漫画ネタバレ

彼女、お借りします200話のネタバレと感想!麻美からの問いかけに瑠夏は……?

今回の記事では、2021年8月18日発売の週刊少年マガジン38号に掲載されている彼女、お借りします200話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

ハワイアンズへと旅行に来た和也たちは、現在プールを楽しんでいます。

しかしプールを素で楽しみすぎていた瑠夏が、せっかくの旅行なのにもかかわらず和也と距離を取らざるを得ない状況であることに、我慢の限界を迎えました。

そしてどうにか和也と2人きりになろうとしますが、和也は「状況を考えて」と注意をして取り合わず、瑠夏はさらにフラストレーションを貯めます。

そんな瑠夏に突如麻美が近寄ってきて、「本物の彼女になれると言ったらどうする?」と問いかけてくるのでした。

麻美は一体何を企んでいるのか、200話を見ていきましょう!

彼女、お借りします200話のネタバレと感想

あなたはどう思うのか

何言ってるんですか……?

麻美の「本当の彼女になれると言ったらどうする?」という問いかけに、戸惑った表情でそう反応する瑠夏。

それに麻美は本当の彼女になりたいのか聞いてみたのだと言います。

加えて麻美は、瑠夏が自分を「彼女」と言い張るのは勝手だが、明らかに千鶴と和也の関係に割って入れていない様子であり、結局人は正直だと思うのだと語りました。

「一体何の話ですか!?大きなお世話です!なんであなたにそんなこと!」

瑠夏は不機嫌そうにそう言います。

すると麻美は「あなたはこの状況をどう思う?」と問いかけました。

今の状況は一見すると、ただ仲良し大学生の内一組は恋人で、彼女は絵にかいたような美人であるというだけのサークル旅行です。

さらに恋人の彼氏側の祖母はすっかり蝶よ花よで「未来の花嫁」と大喜びであり、今回の旅行も元をたどると、下にも置かない「ご招待」であるという、この状況。

でも『違う』……でしょ?

麻美は客観的に状況を説明した後、冷たい表情でそう言います。

コミ太
コミ太
麻美のこの顔怖いよ……表情がコロコロ変わって仮面付けてるみたい……

彼女は『レンタル彼女』で彼氏は『お客』、2人は赤の他人でお金を払って『恋人』を演じているだけ

友達や家族もすっかり2人に騙されてて、もう1年半になる……

麻美は本当の状況を語ると、いくら和也が強引であっても千鶴がレンタル彼女として流石に肩入れしすぎではないかと違和感を覚えたと言います。

千鶴さんは和くんが好きなのかもしれない……

しおらしい表情を作ってそう言う麻美を、瑠夏は鋭い眼差しで見つめています。

「でもじゃあ何?そのうち昂った和くんが告って本当に付き合って、家族や友達についた嘘も全部なかったことになって……」

「それで『対ありでした』みたいに言われたら貴方はどう思うのかなって……」

黙って麻美の真意を探ろうとしている瑠夏に、麻美はそう問いかけるのでした。

にゃん太郎
にゃん太郎
対ありでしたはネット民が過ぎるな(笑)瑠夏ゲームとかと無縁そうだけど通じてんのか?(笑)

その時が来たら?

続けて麻美は、もし和也が告白して2人が付き合い始めたとしても、きっかけがレンタル彼女であり、嘘をついていたことは変わらないのに上手くいくのかと言います。

亡くなった千鶴さんのお婆さんにも紹介してたって聞いた……私怖いの……最後の瞬間2人はどんな顔してたのかなって……

目を伏せてそう話す麻美。

加えて、「突然なに?」という気持ちもわかるし、近くで見てきてるっぽい瑠夏の肌勘を知りたかっただけなので答えづらいならば忘れてと伝え、その場を離れようとします。

そうだっ、あの時のことは水に流そう。全然事情も分からなかったし、情状酌量って事で

瑠夏を振り返って、笑みを浮かべながらそう言うと、麻美はみんなのほうに合流しようとします。

これに瑠夏は、以前麻美に「貴方は終わった人だから和也の周りをウロチョロするのやめてもらっていいですか」と伝えたときのことを回想し、一瞬黙って思考した後、

「『言う気』ですか…?」

「それってバラすってことですか……!?和お婆さんに……!」

と聞いて、少し怒ったような表情で麻美を睨みました。

それに麻美は一瞬真顔を見せた後で笑顔を浮かべ、今はまだ千鶴とも何も話していないわけではないので様子見といった考えであると明かします。

「でも……その時が来たら、貴方はどうする?」

問いかける麻美の目は光のない冷たい目。

瑠夏は意表を突かれたような顔を浮かべるだけで、返事ができません。

そして麻美はくるりと後ろを向き、みんなの元へと合流していきます。

瑠夏は和也に「別れてほしい」と頼まれた時のことを思い出しながら、自分について考え、うまく答えが出ないのか、パシャっと片足でプールの水を蹴るのでした。

コミ太
コミ太
「その時が来たらどうする」か、さすが鋭いなコイツ。的確に痛いところを突いて、瑠夏がなんとなく目を背けてたことを意識させた……!
にゃん太郎
にゃん太郎
瑠夏の中に迷いが生まれたみたいだが、麻美の言葉の影響を受けるのかどうかが、ここからのハワイアンズ編のキーになりそうだな

きつく、ギュッと

プールでの遊びを終え、更衣室へと移動した千鶴と瑠夏。

千鶴は瑠夏に最後の方元気がなかったようだが大丈夫かと問います。

瑠夏がそれに「平気です」と答えると、千鶴は「そう」と言い、麻美は温泉に入ってから来ると言っていたと伝えました。

着替えを終えた瑠夏は、先程の麻美からの「その時が来たらどうする?」という問いかけを回想し、とりあえず様子を見守るしかないと考えます。

すると目の前の千鶴がいつまでも水着を着たままで、背中に両手を回したまま「うーん」とつぶやいていました。

瑠夏が「千鶴さんこそ何してるんですか」と聞くと、千鶴は紐がなかなか解けないといい、それを聞いた瑠夏は呆れながらも紐を解いてあげようとします。

え!?なにこれ!?どうやったら自分でこんな風にできるんですか?

紐の結び目を見て驚く瑠夏に、千鶴は声を詰まらせながらも、紐が緩くてとれちゃいそうだったからきつくしたのだと答えます。

それを受けて瑠夏は「自慢のおっぱい見せつけてあげればいいじゃないですか」と軽口を言い、千鶴が「そうはいかないでしょ!」とツッコミ。

まあさぞかし取れるのが嫌だったんでしょうね

そんな瑠夏の言葉に千鶴は、紐を結びなおしてくれたときの和也の様子を思い出しながら、

うん。……そう、かもね……

と頬を赤くしつつ反応。

何のことかわからない瑠夏が「え?かも?自分のことですよね」と言うと、千鶴は「なんでもない!」と誤魔化すのでした。

コミ太
コミ太
意識してる千鶴可愛いね!
にゃん太郎
にゃん太郎
和也の気持ちに気づいている千鶴、身の振り方に迷い始めた瑠夏、真意のわからない麻美、プールも上がったことだしここから話が動きそうだな!
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

今回は、とりあえず麻美が瑠夏に揺さぶりをかけたというような回でしたね。

麻美は和也と千鶴が上手くいくのが気に食わないだけなのでしょうか?話す相手によってキャラクターを変えているので本音が読めません。

瑠夏は和也の味方をする雰囲気を出しつつも、最後の麻美からの「その時がきたら貴方はどうする?」という問いかけで、自分の身の振りかたを悩み始めた様子でした。

このままだと千鶴と和也は引っ付くでしょうし、瑠夏はそもそも我慢の限界を迎えていましたので、彼女でいたい瑠夏は難しい立場ですね。

そして完全に和也の気持ちに気づいており、自分も意識し始めている千鶴が、告白を受ける決断をできるタイミングがいつ来るのかも見どころです。

麻美はこれからどんな行動に出るのか、揺れる瑠夏はどうするのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ