漫画最新話ネタバレ

彼女、お借りします191話のネタバレと感想!麻美が和に話したことと黙っていること!

今回の記事では、2021年6月9日発売の週刊少年マガジン28号に掲載されている彼女、お借りします191話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

木下家に千鶴、瑠夏、木部、栗林を加えた異色のメンバーで向かうこととなったハワイアンズへの旅行。

その道中で和から預かった木下家の指輪を返したいという気持ちを明かした千鶴に対し、和也はもう少し預かっていてほしいといい、胸中で旅行中に告白することを決意しました。

そんな中、ついにハワイアンズに到着すると、そこにはなんと、和也の元カノにして、和也と千鶴の秘密を握っている麻美が待ち受けていたのです。

麻美の登場によりさらに混沌を極める旅行は一体どうなるのか、191話を見ていきましょう!

彼女、お借りします191話のネタバレと感想

麻美参戦!

和おばあさんと名前を呼ぶ麻美に、遅くなってすまなかったと答える和。

麻美の予想外の登場に和也と千鶴は目を丸くし、「えっ?」と驚きの声を漏らす。

「どぅえええええ!!」

さらに大きな声で叫ぶ和也。

なぜ麻美がここにいるのか、現在地が福島であるため、散歩に来るような距離ではない。館内着を身に着けていることから、ハワイアンズに泊っているのかと、和也の頭はフル回転。

木部や栗林も麻美の合流に驚いており、瑠夏は麻美を見つめて和也の元カノだと警戒する。

いらっしゃいませ、木下様。七海様からお話は伺っております

和也が和にどういうことなのか聞こうとすると、麻美の横に旅館の人が現れ、そう話した。和はこれはありがたいと反応する。

それを受けて麻美は、親が支配人と知り合いであるため、昨日から泊っており、和が皆を連れてくるという話を聞いたため、挨拶をしようと思ったのだと明かす。

親が知り合い!?昨日から!?

胸中で驚く和也に和は、麻美が元々福島に来る予定だったらしく、こちらにいる間は是非一緒にと声をかけ、大所帯であるため宿泊費を少し勉強してもらったと言う。

にゃん太郎
にゃん太郎
このタイミングでそんなたまたまがあるわけねえだろ(笑)

元々麻美も一緒の予定だったということを知った和也は、木部に目線を向ける。しかし、木部も知らなかったようであり、和也と目が合った木部は首を横に振った。

和也は千鶴から、麻美は自分たちの関係がまだ続いていることに気づいており、事態は緊迫していると言っていたことを回想する。

そのことを考慮すると、偶然元々福島に来る予定だったなんてことは、ありえないだろう。

次に和也は千鶴の方を振り向く。千鶴も緊迫した表情を浮かべて和也を見つめ、その様子を見た和也は、恐怖で血の気が引いていく。

そんな和也の心境などつゆ知らず、和が瑠夏に麻美と初対面だろうからと麻美の説明をしようとするが、麻美は一度会ったことがあるといい、笑顔で瑠夏に「ね」と問いかける。

これに対し、露骨に嫌そうな表情で目をそらし、「どうも」と応じた瑠夏。

その様子を見て和也は、ここの二人も混ぜるな危険だったとさらに青ざめる。

にゃん太郎
にゃん太郎
あちらこちらが腫物で、気まずさのオンパレードだな(笑)

しかし和は和也とは対照的に表情を明るくし、面識があるだなんて偶然が重なる日だと言い、チェックインへと向かう。

和也は本気でこのままハワイアンズに行く気かと焦り、チェックインに向かう和の後を追った。

視線

和とともにチェックインをしに受付へと向かう和也。その様子を黒目の多い冷たい目で見ている麻美。

そのタイミングで千鶴が麻美の方を振り向き、鋭い目を向ける。

麻美はそれを微笑みを浮かべて受け流し、木部たちと会話を始める。

何もかも終わりにしよう、和くんから助けてあげる

2人で行ったミスドにて麻美から言われたその言葉を回想しながら、千鶴は麻美を警戒の眼差しで見つめた。

コミ太
コミ太
麻美の真意が読めなくて怖いよー!

出てこなかった言葉

和也は和に千鶴のことは麻美に言わないでと頼んだはずだと訴えた。すると、和は怒りにプルプルと体を震わせる。

その様子に和也が戸惑っていると、千鶴の話をしてきたのは麻美の方であり、隠すまでもなく千鶴のことを良く知っていたと文句を言う和。

さらに和は、千鶴が女優志望であることも、和也が資金を集めて映画を撮ったことも、麻美たちと海に行ったこともあることも、全て麻美から聞いたと明かす。

そして和は、孫の婚約者のことにも関わらず、寝耳に水なことばかりで恥をかいたと言い、これに和也はいつから婚約者になったんだとツッコミ。

コミ太
コミ太
や、やっぱりいろいろ知られちゃってる……!

加えて和は、「なぜ資金集めの際に声をかけなかったのか」と問い詰め、千鶴のためなら年金を切り崩したと口にする。

和也が和に言わなかったのは、そうなることがわかっていたからであった。

和は和也が、千鶴のために苦心惨憺したことは評価しつつ、報連相は怠るなと和也を責め、それに和也は「会社かよ」と胸中でつぶやく。

鍵の用意ができた受付スタッフに呼ばれ、和がそっちへ行く。一人になり、頭を抱える和也。

クラウドファンディングのことも、映画のことも麻美にバレている様子であり、ということは千鶴の本名もバレているのではないかと思考する。

しかし木部は一之瀬について知らない様子であった。つまり麻美は、和也の想像以上に色々知っているうえで、その色々を黙っているのである。

「何よりばーちゃんからレンタル彼女の言葉が出てこなかった」

和也はそのことから、麻美はそこの部分はばらすつもりがないということだろうかと考えつつ、以前の様子から麻美が、自分と千鶴の関係をよく思っていないことは確実であると思い返す。

にゃん太郎
にゃん太郎
黙ってくれているというよりは、目的のために泳がせてるって感じだろうけどな

麻美がいることが偶然かどうかは和也には知る由もないが、2泊3日も時間があれば何度も木部や和と麻美が話す機会があるため、バレる危険性は高い。

和也は木部から和には嘘をつくなと言われたことを回想し、バレるくらいならやはり自分から、一刻も早く千鶴に告白をし、玉砕したら本当のことをみんなに話そうと覚悟を決める。

どうなっちまうんだこの旅行!!

笑顔で会話をしている千鶴を見て、和也は再び頭を抱えた。

にゃん太郎
にゃん太郎
毎週同じ決意してんなコイツ(笑)

それぞれの想い

余裕の表情でスマホをいじる麻美、堅い表情でパンフレットを眺める瑠夏、ノー天気に会話を交わす木部と和也の父。

そんな中、和也の母は荷物を触りながら、千鶴の方を振り向き、千鶴の手元に視線を送るが、千鶴の指には渡された指輪が付いていない。

それを確認した和也の母は、何かを考えている様子である。

同じころ、栗林が覚悟を決めた様子で瑠夏に近づく。

ちょっと話があるんだけど

そう話しかけられた瑠夏は、「えっ」と驚いた反応を示す。

一方受付で鍵を受け取る和は、ご家族3名の部屋、男性2名の部屋、女性1名の部屋、男性と女性2名の部屋で宜しいですねという確認を受け、悪だくみに顔をニヤつかせていた。

コミ太
コミ太
ここで栗林が動くの!?和也のお母さんの視線も気になる……
にゃん太郎
にゃん太郎
和はほんとに過干渉なばあさんだな(笑)
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

麻美の登場によりまた一段とカオス具合が高まりましたね(笑)

麻美は、親が支配人と知り合いとはいえ、確実に和也たちが来るタイミングを狙って来ているでしょうから、ここで何かを仕掛けようとしているとみて間違いないでしょう。

さらに栗林が何か覚悟を決めた様子で瑠夏に話しかけに行ったり、和也の母が千鶴が指輪をつけていない様子を見て意味深な表情をしたりなど、それぞれに気になる動きがあります。

栗林はどんな話をしようとしているのか、麻美の真意はなんなのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ