漫画ネタバレ

ランウェイで笑って187話のネタバレと感想!心と千雪が交わした言葉

今回の記事では、2021年5月26日発売の週刊少年マガジン26号に掲載されているランウェイで笑って187話のネタバレと感想をお届けします!

前話のあらすじ

育人たちが、ミルネージュを失って調子を崩した千雪のために、コンセプトを千雪に決めて準備を進めてきた東京コレクションは、ついに本番の日を迎えました。

雫の登場で順調な滑り出しを見せた東京コレクションは、SNS上でバズった服を身に纏った千雪の登場で、Aステージに詰め寄せた一般客がさらに盛り上がりを見せます。

そんな中、2人で会話をしながら歩いてほしいという育人の言葉に従い、ランウェイ上で雫が千雪に話しかけました。

そして雫は、ミルネージュがなくなったくらいで何もできなくなってしまうと自分に失望していた千雪に、スタッフにもファンにも愛されていること、本調子でない今も綺麗なウォーキングが出来ていることを自覚させます。

自分が積み上げてきたものが、脆いものではなかったと感じることができた千雪は、ランウェイを歩き終えると涙を流しました。

その頃、Bステージにはシャルロットが登場し、異彩なオーラを放っていました。

世界一のモデルであるシャルロットが東京コレクションに来た理由とは何なのでしょうか、187話を見ていきましょう!

ランウェイで笑って187話のネタバレと感想

シャルロットの返事

シャルロット・キャリーをキャスティングした

ある日、ピースしながらその報告をした美依。

世界一のモデルが出演してくれるという事実に、育人は「え」と驚き、その方法を問います。

その問いに美依は、千雪と戦いたくないかと研二から伝えてもらったと答えました。

東京コレクション本番、Bステージを悠々と歩くシャルロットを見ながら、研二は美依からの伝言を伝えたときのことを思い出していました。

「スケジュールを開けて、絶対出る」

それがシャルロットの答えでした。

コミ太
コミ太
千雪とシャルロットのライバル関係いいね!

研二の視線の先で、シャルロットは凛とした表情でランウェイを進んでいき、Bステージを後にしました。

そしてAステージへと向かう廊下で、シャルロットは千雪とすれ違います。

すれ違いざまに、鋭い視線を交わす千雪とシャルロット……。

雫はAステージへと向かったシャルロットを見て、あれが今の世界一のモデルかと感嘆の声を漏らしました。

シャルロットの登場したAステージの盛り上がりは、再び熱を増します。

にゃん太郎
にゃん太郎
やっぱ世界一ってかっこいいぜ

万全じゃない

シャルロットと入れ替わるような形でBステージへと登場した千雪。

しかし、千雪の主演映画を撮る北谷監督は、千雪の姿を見て舌打ちをし、「弱い」とつぶやきました。

さらにデザイナーの加地照美、モデルのセイラなど、千雪のことを知る面々は調子を崩している千雪のウォーキングに、不満を覚えます。

美依は育人に、千雪が以前のように歩けていると思うかと聞きました。

育人はランウェイを終えた千雪に視線を飛ばしますが、千雪は育人の視線に気が付くと、視線をそらして俯いてしまいました。

その千雪の様子に何とも言えない表情を浮かべた育人は、美依に進行を任せ、千雪に話しかけに行こうとします。

千雪は雫が言ってくれた「本調子ではなくとも、綺麗に歩けている」という言葉を回想し、チビの自分ではただ綺麗に歩けているだけではダメなのだと胸中で焦っていました。

心の想い

千雪に駆け寄っていきながらも、育人は千雪にどんな言葉をかけるべきなのかと思考します。

するとその時、横から育人を呼び止める声が聞こえ、育人が声の方を振り向くと、そこには衣装を着た心が立っていました。

「どう……ですか……?」

消え入りそうな声で問いかける心。

育人は声を詰まらせながらも、綺麗だと思うと答えました。

コミ太
コミ太
心の密かな想い、いいなあ

ただ、育人は一刻も早く千雪に声をかけなくてはと胸中で焦り、心のもとを離れようとします。

すると心が、千雪は大丈夫だといい、育人の想いは伝わっていると話します。

その頃、新たな衣装に着替えた千雪は、自分の説得に来た際に心が言っていた、育人が千雪が着るということをとても考えて作っているという言葉を回想していました。

1着目、2着目共に風通しがよく、1着目は特に重い見た目にも関わらず歩くと空気が入ってきて、自分の得意とする動きのあるウォーキングに合うように作られていると考える千雪。

その時、育人が千雪の名前を呼び、千雪は振り向きます。

「風って千雪さんっぽくないですか?」

間近で育人の顔を見ると、いつか育人が言っていたその言葉を思い出し、千雪の頬は赤く染まりました。

にゃん太郎
にゃん太郎
すげえ感性だな育人、俺は何っぽいのか教えてほしいぜ(笑)

千雪はすぐに顔をそらすと、先ほど心と何を話していたのかと聞きました。

育人は、歩くことを決めてくれてありがとうということくらいだと答え、本題に入ろうとします。

しかし育人の奥にいる心に目線がいく千雪。

そしてランウェイの上で言われた、どうして出る気になったのか、背の高い癖っ毛の子とかたくさん説得に来てくれたのだろうという雫の言葉を回想していました。

千雪の視線の先にある心の重ね合わせた手は震えていました。

育人は千雪を呼びますが、千雪はそれに応じず、震えるくらい嫌なら出なければいいのにとつぶやきます。

そんな千雪の頭の中には、説得に来た日の心の言葉が響いていました。

千雪……わたしね、せんぱいが……育人くんのことが好きです

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

千雪との勝負という言葉を聞いて、世界一のモデルであるシャルロットが迷わず出演を決めるという描写は、シャルロットが千雪を評価していることがよく伝わる熱い描写でしたね!

Bステージで千雪のウォーキングにがっかりしていた面々も、こんなものではないだろうというもどかしさを感じているようで、千雪がそれだけのモデルになっていたのだということが伝わります。

そして千雪の出演の決め手には、心の告白があったようですね。心の覚悟が伝わりますし、恋愛方面の話も発展する予感がしてきました!

芸華祭ぶりに千雪と心がW出演する東京コレクションはどうなるのでしょうか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ