漫画ネタバレ

漫画「彼女、お借りします」184話のネタバレと感想!

こちらでは2021年4月14日発売の週刊少年マガジン20号に掲載されている彼女、お借りします184話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

木部から、和也のことを何よりも大切に思ってくれている祖母には、絶対に嘘をつくなと言われ、和也は改めて千鶴にしっかりと告白をすることを強く決意しました。

一方千鶴は、麻美からミスドに誘われ、麻美に仕事のことも映画のことも全部バレていることを再認識し、警戒をします。

そんな千鶴に対して、麻美は怒っているのではなく、和也に振り回されていることを心配しているのだと伝えます。

そして麻美は千鶴の手を取り、千鶴を和也から助けてあげるといいます。

和也を完全な悪役に仕立て上げようとする麻美に、千鶴はどんな反応をするのか、184話を見ていきましょう!

彼女、お借りします184話のネタバレと感想

告白のタイミング

1人部屋にいる和也は、カラーボックスの奥から千鶴とのツーショット写真を取り出し、写真の千鶴を見つめて改めて好きという気持ちを確認します。

その写真を再び片付けると、30分に1回この写真を眺め、ずっと千鶴のことを考えている自分を嘆きます。

木部と話したことで、告白をすることが最善策であることがより明らかになり、祖母に嘘をついていることにも、瑠夏との関係も、いつまでもずるずると続けるわけにはいきません。

和也はどうせ告白をするならば、成功して幸せになりたいが、そんな気が全然しないとぐるぐると足をばたつかせます。

しかし、後回しにした時人は子どもになるという千鶴の言葉を思い出し、もう子供には戻らないと決意し、その勢いのまま千鶴の部屋へ行こうと外に出ます。

すると、タイミングよく千鶴が階段を上ってきたところで、意表を突かれた和也は焦って姿勢を正します。

和也は今帰り?というように話しかけますが、千鶴の返事はそっけなく、表情も少し暗く、考え事をしている様子です。

和也は何かあったのかと気を遣いますが、その言葉にも千鶴はそっけない返事をします。

和也は千鶴のテンションが明らかに低いため、本当に今が告白のタイミングにふさわしいのか迷いますが、後回しにしないと決めたばかりであるため、告白を始めようとします。

するとその時、和也のスマホが鳴り、告白を邪魔します。電話をかけてきたのは、瑠夏です。

電話に気遣い、千鶴は戻るねと言って部屋に入っていきます。

監視

和也は、また告白ができなかったことを少し落ち込んだのち、瑠夏からの電話に出ます。

すると電話の向こうの瑠夏は、電話に出るのが遅いと怒ります。

そして瑠夏は、和也が別れてほしいといった日から、何も集中することができなくなり、前回は85点だった物理のテストで、27点を取ってしまったと文句を言います。

確かに和也は、別れ話をした日以来、瑠夏からのLINEの量が5割増しになり、電話も増え、より監視が強くなったことを実感していました。

瑠夏は和也に、まさか千鶴に告白をしようとしてたのではと問います。

和也はその勘の鋭さに言葉を詰まらせます。

瑠夏はその反応から、当てずっぽうで言ったのに、本当に真昼間から告白をしようとしていたのかと驚き、千鶴と一緒にいるのかと聞きます。

和也は瑠夏のリアクションに、もう我慢の限界なんだと思考しながら、今は一緒ではなく、アパートの通路ですれ違っただけだと答えます。

これを聞いて居ても立っても居られなくなった瑠夏は、今から和也の家に行くから、通話を繋いだまま、部屋でじっとしていろといいます。

和也は瑠夏の家から和也の家までが遠いため、繋いだままなんてできるわけないといい、何のためにくるのと問います。

瑠夏はこの問いに、監視に決まっていると答え、LINEだけでは足りなかったと反省をしており、この状況を放っておける彼女など居ないといいます。

しかし、母親が部屋に入ってきたようで、すぐにかけなおすといって、瑠夏のほうから通話を切ります。

和也は通話の切れたスマホを見つめ、瑠夏が相変わらず鉄砲玉であることに呆れます。

すると、再び千鶴が部屋から出てきます。先ほどあった千鶴は、大学に通う一之瀬モードの格好でしたが、今度は着替えてナチュラルモードであり、和也はその可愛さにドキドキします。

和也が手ぶら散歩するのかと問うと、千鶴はまた素っ気ない返事をして、じゃあ行くからとアパートを後にしました。

和也は道を歩いていく千鶴の姿を見下ろしながら、やはり千鶴に何かあったのではないかと思考します。

そして、とても告白をするような雰囲気ではないことに、ため息をつきます。

その後、和也の家を荷物がずっしり入ったリュックを背負って訪れた瑠夏は、何泊までなら泊ることが可能かと尋ねてきます。

和也は、照れ半分、引き半分の表情で「ええ!」と驚きの声を上げます。
その時の千鶴

出かけた千鶴は、1人でバッティングセンターに来ていました。他の客が可愛いと見惚れる中、千鶴は真剣な顔で、綺麗なバッティングを披露します。

その頭の中には、麻美から言われた、和也から助けてあげるという言葉が浮かんでいました。

千鶴は麻美が、形は分からないが秘密をバラす気でいることには間違いがなく、麻美がその気になってしまったら、自分たちには手の打ちようがないと考えます。

加えて言い方からして、麻美に和也とよりを戻す気はなさそうだと思考します。

麻美から言われたことは、麻美にも幸せになってほしいと思っているような和也には言いづらく、相談はできそうにありません。

麻美が未だに秘密をバラさないでいる理由がわかりませんが、バラす気でいることには間違いないため、千鶴は胸中に焦りを抱きます。

和也のために涙を流す和おばあちゃんや、和也を褒める木部の姿が脳裏に浮かび、秘密がバレてしまうことを恐れます。

バッティングをする頭の中には、和おばあちゃんの前で、和也の彼女だと名乗った秘密の始まりの日や、和也が告白のようなことを言いかけた日のことが回想されます。

そして、バットでボールを捉えながら、秘密がバレたときの自分について思考します。

その頃、和おばあちゃんのところに、麻美からビデオ通話がかかり、和おばあちゃんが、元気よく通話に応じていました。

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

瑠夏の勢いはさすがですね(笑)これから、千鶴と瑠夏のラストバトル的な展開も近づいているのでしょうか。

そして、レンタル彼女としての自分と、一人の女の子としての自分、秘密がバレてしまうことを焦りながら、自分がどうするべきなのか揺れ動く千鶴の様に、すごく惹きつけられました。

はやく告白して男見せろよ和也!!(笑)

和の元に麻美からの通話が入りましたが、麻美は秘密をバラすのか、麻美は何を考えているのか、和也の告白の行方はどうなるのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ