしまっており、2人は酔っぱらってしまいました。

そしてハウザーとナシエンスは、酒場で盗賊に囲まれるというピンチに陥ったのです。

2人はこの危機にどうするのか、27話を見ていきましょう!

黙示録の四騎士27話のネタバレと感想

エドリンの策略

ナシエンスとハウザーを取り囲み、勝利を確信したのか「ぎっひっひっひ」「げへへへ」と笑い声をあげる盗賊たち。

ハウザーは昔ダルフレア山脈に旅人を狙う賊集団がいるという報告を耳にしたことがあるといい、「まさかカントを占拠し、住人に成りすましていたとは」と驚きます。

それを受けて盗賊たちは、「おかげで山賊を討伐しに来る聖騎士から簡単に武器を奪い、無力化できる」と笑い、ハウザーが宿に預けた武器や馬も奪ったと説明。

へっおバカな盗賊どもだ。聖騎士長ハウザーから武器を奪ったくらいで勝てると思ったか!!?

ハウザーは立ち上がって、そう言い放ちます。

しかし、その顔は真っ赤で、目の焦点も合っていません。

盗賊たちはハウザーの言葉に「うっ」とビクつき、ナシエンスも「多勢を前に動じずこの威圧感、流石はリオネス聖騎士長」と思考。

ただ1人、エドリンだけが口元に余裕の笑みを浮かべ、

ハウザー師匠、あんたは既に負けてるのさ……

と言います。

すると突如、ハウザーはズシーンとその場に倒れ、いびきを掻きながら眠り始めてしまいました。

ナシエンスは「え?」と驚きますが、エドリンは「あなたの酒の許容量は、酒場から家まで幾度も運んだ経験から把握している」と話します。

にゃん太郎
にゃん太郎
自信満々に悪い顔して弟子っぽいこと言ってるのなんか面白いな(笑)

1人となってしまったナシエンスが「俺たちをどうする気ですか」と問うと、盗賊たちは「決まってんだろ、ガキどもは奴隷として売り払うんだよ」と答えました。

なるほど、お断りします

ナシエンスは、言葉と同時に左手の平から魔力を発動。

店内に突然発生した霧に盗賊たちは「なんだこれ?」「おほ~なんかいい気分♡」とリアクションします。

エドリンだけは警戒して口元を手で隠し、「この臭いは……ハーブ?」と分析しました。

次の瞬間、エドリン以外の盗賊が眠りにつき、倒れていきます。

“霧状化(ミスティレイン)”“睡眠毒(ペラドンナ)”

これを受けて「お前魔力持ちか……!」というエドリンに、ナシエンスは「仲間を連れてお暇させてもらう」と後ろを振り返ります。

仲間?この坊やのことかな?

そう言うエドリンは、右腕で眠るパーシバルを締め付けていました。

ナシエンスは「一体いつの間に」と驚き、先程までパーシバルがいたはずの方を振り向きます。

するとそこには、変わりなく床で眠るパーシバルがいました。

そして理解が追いつかず「え?」と声を漏らすナシエンスの背後から、エドリンが殴りかかります。

にゃん太郎
にゃん太郎
おー、エドリンは幻覚系の魔力使いか!

兄弟子との再会

1人酒場から飛び出したドニーは、小さな塔のような建物に腰を掛け、「またパーシバル達の前で逃げてしまった」と逃げ癖のついている自分にため息をついていました。

そしてハウザーの「母ちゃんもあの世でがっかりしているだろう」という言葉を回想し、「わかってるんだよ、そんなことは」とつぶやきます。

すると、

ここだったかドニー、久しぶりだな

とエドリンが現れ、「エドリンの兄貴!?」と驚くドニー。

エドリンは酒場でドニーを見かけたといい、「一緒にいたのは旅芸人の仲間か?」と問います。

これにドニーは「芸人仲間っつーか……」と言葉を濁し、「それより兄貴こそ伯父さんと修行の旅の最中なのか?」と聞きました。

するとエドリンは笑顔で、

あの人とは袂を分かった、俺もお前と同じように聖騎士を諦めたんだ

と話します。

それを聞いたドニーは、あれほど聖騎士になりたいと言っていたのになぜなのかと反応。

しかしエドリンはそんなことよりと話を進め、「俺と手を組まないか?聖騎士を目指すよりもっと割のいい楽な仕事があるんだ」と提案します。

これを受けてドニーは、割がいいとか楽だとかエドリンらしくない言い方だといい、「聖騎士が損得で動いていいのかよ」と問いました。

エドリンは聖騎士なんてどうでもいいんだってと笑い、

この街の住人に成りすまし、旅人から金や物を奪うんだ!面白いようにうまくいくぞ

と話を続けます。

コミ太
コミ太
ドニーを誘うということは2人は仲良かったということだし、盗賊になったとはいえ、エドリンは訓練から逃げたドニーを今でもちゃんと信頼してくれているんだね

冗談だと信じているドニーはまるで盗賊じゃないかと笑い、そんなことをすれば聖騎士にしばかれておしまいだろうとリアクションしました。

それでもエドリンは「こっちには強力な味方がついてる、聖騎士なんか目じゃないんだよ」と熱を込めて話します。

ドニーはそのエドリンの目を見て何かを悟り、「兄貴、久々に話せてうれしかったよ。じゃあ俺仲間のところに戻るわ」と伝え、その場を去ろうと歩き始めました。

この返答に、エドリンは笑顔から冷たい顔に表情を一変させ、

お前の仲間は全員俺が預かっている

とすれ違いざまにドニーに伝えます。

そしてエドリンは、「どういう意味だよ」と聞くドニーの肩に手をかけ、「旅芸人なんてお前の本当の仲間じゃない、お前を心から理解できるのは俺だけだ」と訴えかけました。

するとドニーは自分の肩にかけられたエドリンの左手の手首を掴み、

もし仲間に何かあれば俺は黙っちゃいねえぞ……!

とエドリンを睨みつけます。

そして驚いた表情を浮かべるエドリンに「……あんた変わったな」と告げ、掴んだ左手を振り払うと、ドニーは再び歩き始めました。

払われた左手をしばらく見つめた後、その左手の人差し指と中指を口に咥えて「ピューーイッ」と指笛を吹くエドリン。

変わってないさ…ただ気づいただけなんだ……自分の宿命に

そう語るエドリンとその場を立ち去ろうとしたドニーに、上空に現れた巨大な何かの影が覆いかぶさり、空を見上げたドニーは驚きの表情でその場に立ち尽くすのでした。

コミ太
コミ太
相手が兄弟子でもしっかり断って仲間のために怒れるのはドニーのいいところだね!

街が滅ぶ危機

牢屋の中に投げ入れられたパーシバル、ハウザー、アン、ナシエンスの4人。

盗賊たちはアンがグレーンで稼いだ金を「返してもらう」と取り上げ、『常闇の棺』の欠片については「宝か?」と言ってじっと見つめた後、ゴミと判断して牢屋に投げ入れました。

投げ入れた『常闇の棺』の欠片はパーシバルの頭に当たり、その拍子に酔っぱらっているパーシバルは体を起こして「おたんちん!」と叫び、へにょりと再び地面に倒れます。

1人正気のナシエンスは、「ドニーたちが異変に気付いてくれるといいんですけど……」とつぶやきました。

そのつぶやきに対してハウザーは、「助けに来るわけねえだろ、あんな弱虫野郎。所詮自分が一番かわいい人間なんだ、あいつは」と言います。

すると、笑い声をあげながら牢屋から離れていく盗賊たちの目を盗み、「おい、お前ら大丈夫か!?」と牢屋に忍び寄る男が1人。

その男とは、酒場の店主です。

店主は驚いた様子のナシエンスに「あれだけの酒を飲んでシラフでいられるとはたいした小僧だな」と言います。

これにナシエンスは、昔祖父の酒をこっそり飲んだ経験があり、一度でも摂取した毒なら体内で自在に生成・合成・中和が可能な体質であるため、平気なのだと説明。

説明を聞いて店主は「それはすげえな、酒は毒か」と笑います。

そして店主が「おいハウザー、しっかりしろ!」とハウザーに呼びかけ、呼びかけを受けたハウザーは「なんで名前を……あんた誰だ…?」と問いました。

この問いに店主は「覚えてないか?」と聞き返し、ハウザーは赤い顔をかしげながら「え~~っと、悪い」と返答。

タイズーだよ!昔あんたに喧嘩祭りでコテンパンに負けた

笑顔でそう話しながら昔よくやっていた左手の中指を立てるポージングをする店主タイズー。

ハウザーはようやくピンときたようで、「タイズーかよ!老けたな~~!」と懐かしみます。

にゃん太郎
にゃん太郎
うわ!確かに七つの大罪にいたわこのハゲの奴!誰がコイツの再登場予想できるんだよ(笑)

しかし、タイズーは笑っている場合じゃないと焦った様子でいい、

今は一刻の猶予も争う!このままいくと街が滅ぼされる!食い止めるには聖騎士のあんたの力が必要なんだよ!

と話します。

これを聞いたハウザーが「街が滅ぼされる?エドリンにか?」と問うと、タイズーはこれを否定し、

「エドリンが手懐けている小竜(エンシェントドラゴン)にだ……!」

と明かしました。

そう、その小竜こそがエドリンの指笛に反応してドニーの上空に現れたモノだったのです。

タイズーがハウザーたちに話をしているのと同時刻、ドニーは小竜の登場に走って逃げだし、エドリンは小竜に「そう睨むなよ、俺とお前の仲じゃないか」と語り掛けていました。

ただ、タイズーは小竜とエドリンの関係は直に破綻するとハウザーたちに向けて宣言するのでした。

コミ太
コミ太
エンシェントドラゴン!?遊戯王とかパズドラとかをはじめ、いろいろなところで耳にする名前だね!にしても強そう……
にゃん太郎
にゃん太郎
エンシェントドラゴンが暴走して手が付けられなくなってからがカント編の本番だな
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

タイズーの再登場は流石に渋すぎて予測できませんでした(笑)

しかし、七つの大罪ガチ勢ほど詳しくはない私ですが、昔の姿が出ただけで「うわあ、いたいたコイツ!」と懐かしくなったので、インパクトの強いキャラデザですね(笑)

そして今回の最後には小竜が登場しましたが、いかにも暴走しそうな雰囲気でしたね。

小竜が暴走して手が付けられなくなり、呼んだはずのエドリン自身が命の危機に陥り、ハウザーとドニーが協力して助けて、エドリンが再び聖騎士を目指す展開が予想されます。

真面目だったエドリンが聖騎士を諦め、盗賊となってしまった理由も気になりますね。

小竜との戦いはどうなるのか、カントの街を守ることはできるのか、ハウザーの戦闘シーンも見られそうで、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ