漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズ206話のネタバレと感想!ムーチョと忠犬して狂犬な三途春千夜

今回の記事では、2021年5月19日発売の週刊少年マガジン25号に掲載されている東京卍リベンジャーズ206話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

日向のいる現代にたどり着きつつも、闇落ちしてしまったマイキーを救うために、マイキーを探し続けた武道は、ついにマイキーとの再会を果たします。

しかし、マイキーは武道を銃で撃ち、屋上からの飛び降り自殺を図ります。

武道は瀕死ながらも割れた窓ガラスから手を伸ばし、落下中のマイキーの腕を掴むと、自分に助けを求めないマイキーに怒りをぶつけました。

武道の言葉に涙を流したマイキーが初めて武道に助けを求めると、マイキーとの握手がトリガーとなり、次の瞬間武道は2008年の6月へとタイムリープ!

そんな闇落ちしてしまったマイキーが率いていた犯罪組織梵天にてナンバー2を務めるのが三途春千代です。

三途はかつて東京卍會の伍番隊副隊長としてムーチョの下についていた男。

206話はムーチョと三途について書かれている番外編です。

2人の間にはどのような物語があるのか、206話を見ていきましょう!

東京卍リベンジャーズ206話のネタバレと感想

似た者同士

ある日をきっかけにマイキーに従ったムーチョは、東京卍會伍番隊隊長という居場所を得ました。

そんなムーチョにある時、マイキーがある奴を伍番隊で預かってほしいと言いだします。

生返事をするムーチョの前にマイキーが服の襟を掴み上げて連れてきた男こそが、三途春千代!

マイキーに離せよと訴える三途の顔には、口元に残っている印象的な2つの傷跡の他にもいくつか擦り傷がありました。

「他の隊では手が付けられない暴れ馬だ」

加えてマイキーは、ムーチョならどうにかしてくれるだろうという、信頼の言葉を口にしました。

こうして伍番隊に入った三途ですが、マイキーの言っていた通りしょっちゅう問題を起こす厄介者でした。

ムーチョは壁に叩きつけても睨みを利かせる三途に対し、居場所がないのかと問います。

そして三途は自分に似ていると語りました。

コミ太
コミ太
ムーチョは三途をマイキーに会う前の自分と重ねているのかな……

居場所

伍番隊はマイキーから内輪のスパイとして東卍を裏切る疑いのある者を調べるという特務が与えられており、ムーチョが随時マイキーへ報告していました。

ある日、ムーチョは三途と将棋を指しながら、今一番東卍を裏切りそうなのは場地だと言いきります。

総長であるマイキーの言うことを聞かず裏で何かやっている場地を、なぜマイキーが放置しているのか理解できないというムーチョ。

これに対し三途は、マイキーと場地は幼馴染だからだろうと言いました。

そして三途が一手指すと、ムーチョはその手を見て、三途が穴熊という戦法を使ったことに意外と手堅いなとリアクションをします、

「王が何よりも大切だからだ」

ムーチョはこの言葉を聞き、1人で四谷の暴走族と揉め事を起こした理由もその考えからかと問いました。

三途はこの問いに、東卍がダサいという言葉が耳に入り、ついカッとなったと答えます。

「王も大切にするべきだが、自分も大事にしろ」

ムーチョの言葉に三途はすみませんと謝罪を述べました。

そしてムーチョは将棋の盤面を見つめる三途の顔を見て、口元の傷で損しているからマスクをしろと、黒いマスクを渡します。

「ありがとうございます」

笑顔を浮かべながらマスクをつける三途。

三途はムーチョの想像以上に忠誠心が強く、度胸も喧嘩も強いため、半年ほどで伍番隊の副隊長となり、ムーチョも信頼を寄せていました。

また一人っ子である三途は、ムーチョを兄のように慕い、ムーチョの言うことに何も疑問を持たずに従う、ムーチョの優秀な右腕となっていました。

乾と九井をさらった時や武道をさらった時も、ただただムーチョの言うことに従う三途。

さらった武道から、マイキーや東卍を裏切ったのかと問われたムーチョが、マイキーと際に出会っていれば違ったかもしれないと答えた時も、三途は黙ってじっと見ていました。

その後、ムーチョは三途に、自分は東卍には戻らないから、三途は三途の道を行けと伝えます。

三途は自分で道を選ぶのならば、当然ムーチョについていくと笑い、ここが自分の居場所だと答えました。

その言葉を受けムーチョは口元に笑みを浮かべ、胸中で三途にありがとうとつぶやきました。

にゃん太郎
にゃん太郎
ムーチョがすっかり三途大好きマンになってるな

裏切り者

半年後、東京都鑑別所から出てきたムーチョを待っていたのは三途です。

三途は車を出し、ムーチョを関東事変の決戦の地となった第3埠頭に連れていきました。

この日を待ち焦がれた」

車を降りると、持ち物のバットのケースを開け、何かを取り出した三途。

そして次の瞬間、三途はなんと、この裏切り者がと言いながら、両手で持った真剣でムーチョを切りつけました!

「三途てめえ」

血が噴き出す傷口を抑えながら驚きの声を上げるムーチョ。

三途は、ムーチョが東卍を裏切った時から殺す機会を伺うためにムーチョを欺いていたのです。

「いつか将棋を指したときに王が何よりも大切だと言っただろう」

そして三途は過去にムーチョから貰ったマスクを取り、マイキーを裏切った日に既に詰んでいたのだとムーチョに悟らせ、もう一度切りつけました。

『裏切りの報いか』

そう心で呟き、涙ながらに死にゆくムーチョ…。

そして時は2008年となり、東京湾で白骨化した死体が見つかったというニュースが流れる街のスクリーンの前を、忠犬にして狂犬な三途が歩いていました。

コミ太
コミ太
ムーチョの涙が三途への想いを物語っていて、悲しいけどいいシーンだね
←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

三途を弟のように思い、心許していたムーチョと、ムーチョが東卍を裏切った時点から殺すタイミングを伺って付き添っていた三途との、対比が悲しい1話でしたね。

三途の王が何よりも大切といった考え方は、現代でのマイキーとの会話や、武道と遭遇した場面から、梵天になってからも変わっていないということが伺えます。

今回の1話で、三途がこれからのストーリーにどうかかわってくるのかも、より楽しみになりましたね!

来週はついに新編スタートということで、2008年の6月へとタイムリープした武道に、どんな出来事が待ち受けているのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ