漫画ネタバレ

漫画「ランウェイで笑って」182話のネタバレと感想!

2021年4月7日発売の週刊少年マガジン19号に掲載されているランウェイで笑って182話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

育人は、ミルネージュが無くなったことで、調子を崩してしまった千雪のために、東京コレクションのコンセプトを千雪にし、さらにTGCのように一般客を入れるために、AB両ホールを使用したいと考えました。

そのために借金をすることと、SNSを利用して運営が無視できないような実績を作ることを決めます。

また、育人は美依から他のことで悩んでいるのかと問われ、心に東京コレクションでモデルをやってほしいと考えているが、心がモデルをやめたときの気持ちを知っているから、言い出せないというように話します。

その会話を隠れて聞いていた心は、悩みから吹っ切れた様子を伺わせます。

一方、BEYONDの一員として働き始めた研二は、次々と新規の案件を獲得していき、何かを企んでいます。

研二は何をしようとしているのか、182話を見ていきましょう!

ランウェイで笑って182話のネタバレと感想

研二の奮闘

千雪は事務所の前を訪れ、看板の文字がミルネージュからBEYONDになってしまった様子を見ながら、寂し気な表情を浮かべ、事務所を後にします。

その頃、研二は応接室にてBEYONDの担当者と話をしていました。

研二は、シャルロットのアジアでの認知度を上げるために、化粧品メーカーとのコラボに力を入れるべきであるという考えを明かし、既にコンタクトを取っているメーカーの資料を見せます。

担当者は、シンガポールのメーカーを最大手にしろと言いつつ、早くも中韓日のトップクラスのメーカーとのコンタクトが済んでいることに。

研二がBEYONDという大きな名前を得ると、こんなにも成果をあげてしまうのだという事実に驚きます。

足りない

美依は、SNSから実績を生み出そうという話になったことから、どんなことも活かせるようになるべくカメラを回しておくと言い、1人1人に向けてカメラを設置します。

花丘は自分に向けられたカメラをじっと見つめると、勢いよく立ち上がり、カメラに向けて数パターンのポージングを取り始めます。

この様子を見ていた育人は、変な人はSNS上でバズるのではないだろうかといいますが、美依が花丘の行動が面白いのは身内だけだと一蹴します。

SNS関連を任された美依は、キャッチーさやタイミングや物の良さといった様々な要素が噛み合わなければ、ファッションウィークの運営は動かないと思考。

バズらせようとしてバズらせることの難しさも相当であることから、SNS頼みは不確定要素が大きいため、運営の目に留まるような実績も、SNS戦略と並行して取りに行こうと考えます。

そして美依は実績のために様々なところへと営業に回ります。その胸中には今の方法や、量や、案件では足りないという焦りを抱えていました。

同じようにBEYONDとして営業を回り始めた研二も、足りないと焦りを抱き、どうすれば確実に目標に手が届くかを思考していました。

そんな時、作業中の育人のスマホに、一件の新着メッセージが入りました。

ダブルブッキング

ある日BEYONDJAPANに、シャルロットにダブルブッキングが起きたという連絡が入ってきました。

この日にダブルブッキングが確定するということを、推測済みであった研二は、その前日からNYへと出発し、既にオリヴィアとの面会に臨んでいました。

研二が時間を取ってもらったことにお礼を述べると、オリヴィアも丁度話したいと思っていたといいます。

アジアで精力的に活動をしているという話を聞いているという風に、オリヴィアが話し始めると、研二はすぐに申し訳ありませんと謝罪の言葉を言います。

オリヴィアの何に対しての謝罪なのかという問いかけに、研二がシャルロットのダブルブッキングの件ですと返すと、オリヴィアは眉間にしわを寄せ、わざとなのかを問いかけます。

研二は動じることなく、わざとではないが自分の判断ミスであるため、いかようにでも責任を取るつもりであるといいます。

オリヴィアは研二の言葉に、判断ミスねと考え込むようにつぶやきます。

研二はなぜダブルブッキングが起きてしまい、自分がどんな判断をしたのかを事細かに説明します。

研二は初めから、BEYONDという大きい名を手にすることで、これまで以上に仕事が獲得できることを理解していたため、それを活かす策を立てていたのです。

仕事をどんどん獲得することが自分の評価を上げることにも、シャルロットのスケジュールをコントロールすることにも繋がります。

研二は、並のモデルでは得られないシャルロットの仕事に、代役を立てなければならない場面を作れば、千雪にチャンスを与えられると目論んだのです。

ただ、無暗にダブルブッキングを起こして、自分の会社からの信用を落とすことを避けるために、シャルロットの仕事の中で千雪のためになるものを、慎重に1つだけ選んで穴を開けさせたのです。

その1つとは、「Ocelot」の特集ページです。
研二の説明を聞いたオリヴィアは、今後はシャルロットの仕事量を減らすように指示をします。
研二は承知しましたと返事をすると、手元のタブレットに電源を入れ、自分の不手際で開いてしまった穴であるため、代替案を用意してきたと告げます。

それは研二がBEYONDに入り、社長ではなく内部の人間となったからこそできる提示です。

研二はオリヴィアに、「Aphro I dite」の合同展示会にて、オリヴィアが注目していたデザイナーのことを覚えているかと問います。

そしてタブレットを指さし、そのデザイナーが「EGAO」というブランドを発足させたという説明を始めます。

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

目標達成のためにと様々なところを駆け回って、案件を得ようとしている美依と研二を見て、営業の大切さを改めて強く感じさせられました。

BEYONDの人が驚くほどの早さで仕事を獲得していく描写から、研二がどれだけすごい人なのかということも伝わってきました。

千雪のためにと緻密な計画を練りながら、仕事に奮闘する研二の様子は、とても覚悟が伝わってきて、感動させられますね!

オリヴィアに「EGAO」の売り込みを始めた研二ですが、プレゼンは上手くいくのでしょうか、そして育人たちのSNS戦略の行方はどうなるのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ