漫画ネタバレ

フルーツバスケットで透が敬語を使っている理由は?父親や母親についても

1998年〜2006年にかけて「花とゆめ」で連載されていた「フルーツバスケット」

そのヒロイン・本田透は、「ど」が付くほどの天然で周りを癒してくれます。

家事がとても得意でお母さん気質な心優しい女の子ですが、彼女がいつ誰に対しても敬語を使う理由が気になりませんか?

それには、亡くなった透の両親が関係していました。

今回は、透が敬語を使う理由、そして彼女の父親と母親についてご紹介します。

透が敬語を使う理由は?

年上にはもちろん、年下にも欠かさず敬語を使う透ですが、そのきっかけは父親と母親にありました。

母親の今日子は、透の父親・勝也が風邪で亡くなったとき、ショックのあまり家を出てしまいます。

幼い透はどうすれば今日子が帰ってくるのか考え、様子を見に来た祖父に聞きました。

「お父さんに似てないからがっかりしてるの?そっくりになればお母さんげんきになる?どこへもいかない?」

コミ子
コミ子
心無い親戚の人たちが「勝也に少しも似てやしない」と言っていたことに対し、今日子ががっかりしているのではないかと思っちゃったのね。

そして透が考えた答えは「敬語」でした。

透の記憶にある父親は、いつでも敬語を使っていたからです。

そうすれば今日子も、自分と勝也の子どもだと思い帰ってきてくれる。

少しでも似ていると思ってほしくて、二人の子どもなんだと信じて欲しくて、お母さんまで連れて行かないでほしくて・・・

追記1★このように考える透に対し、恵都さんはどのように感じましたか?あなたのコメントを入れましょう。

帰ってきた今日子はそれを察し、否定も肯定もせずに透を受け入れ二人暮らしが始まったのです。

追記2★透の気持ちを察した今日子に対し、恵都さんはどのように感じましたか?あなたのコメントを入れましょう。

父親と母親の出会いについて

透の大好きな家族、勝也と今日子。二人共亡くなってしまいましたが、透の心の中で行きています。

ここでは、そんな二人の出会いについてご紹介します。

父親の七光りで新米教師をしていた勝也は、今日子の通う中学校に研修生としてやってきました。

一方、その頃の今日子はレディースに所属するなど誰にも手がつけられない程の問題児。

ある日珍しく学校に出ていた今日子は、偶然にも勝也と出逢います。

パイプ椅子を持ち暴れていたとき、教師たちは「親に連絡する」と言い退散してしまったのに、勝也たった一人だけ残っていました。

そして勝也は、今日子に対してそっと囁いたのです。

追記3★勝也は何と囁いたのですか?そしてその言葉や対応に対し、恵都さんはどのように感じましたか?あなたのコメントを入れましょう。

その言葉に涙して自分を戒める今日子。

似たような境遇だった勝也は、そんな今日子を「好きだ」と感じました。

にゃん太郎
にゃん太郎
それから勝也に次第にかれていった今日子は、よく学校へ来るようになったんだよ。教室には入らなくても、勝也ただ一人に会いに来てたんだ。

追記4★今日子の変化に対し、恵都さんはどのように感じましたか?あなたのコメントを入れましょう。

「眉無しさん」と、勝也は今日子のことを愛情をこめてそう呼んでいました。

勝也を好きと認めた今日子は、高校に進学することを決め、レディースから抜けることも決意します。

しかしレディース仲間から暴行され受験も出来ず、親からは勘当を食らってしまいました。

そんなとき、勝也が迎えに来たのです。「結婚を望む」とはっきりと伝えて。

追記5★このときの勝也の登場、対応に恵都さんはどのように感じましたか?あなたのコメントを入れましょう。

今日子は、勝也と共に家を出ました。

今日子は「同情はいらない」と涙しましたが、勝也はただただ今日子が好きで、一生そばにいたいと思ってそうしたのです。

そして二人は葛藤や困難を乗り越え、透が生まれます。

三人で幸せな日々が続くと思っていたのに・・・本田家に不幸が訪れました。

勝也が出張先で風邪をこじらせてそのまま亡くなってしまったのです。

勝也の体調に気づけなかった自分を責めて欲しいと、後悔の念で今日子は壊れてしまいます。

やがて冷静になり幼い透を一人残して出てしまったことに気づいた今日子。

全速力で帰宅すると、そこには勝也と同じく「敬語」を使う透がいました。

追記6★勝也と今日子の出会いから別れまでのエピソードに対し、恵都さんはどのように感じましたか?あなたのコメントを入れましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

透の敬語は父親の勝也の影響だったのですね。

心無い親戚の言葉は、幼い透にとってとてもショックだったでしょう。

しかし透は自分で考え、今日子も透の気持ちを察します。このエピソードは◯巻に載っていますが、何度読んでも泣ける話です。

追記7★何巻に載っているか教えてください↑

また、透に対する愛情が一層深くなりますよ。

フルーツバスケットは楽しく笑えるエピソードも多いですが、それぞれの家庭環境で悩み苦しむキャラクターもたくさんいるので、暗いエピソードも多いです。

ただ、みんな前に進もうとしている。そんな姿に読んでいるこちらも心動かされます。

どんな過去があっても前に進んでいくキャラクターたちに、勇気をもらえる漫画です。

アニメ化もされていますが、ぜひ原作漫画も読んでみてくださいね。