漫画最終回ネタバレ

傷だらけの悪魔(漫画)のネタバレや最終回の結末は?感想や評判も!

▼『パステル家族』はcomicoで連載中!▼

『傷だらけの悪魔』を今すぐ読む!

澄川ボルボックス先生の『傷だらけの悪魔』は2014年から「comico」で連載され、2017年には映画化もされています。

東京から田舎の高校へ転校してきた主人公の葛西舞は、新しい学校に不安を持ちつつも、学校生活を前向きに楽しもうとしていました。

しかし、新しい学校には前の学校の同級生で、舞の友達からいじめを受けていた小田切詩乃でした。

詩乃は舞のことをクラスで孤立させようと動き出し、舞の新しい学園生活は波乱へと進んでいくのです。

コミ子
コミ子
リアルな登場人物たちの感情が描かれていて、ついつい感情移入しちゃうね。
にゃん太郎
にゃん太郎
これから彼女たちはどうするのか、どんな展開になるのかずーっと気になりっぱなしだったね。

ぜひ傷だらけの悪魔を読んでみてください。楽しそうな学校生活とは裏腹の高校生たちの心の中とやり取りから目が離せなくなりますよ。

こちらの記事では「傷だらけの悪魔のネタバレが気になる」「最終回ってどんな話だったかな?」というあなたに、段階的にネタバレと感想をご紹介します。

傷だらけの悪魔をお得に読む裏技についても紹介しているので、まだ読んだことがない方も、もう一度読み直したい方も参考にされてくださいね!

→今すぐに裏技を知りたい方はコチラから

傷だらけの悪魔のあらすじ

主人公は高校一年生の葛西舞。

親の都合で引っ越しをし、新しい学校で不安がありながらも楽しい高校生活が出来るかなと期待して登校します。

しかし、転校先のクラスにはかつて舞の友達がいじめていた同級生の詩乃がいたのです。

詩乃は舞のことを決して忘れず、当時の事を思い出すと恨みは募りましたが、舞は詩乃ことを全く気にも留めなくて、その様子を見た詩乃は舞に復讐しようと心に決めたのでした。

かつての舞はいじめに直接は加わらなかったものの、止めることもなくただ見ているだけ…

詩乃も直接手を加えることなく、クラスメイトをコントロールして舞をいじめるように差し向けます。

いじめの連鎖の中に、自分を救うことは出来るのか、終わりは来るのか、最後まで目が離せない「傷だらけの悪魔」です。

傷だらけの悪魔のネタバレと感想(途中まで)

舞に復讐を決めた詩乃はクラスのみんなに、「自分が舞にいじめられていた」事を暴露。

その尋常でない詩乃の姿を見たクラスメイトは舞から距離を置きます。

そしてクラスメイトのリーダー格である優里亜の友達、静が事故で怪我をした際に舞がかかわっていたと詩乃がしむけ、舞は優里亜に目を付けられてしまうのです。

なんとか、味方を付けようとする舞だが上手くいかず、詩乃の思い通り孤立してしまう舞。

そんな中、校外学習でお泊まりがあり舞は優里亜に閉じ込められ、失禁してしまう。

その様子を見ていられなくなったクラスメイトの一人、千穂が先生に密告するのだが、先生はクラスメイトを問い詰めたりして事態は悪化。

優里亜が誰が密告したのか突き止めようとするようになり、そのことをやめさせようとした子が墨汁をかけられてしまったのです。

コミ子
コミ子
ここまで、一人一人が行動したことが裏目裏目にでて、状況がどんどん悪化しちゃったよね。
にゃん太郎
にゃん太郎
それぞれの気持ちが絡み合って、こんなに悪い方向へ進んでしまうなんて。これからどうなってしまうんだろうね。

物語は、登場人物たちの過去や家庭環境の話へとつながり、現在の元凶となったのではないかという事を考えさせられます。

舞は母親と仲が悪く、悩みを話すことはなく信用もしていない。

詩乃は母親が不倫していた時の子供で、周りから愛されることなく、ついには母親から愛させることなく育ってしまったのです。

周りの大人の影響、環境が今回のいじめの連鎖になっていったのではと思わざるを得ないですね。

さらに、新たな登場人物が表れては、彼女たちを混乱させ、事態を悪化させていきますが、このいじめを止めようと動き出す人が表れてきます。

舞はこれまで周りの人への興味が薄く、誰がどうなってもいいやという性格でした。

しかし、クラスメイトである千穂がある事件をきっかけに舞の力になろうと、より添うようになります。

そのことをきっかけに、気持を少し許すことができた舞は、他人を思いやり、大切に思うようになっていくのです。

そして、クラスメイトの中に何人かの味方が出来た舞は、自分に危害を加えてきた人たちに復讐しようと、新たな復讐劇が始まっていきます…

傷だらけの悪魔の最終回や結末はどうなる?

それでは、ラストのネタバレです!

まだ連載は続いているので、これまでの話の中から私が推測する最終回を描いていきますね。

舞がこれからいじめられた人物、何もしなかったクラスメイト達に復讐を計画していくのですが、はたして成功するのか、それともどうなるのかというところですよね。

今までの舞の心情から考えると、復讐は相手がもっとも嫌がりそうなことを企てそうです。

「死んでほしい」そう言ってしまうほど、舞の心は負の連鎖で止まらなくなっているはず。

コミ子
コミ子
舞はこれからどうしていくんだろうね。
にゃん太郎
にゃん太郎
いじめの連鎖は止まらないのかな?

舞は、何人かの味方を得てこれまでのいじめの復讐を始めるでしょう。

仲間は出来ても、舞の行動を止めてくれる人はまだいないことから、復讐は止まらないはずです。

舞や詩乃たちの気持ちは、復讐を繰り返すことでしか落ち着かないのですから。

もしこのいじめの連鎖を断ち切れるようなことがあるなら、キーマンとなるのは大人の存在ですね。

舞たちの学年主任である市川先生が今のところ、このキーマンになってくるのかなと思われます。

彼女たちは止まることが出来るのか、それともこのまま続いていくのか波乱の展開から目が離せません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「傷だらけの悪魔」は、現代のいじめの実態と登場人物のリアルな心理描写が読み応えのある漫画です。

作者の澄川ボルボックスさんのゆがんだ人の表情描写も見どころで、「人の怖さ、負の部分」が伝わり思わずゾクッとしちゃいます。

恐ろしい憎しみの感情から逃げることの出来なくなった彼女たちは、みんな傷を負っていてボロボロでした。

人間の負の感情が生まれる瞬間、人間の恐ろしい部分を知ることのできてしまうのが「傷だらけの悪魔」。

いじめの行き着く先はどんなところなのか?

傷ついてばかりの彼女たちは悪魔から解き放たれるのか、それともまた新たな悪魔を生み出してしまうのか?

結末が気になる「傷だらけの悪魔」は、comicoで絶賛連載中です!

▼『パステル家族』はcomicoで連載中!▼

『傷だらけの悪魔』を今すぐ読む!