漫画ネタバレ

彼女、お借りします185話のネタバレと感想!

こちらでは2021年4月21日発売の週刊少年マガジン21号に掲載されている彼女、お借りします185話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

千鶴に告白をする決意を固め、タイミングを見計らう和也ですが、アパートの階段ですれ違う千鶴の様子は少し暗く、また告白のタイミングを逃してしまいます。

そんな時、千鶴への告白を阻止するために監視を強めた瑠夏から電話がかかり、和也が昼間から告白をしようとしていたことを知った瑠夏は、監視が足りていなかったと感じ、和也の家に泊ろうと押しかけてきます。

一方、麻美に秘密をすべて知られていることを知り、その麻美から、和也から助けてあげると言われた千鶴。

いつ麻美が和也の祖母である和に秘密をバラかわからないという恐怖と、麻美の態度から和也には相談しづらいという悩みを抱え、1人でバッティングセンターに行き、考え込みます。

そして、もし秘密をバラされたときの自分についての想像をします。

その頃、和のもとには、麻美からの着信が入り、2人が通話を開始しました。

麻美は秘密をばらしてしまうのか、和也は瑠夏を説得できるのか、185話を見ていきましょう!

彼女、お借りします185話のネタバレと感想

瑠夏の特攻

和也が押しかけてきた瑠夏に、本気で泊まる気なのかと尋ねると、瑠夏はこのままでは1周年もお祝いできそうになく、自分がいない間に和也が行動を起こしてしまうかもしれないため、当然だといいます。

和也はお試しだから付き合ってはいないという認識ですが、瑠夏は付き合っていると主張し、濃密な夜を過ごすと言いだします。これに和也は、慌てて過ごしませんと否定します。

和也は千鶴が出かけていたからよかったものの、聞かれていたら大惨事だったと思考します。

そして、監視のために家に泊まりにくる瑠夏の特攻力に胸中で驚いを覚えつつ、前回瑠夏が家に泊った日のことを回想し、水原に心を決め、別れるといったため、泊らせることはできないといいます。

しかし瑠夏は、そんなことは既に知っている上、恋人をやめても良いという約束をした覚えはないと言います。

そう言われてしまうと和也には打つ手がありません。

頭を抱える和也に対し、瑠夏は先ほどのすれ違いざまに千鶴と何を話したのかと問いかけ、千鶴にも文句を言ってやろうとします。

和也は千鶴が今出かけていると答え、瑠夏は千鶴が出かけていることを知っている和也を、ストーキングしているのかと気味悪がります。

和也は見かけたのだと否定します。

瑠夏は、とにかくもう決めたのだと強引に部屋の中へと入り、和也はため息をついてどうすればよいのかと考えながら、瑠夏に続いて部屋に入ります。

どれだけ好きか

部屋に入るなり、瑠夏は和也に抱きつき、全力警備体制を取ります。

その必死さは、和也が暗くなってきたからと部屋の明かりをつけようとすると、電気をつけずに物音も立てないようにして、虚は帰らないことにしようと提案するほどです。

和也はくっついている必要はないのではと尋ねると、瑠夏はそれはそれだと話を濁します。

仕切り直して、瑠夏は机を叩き、本題に話を進めます。

瑠夏は淡々と、千鶴がレンタル彼女であること、和也と千鶴の関係はビジネスであること、千鶴の優しさは業務の一環でしかなく、個人的な交際を申し込むような重大な契約違反を行った場合、付き合うことはおろか、二度と会うこともできないだろうと説明をします。

その上で和也に、リスクを背負ってまで告白をするという決断をする経緯の説明を求めます。

和也は、瑠夏の説明は一理ありますが、告白という結論に至るまでの流れを事細かに説明するわけにはいかないと思考します。

瑠夏は、レンタル彼女のような会社は裏で怖い人と繋がっているため、契約違反をしたとなれば黒服の人がたくさん来て、拷問されるだろうと付け加えます。

和也は、それは偏見だろとツッコミを入れますが、瑠夏は告白自体がリスキーである上に成功の見込みもほぼ0だと言います。

そして、映画の件ではレンカノの一線を超えていたが、千鶴と千鶴の祖母小百合の夢のための協力関係であるため、親密度ではなく、傷心の千鶴をレンタルで元気づけたのは素敵だが、公私ともに支えようと考えるのは、また話が違うのではないかと言います。

さらに瑠夏は自分が心から和也のことが好きであることに間違いはなく、跡取りが欲しいというおばあさんの願いも、自分なら叶えてあげられると主張します。

和也はこの言葉を受けて、それは確かにそうかもしれないと感じますが、それでも和也の千鶴が好きだという気持ちは揺るぎません。

現状説明を終えた瑠夏は、だから今日は和也の家に泊まると話を飛躍させますが、和也は認めません。

すると瑠夏は先ほどまでの真面目な態度とは打って変わって、転がりまわりながら、放っておいたらいつどこで会うかわからず、和也が告白をしようとするから嫌だと駄々をこねます。

これに対し、和也は、瑠夏とのこともこのままにしていてはだめだとずっと考えていたといいます。

この言葉に瑠夏は一瞬きゅんとしますが、その結果が別れるになるならば自分のためになっていないといい、自分がどれだけ和也のことが好きかをわかっているのかと問います。

頬を赤らめる和也に対し、瑠夏は四つん這いで距離を詰め、和也が告白をしようなどと考えるようになったのは、自分のアピール不足だったのではないかと反省しているといいます。

和也はのけ反りながら瑠夏の気持ちは伝わっているといいますが、瑠夏はどんどん近づいてきます。

ついに和也が壁に後ろ頭をぶつけると、瑠夏は和也の頬を掴み、そのまま和也にキスをします。長いキスの最中はお互いが頬を赤らめ、和也の股間は膨らみます。

キスを終えると瑠夏は、おっとりした表情で自分が和也を好きであることを何度でも教えるといい、もう一度キスをしようとします。

その時、来客を知らせるチャイムが鳴ります。

和也は助かったとばかりに立ち上がり、勢いよくドアを開けます。

すると、ドアの前に立っていたのは、千鶴でした。

突然千鶴が現れたことに和也と瑠夏は驚きますが、千鶴の方も和也の部屋に瑠夏がいることに驚きます。

和也は告白の前に瑠夏と部屋で2人きりであったところを見られてしまったことに焦りを覚えます。

千鶴は瑠夏が短いスカートを履いていることを気にします。

瑠夏は立ち上がると、服装を整え、こんばんはと千鶴に挨拶をし、何の用かと尋ねます。

和也は堂々とした態度をとることで、マウンティングを取ろうとしている瑠夏の様子を見て、さらに冷や汗をかきます。

千鶴は下でばったり会ったと言い、その横から和也の祖母、和が姿を現しました。

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

相変わらず瑠夏の積極性はすごいですね(笑)

千鶴への告白がいかに間違っているかをプレゼンし、自分の思いを伝えるためにキスをするという、瑠夏ファンの人からは羨ましくて仕方のないような1話でした。

そして最後には、千鶴と和が現れ、ややこしい状況に陥りました。

麻美の動きに気を取られていたため、この形での修羅場を迎えることは予想外でした!

和也はこの状況をどう説明するのか、なぜ和が和也のアパートに来たのか、続きがとても気になります!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ