漫画ネタバレ

墜落JKと廃人教師68話のネタバレと感想!五月病?それとも…

灰仁の寝室のクローゼットの中からなだれ落ちてきた、扇言関連グッズに埋まった扇言を抱き寄せる灰仁。

扇言は、もっともっとと求める気持ちに埋もれながら、苦しくてたまらないはずのその時間が長く続けばいいのにと思っていました。

それでは、2021年6月18日発売の花とゆめ14号に掲載されている墜落JKと廃人教師68話のネタバレと感想をお届けします!

墜落JKと廃人教師68話のあらすじ

雨が降る放課後。

灰仁は大人の自殺が多くなるのは5月から6月にかけてだと、憂鬱そうに話します。

やる気がなさそうに机に頭をつけながら話す相手は…。

墜落JKと廃人教師68話のネタバレと感想

「はぁーー五月病だわーー」

灰仁のどうでもいい話を話す相手はなずなと一馬でした。

「何だよお前ら。勉強見てくれって言うから来てやってんのに俺の話ぐらい聞いてよ。何やってんの?」

勉強だよ

中間テストに向けて驚くほど勉強ができないなずなのため、一馬が教えることにしたようです。

眠いしだるいし働きたくないから、自分は五月病を患っているという灰仁に対し、いつもと何が違うんだとつっこむ一馬となずな。

一馬は、五月病は真面目で几帳面でまともな人がなるもんだと言い切りますが、3人とも同じ人物を思い浮かべていました。

心配そうな一馬のため、なずなはラインで扇言の居る場所が図書館だと分かり様子を見に行こうと一馬を誘います。

10分後……。

灰仁の五月病がうつったかのように、一馬が全てのやる気を無くし机に伏せ落ち込んでいました。

その理由は、図書館で扇言が男と勉強しているのを目撃してしまったため!

さらにそれを見たなずなの、彼氏?の一言で会心の一撃をもらい撃沈。

「男ってあぁ、多分安路川だろ。彼氏じゃねぇよ、鶴男」

コミ子
コミ子
鶴男って、一馬となずなには謎が深まるだけだよね。

そう言いながらも灰仁は不満そうです。

なぜ邪魔もせず帰って来たのか、と一馬となずなを敗残兵呼ばわりし、生徒指導してくると席を立ちました。

「俺の周りでリア充は生ませない」

にゃん太郎
にゃん太郎
扇言の所に行くんだろうなぁ。なずなも言ってるけど、クズだな(笑)。

一馬はなずなに勉強を教える気が起きなく、机に伏したままです。

五月病って大病だな、という一馬にはっきりと言うなずな。

それ五月病じゃなくて恋の病だから。あんた先輩のこと好きなんでしょ?そろそろ認めれば」

一馬はそれを聞き、一瞬認めそうになるも違う、違うと噛みつくように反論。

そして俺は先輩のこと、好きでも嫌いでもないから!と言い切ったところで、扇言が灰仁とともに登場します。

「あっ、盛り上がってるところ水差しちゃってごめんなさい。あの……生きててごめんなさい……」

慌てて誤解だという一馬ですが、扇言は仮初の友情…?と小刻みに震えていました。

校舎から出るときも雨はまだ降り続いていました。

雨に濡れることすら嫌いであり、ゆううつだと感じる一馬。

傘は持っていましたが、傘を持っていなかったなずなに、扇言に謝りがてら駅まで送ってもらいな、と傘を奪われてしまいます。

タイミングよく扇言が現れ、相合傘をしながら帰る二人。

気まずいと感じる一馬ですが、雨は結構好きかもしれないという優し気な扇言の横顔を見て、さっきはごめん、と謝ります。

一馬は扇言がもし五月病を患ってたら追い打ちかけちゃったかな、と申し訳なく思っていたことも伝えました。

五月病と聞き、最近自分らしくないなと思っていたことが五月病だったのかも、と言い出す扇言。

欲に負けそうになってモヤモヤしたり、ヤケクソで大掃除したりしたり…。

そのことを一馬に伝えると、一馬も同じような気分を五月病だとなずなに言ったら、恋の病だと言われた話を扇言に話します。

「俺は全然そういうのじゃない…のに…」

「そう…ですか…」

その時のはにかんだような扇言の横顔から、扇言に好きな人がいるんだと気づいた一馬。

好きな人くらいいるよね、と思いながらも変な気分を止められず、忘れ物をしたと扇言に伝え、雨の中学校へと走りだしました。

『気づきたくなかったのはそんなことよりも、そんな顔をさせるのが俺だったらよかったのに

そう思いながら…。

コミ子
コミ子
照れたようなはにかんだ横顔を見ちゃったら気づくよね。相手が灰仁だとは絶対思わないだろうけど…。

「何で戻って来んの。振られた?」

学校の玄関にいたなずなにそう言われ。ちっげぇわ、と反論しますが、扇言といたら気まずくて…と答える一馬。

なずなから見て、一馬の態度は一目瞭然です。

それでも五月病だと言い訳すると思っていた一馬の口から、五月病じゃなかったという言葉がもれだしました。

ずぶぬれの寂しそうな一馬の横顔を見ながら、なずなは言いづらそうに口を開きました。

「ウチ、クラスの男子と相合傘して帰るから」

俺の傘で?」

「ごめんね」

「返せ!!(怒)」

コミ子
コミ子
憂い顔の水もしたたる美少年シーンが台無しだ(笑)。
にゃん太郎
にゃん太郎
なずなメンタル最強だな!
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

扇言に好きな人がいると、とうとう一馬が気づいてしまいました。

そして自分も扇言に恋をしていたことを認めましたね。

二人の関係は今後どうなっていくのでしょうか…。

扇言と勉強をするということで、同学年の鶴男を登場させたのもにくい演出です(笑)。

そしてなずなは完ぺきなシリアスブレイカーでした!

次号の展開も楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ