漫画ネタバレ

彼女、お借りします198話のネタバレと感想!和也から元カノ麻美への頼み事!

今回の記事では、2021年7月28日発売の週刊少年マガジン35号に掲載されている彼女、お借りします198話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

ハワイアンズへと旅行に来た和也たちは、現在プールを楽しんでいます。

和也と千鶴が2人乗りしたウォータースライダーでは、千鶴の水着が流されるというハプニングが起きましたが、和也のフォローによりなんとか乗り越えました。

その後、麻美と和が2人で話しているところを発見した和也と千鶴は、秘密をバラされたのではないかと焦りますが、話していた内容は普通の雑談だったようで胸をなでおろします。

木部達のいるプールに合流し、千鶴は麻美を疑ってかかっていた自分に「嫌なやつ」と嫌悪感を抱きますが、和也は麻美に警戒の眼差しを向けていました。

和也は麻美にどんな対応をするのか、198話を見ていきましょう!

彼女、お借りします198話のネタバレと感想

元カノの魅力

みんなで流れるプールを楽しんでいる中、麻美の手を掴んだ和也。

そして真剣な表情で「ちょっと話がある」と告げ、2人で流れるプール近くのプールサイドにある物陰に移動しました。

話って何のことかと戸惑いの様子を見せる麻美に謝りつつ、和也は「ちょっとだけだから」と頼み込みます。

その横を通る男二人組が麻美を見て可愛いと盛り上がり、和也は改まって麻美の顔を見て頬を赤くしました。

この距離で見る麻美ちゃんやべえ……!水着のドキドキも半端ないし、真っ白のビキニとかやっぱ美少女じゃないと着れないよな

うつむきかげんの麻美を見つめながら思考を巡らせる和也。

加えて改めて自分が美少女3人とプール旅行に来ていることを自覚し、幸せを感じます。

しかし、今はそんなことを考えている場合ではないため、和也は猿モードに入ろうとする自分を正気に戻しました。

にゃん太郎
にゃん太郎
こいつの猿モードはほんと懲りないよな(笑)

謝罪と願い

「ねえ和くん、話さないの?」と尋ねてくる麻美に、和也は「話っていうのは」と切り出し、

マジごめん!麻美ちゃん!もう水原に会ってないって嘘ついて!マジあのときの俺どうかしてた!

と頭を下げます。

さらに、きっと麻美が心配してくれているのにその後もレンタル彼女のお世話になっている自分が恥ずかしく、見栄を張って言い出せなかったのだと説明。

それから、絶対「は?」と思われただろうし、どれだけ怒られても自業自得なため文句は言えず、和があの様子のため今更嘘とは言い出せなかったと言います。

俺が情けないだけなんだ、自分の嘘も自分で訂正できないクズで!本当にどうしようもないガキで!

だから水原にだけは迷惑かからねーようにしてほしいというか……!

頭を下げたまま、そう頼み込む和也。

コミ太
コミ太
よく言った!自分の非を認めて千鶴だけは守ろうとする姿勢すごく偉いよ!

これを受けて麻美は自分の方こそ驚かせてごめんと謝り、和也と千鶴がまだ会っていると知った時は、下田でも騙されていたことも含め、ショックだったと話します。

でも何より寂しかったんだ……なんか、元カノとして信用されてないんだなって

麻美の言葉に和也は、申し訳なさそうな表情で「麻美ちゃん」とつぶやきます。

そんな和也の様子に麻美は、自分に本当のことを言ったら相談する間もなく血相変えて怒鳴ってくると思われているんだと感じ、ちょっとイジワルをしたのだと明かしました。

和也は「そんなことはない」と否定しながらも、自業自得だと感じます。

麻美が「嘘を訂正する気はあるんでしょ?」と問うと、告白の後に必ずと胸に誓いながら「ああ」と答える和也。

それに麻美は物憂げな表情でうつむき、「なら色々事情はあるんだろうしな…」とつぶやきます。

加えて麻美は、和也にとっては違うかもしれないが、何度もデートしていろんな話をした1ヶ月という和也との交際期間は「良い時間だった」と大切にしていると話しました。

それを受けて和也は「それは俺も!」とすぐに反応。

和くんには幸せになってほしい、不幸になることなんてしないって

笑顔でそう語る麻美を見て、和也はそんな風に考えてくれていたのかと感じ、それなのに危険分子扱いし、疑っていた自分を嫌な奴だと反省します。

「そっか、そうだよな!変なこと言ってマジごめん、ありがとう!」

和也はそう言いながらプールに入り、「いこうか」と言って、罪悪感を抱えながらみんなに合流すべく泳ぎ始めます。

麻美はそんな和也の背中を数秒じっと真顔で見つめ、

「はっ」

「草」

無表情で口にするのでした。

にゃん太郎
にゃん太郎
「草」とはさすがTwitter民(笑)人を騙し本音が見えない麻美が何を仕掛けてくるのか、ここからの動きが見物だな

それぞれの想い

続いてドクターフィッシュのコーナーへと移動した一行。

面白そうだからとまずは千鶴、瑠夏、麻美の3人が体験してみることとなりました。

「わーちっちゃい魚がいっぱい」とテンションが上がっている瑠夏、「私足弱くて」と不安そうな千鶴、「えー指の間とか舐めてくる」と興味深そうな麻美と反応は三者三様です。

すると、

あ…っ♡

やん♡あっ♡

ん…っ♡

と顔を赤らめながら千鶴、瑠夏、麻美の順に声を漏らします。

その様子を見て、男子3人は「シンプルにどエロい!」と思考しながら、その声に集中して聞き耳を立てました。

和也は麻美が言っていた通り普通に遊べている様子を見て罪悪感しかないと感じ、自分は何もかも考えすぎだと思考。

さらに和也は、考えてみれば麻美には自分のようなマヌケをいつまでも相手するメリットが無く、むしろ未だに話してくれるだけ有難いしいい子ではないかと考えます。

そしてこれで懸念事項は薄れたため、あとは自分の行動次第だと決意を新たにする和也。

コミ太
コミ太
まずいよ……千鶴に続いて和也まで麻美の演技にしてやられちゃってるよ……!

そんな中、木部が突然「そーいえば千鶴さんと更科さんはいつから友達なの?」と問います。

瑠夏が「友達」という言葉に引っ掛かる中、和也は「何だよ木部、どうしたんだよ急に」と焦りますが、木部は事情を知らないため「普通の質問だろ」と返答。

すると千鶴が「もう結構前になりますかね」と木部の問いに答えます。

この千鶴の答えを聞いて和也は、嘘は言っていないと考えながら千鶴に対して流石と感じました。

「へえ、和也とも遊んだりするの?」と追加で問う木部に、「まあたまにですかね」と誤魔化す千鶴。

その間、栗林は瑠夏を見つめ、瑠夏は思うところがありながらも黙って下を向いていました。

和也は、瑠夏が飛び出してくるかと思ったと思考し、青ざめた顔で瑠夏に視線を送ります。

瑠夏の反対側に座る麻美もまた、想いを飲み込んで1人考え込む瑠夏に対し、前に会った際の「彼女です」と宣言していた様子を回想しながら、冷たい視線を向けているのでした。

コミ太
コミ太
瑠夏の爆発も近そうで怖いなあ
にゃん太郎
にゃん太郎
なるほど、麻美が瑠夏を利用する展開になるわけか。栗林も絡んで瑠夏と栗林にフラグが立つ可能性もあるな!
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

千鶴に引き続き、見事に和也も麻美の演技を前に罪悪感を抱いて警戒心を緩めてしまいましたね。

麻美は女優のポテンシャルが千鶴と同等なのではと感じますね、加えて頭が良くて人を手玉に取るところがあるので、人狼ゲームとか凄く強そうです(笑)

また、今回の話の最後の方では瑠夏の我慢の限界も近づいてきているのかなというように感じられましたね。

そこに麻美の視線ですから、麻美が瑠夏の想いを利用する展開の伏線であると考えられます。

麻美はどんな行動を起こすのか、和也と千鶴は嘘を隠し通すことができるのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ