漫画ネタバレ

漫画「彼女、お借りします」183話のネタバレと感想!麻美の思惑

こちらでは2021年4月7日発売の週刊少年マガジン19号に掲載されている彼女、お借りします183話のネタバレと感想をお届けします!

前話までのあらすじ

恐らく麻美が和也と千鶴がまだあっていることに気づきながら、祖母と接触しているということを千鶴から聞かされた和也は、秘密がばらされてしまうことを危惧します。

千鶴に告白をしてしまおうかと考えますが、タイミングが悪いと考え、木部にもう一度詳しく麻美が祖母と接している様子を聞きます。

すると和也は改めて木部がいい友達であることを感じ、木部には秘密を明かそうとします。

しかし、話の中で木部が自分には話せて祖母の和に話しにくいということから、千鶴に関する話かと察します。

そして木部は、和が千鶴との結婚を願っているのは、和也の幸せを願っているからであることを伝え、和也に和には嘘をつくなとアドバイスをします。

一方、学校で麻美に遭遇した千鶴は、麻美から自主制作映画のことを知っていると明かされ、ミスドに誘われました。

麻美は何を考えていて、千鶴にどんな話をするつもりなのか、183話を見ていきましょう!

彼女、お借りします183話のネタバレと感想

きっかけ

麻美は大学の講義を受けているとき、出欠確認で教授に一之瀬ちづると名前を呼ばれる千鶴を、斜め後ろの席から見て、海であった人物であると思考します。

そしてちづるという名前から、和也の彼女と名乗った水原千鶴を回想します。

その後、クラウドファンディングのサイトで、一之瀬ちづるの映画を作るという企画を見つけ、実行者名が和也であることを見た麻美は、様々なことに気が付き、一言やってんなとつぶやきました。

覚悟

ミスドにて、席に座った千鶴にトイレから帰った麻美が合流します。

麻美はトイレが混んでいたことや、クーポンが今日までであることなど、千鶴に明るく話しかけ、席に着くとドーナッツを食べながら、そのままの明るいテンションで話を始めます。

麻美は、木部の手伝いでアプリ開発をしており、クラウドファンディングを調べていると、千鶴にたどり着いたので驚いたと話し、木部の目には止まらないようにしておいたと言います。

そして千鶴の祖母はどうなったのかを尋ね、千鶴が「結局……」というように答えると、表情を暗くして、ご愁傷さまですとリアクションをします。

ここまで話して飲み物を飲む麻美を見ながら、千鶴は仕事のことも映画のことも全部バレていることを再認識し、麻美は自分に何を話そうとしているのかと思考します。

そして、いづれの話題にしても、麻美が自分に怒っていることは間違いないだろうと考えます。

千鶴は麻美に、ご用件はと切り出します。すると、麻美はそんなに構えなくても大したことではなく、気になっていることがあるのだといいます。

身構える千鶴に、麻美は笑顔を崩さないまま、千鶴の目指す女優というものが、イメージ商売であり、レンタル彼女をやっていることはキャリアに傷がつくのではないかと問います。

この問いに対し千鶴は、レンタル彼女として働いているダイヤモンドがクリーンな会社であること、事務所にレンタル彼女をしていることを報告済みであることを伝え、それでも批判をされた場合の覚悟もできていると、真っ直ぐな目をして話します。

麻美は、この千鶴の様子を見て、再び笑みを浮かべ、強いとつぶやきます。

嘘を真実に

木部と別れた和也は、先ほど木部から言われた自分の幸せを願ってくれている人には、正直にいるべきだという言葉を回想し、またもや頭を抱えます。

そして和也は、今の状況が健全ではないこと、今日の様子から木部は、祖母に千鶴との本当の関係を秘密にしておくことに協力はしてくれないであろうことを思考。

もう自分には告白をして本当に千鶴と付き合ってしまうほかに、道が残されていないと覚悟を決めます。

相手は高嶺の花の千鶴であるため、和也にとってこの決断は玉砕覚悟のものであり、不安に駆られます。

しかし、上手くいけば秘密を明かしても悲しませずに済むと胸中で自分を鼓舞して、和也は帰路につきます。

木部はそんな和也の後姿を眺めながら、意味深に何かを考えていました。

麻美の思惑

次に麻美は映画のプロデューサーと女優が、どういう距離感なのかがわからないという問いかけをします。

この言葉に千鶴はこれが本題だろうかと、再び身を引き締めます。

そして映画製作においての和也との様々な場面を回想しながら、レンタル彼女と彼氏の際とは立場が異なる。

しかしプロデューサーとして真摯に対応してもらっただけであると説明します。

すかさず麻美は、和也の部屋で千鶴のバッグを見かけたことを話し、家に入ったのかと問います。

千鶴はこの問いを認めるわけにはいかないと考え、そのバッグは小道具として貸していた物だと説明をします。

そして千鶴は、以前麻美に和也とはもう会っていないと話したことを嘘だったと謝罪。

一度忠告を受けていたのにも関わらず、付き合いが続いていたことに不満を持つのは分かるが、和おばあさんのこととは別問題だと言います。

麻美は一瞬考えるように沈黙した後、笑みを浮かべて、日本酒にはまっていることや仕事の手伝いをしていることに嘘はなく、和と仲良くなったことに他意はないといいます。

加えて和は若い人の話も聞く付き合いやすい人であり、そのため騙されていることは可哀想に感じてしまうといいます。

千鶴が麻美の言葉に押し黙ると、さらに麻美は自分は怒っているわけではないといいます。
千鶴はこの言葉が意外であり、「え?」と声を漏らします。

麻美は、1年半もの時間、千鶴が和也のために家族や大学に嘘をついていることは、普通では考えられないような肩入れだといい、千鶴がそこまでする理由を考えていたといいます。

そして、最初はレンタル彼女としてデートをしているうちに情が湧いて、和也のことを好きになったのだと思っていたが、最近になってようやく本当の理由がわかったと笑います。

麻美は自分には、付き合っているときに優しくしていると、相手が調子に乗り、別れた後もストーカーのように付きまとわれてしまい、殺されていたかもしれないような経験があると話します。

続けて、男は単純なので恋人の時の好きをいつまでも信じて、ワンチャンあると考えるヤバさがあると語り、面倒な客につかまっても守秘義務があって何も言えなかったのだろうといいます。

そして麻美は千鶴の手を取り、千鶴が振り回される必要などないのだといい、自分が和也から助けてあげるため、全てを終わりにしようと言い放ちます。

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

千鶴が和也を好きであるということを言い出せないであろうことを活かし、和也をストーカーに仕立て上げ、2人を引きはがそうとする麻美の出方は予想外&恐ろしいものでした!

麻美が出てくると物語が大きく進むので面白いのですが、何をするのかわからない怖さもあるキャラなので不安にもなります(笑)

一方和也はここ数週、千鶴に告白する気持ちを固めることの繰り返しですね。

後に引けないような状況になりましたし、瑠夏とのことにもけじめをつけようとしましたし、一度告白をしかけてます。

いよいよだと思うのですが、和也の覚悟に麻美の思惑がどんな影響を与えるのでしょうか。

和也は想いを伝えることができるのか、麻美の言葉に千鶴はどうするのか、続きがとても楽しみです!

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ