漫画最新話ネタバレ

【隔週更新】墜落JKと廃人教師最新話55話のネタバレと感想!墜落灰仁と適当教師!?

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『花とゆめ』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

クローゼットにしまっていた灰仁の遺書を取り出し読み始める扇言。

それは灰仁の過去を綴ったもので、ところどころに小ボケも入っていました。

コミ子
コミ子
灰仁のボケに突っ込みながら読むのも大変そう(笑)。

それでは、2020年9月4日発売の花とゆめ19号に掲載されている墜落JKと廃人教師55話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

墜落JKと廃人教師55話のあらすじ

親を亡くし親戚の家に預けられながらもいい環境ではなく、孤独を感じていた若い頃の灰仁。

いかに楽に死ねるかを毎日考えるようになっていました。

ある日、学校の屋上の柵を乗り越え足元のはるか下を眺めながら立っている灰仁に声をかける人物が…。

墜落JKと廃人教師55話のネタバレと感想

灰仁の過去編スタートです!

学校の屋上から飛び降り自殺を図ろうとしていた灰仁に話しかけたのは”先生”でした。

「少年、今暇?」

長い髪を後ろに束ねた女性は煙草に火をつけ、屋上の柵を乗り越えて立っている灰仁と話始めます。

「君忙しいの?今何中?」

「…飛び降り…中…?」

先生は飛び降りを引き留めることもせず、自分の話をし始めました。

「今日の晩御飯、おでんと寄せ鍋どっちがいいと思う?」

非常勤のスクールカウンセラーの言葉とは思えません!

カウンセリングでもするのかと思ったという灰仁の問いに、17時以降は仕事はしないときっぱり言う先生。

『先生の第一印象は適当な人

灰仁は先生のいい加減さに釣られ、自分が置かれている現状について話はじめました。

母親が死んだのは誰の子か分からない俺を産んだ自責の念だと親戚に言われ続け、家庭内暴力も受け、その話は学校内でも広まり気持ち悪いということで友達もできない状態を…。

「はは、ある意味天街孤独」

自分がいなくても誰も困らないなら死んでもいいという灰仁に対し、先生は孤独は嫌なのかと聞いてきました。

「ということは少年…お前も独身は恥だと言うのか」

おひとりさまの何が悪いと切れだす先生。

『第二印象は話を聞かない人だった』

コミ子
コミ子
孤独と独身…そうきたか!!

灰仁は慌ててフォローを入れますが逆にマウントを取られる始末。

それでも最後に人と話せてすっきりしたと感じていました。

灰仁の表情を確認した先生は、話をまたもとの晩御飯の話に戻しおでんと寄せ鍋どっちがいいかと聞きました。

にゃん太郎
にゃん太郎
マイペースだけどこれも先生の話術の一つかな?

「じゃあ…あれ…キムチ鍋」

食べたことがないというキムチ鍋を口にした灰仁…食べたかったのでしょうか…?

「一緒に食べる?キムチ鍋」

「いいじゃん、死ぬのは明日にすれば」

凪真琴と名乗る先生は自分の名前を知っていました

強引に鍋へと誘われその日は飛び降りを止めますが、その後も何度も邪魔され、結局灰仁の自殺行為は全て未遂で終わることになりました。

『たしかこれが中学1年の頃のこと。こんな人にはなるまいと思っていたけどJKから見たら今の俺はどんな風に見えているんだろうか』

「似てる…」

灰仁の遺書を読みながら、真琴の先生イズムが灰仁に受け継がれているのだと扇言は納得していました。

しかしそれ以上に気になることが扇言にはあり…。

コミ子
コミ子
え…灰仁の過去より気になることって何??

灰仁は家のベランダで煙草を吸いながら物思いにふけっていました。

「仁さん、寝ないんですか」

詞は結局灰仁の家に泊まっていました。

「まだ僕の片割れのこと夢に見ますか?」

詞は灰仁の不眠症がずっと治っていないことにふれますが、灰仁はJKには言うなで終わらせます。

「それにしても寝れないのはかわいそうですね、寝させてあげましょうか?」

詞の提案は”殴って気絶させる”ことでした(笑)。

じりじりと灰仁に迫る詞…そんな時”実質嫁”から着信が…。

「……JK、もう読んだ…?」

真面目な顔つきで電話にでる灰仁。

しかし扇言からの電話の内容は、漢字の間違いとボケが多いことへのクレームでした。

しかもまだ読み終わっていません

さらに扇言と電話をしている最中に、灰仁を寝かせようと拳を飛ばす詞。

「電話中に殴りかかってくる!?お前ら兄妹に常識は通じないの!?」

常識が通じない”はブーメランのようです。

コミ子
コミ子
扇言も詞もマイペース過ぎ(笑)。
にゃん太郎
にゃん太郎
あっちもこっちも常識が通じない人ばかりで何が起こるか分からないね!

まとめ

真琴先生登場ですね!

どうみても灰仁が真琴先生に影響を受けているのは間違いありません。

適当で話を聞かない…まさに灰仁そのもの!!

それにしても”鍋”や”暴”の漢字が分からず遺書の端っこで漢字の練習や走り書きをするのもどうかと思いますが…。

扇言が読んでる途中でクレームをつけたくなるのも分かります(笑)。

次号の展開も楽しみですね!

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『花とゆめ』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!