漫画ネタバレ

彼女、お借りしますの171話のネタバレと感想!ちづるからのお誘い!!?

るかとのデートの後、その関係をどうするか悩む和也。

その時・・・携帯にはちづるからのメッセージが!!?

それでは、2021年1月13日発売の週刊少年マガジン7号に掲載されている彼女、お借りします171話のネタバレと感想をお届けします!

彼女、お借りします171話のあらすじ

ちづると喫茶店に入った和也。

緊張で黙り込む和也に、ちづるが話した言葉とは・・・!?

彼女、お借りします171話のネタバレと感想

喫茶店に向かって歩く和也とちづる。

和也の前を歩くちづるは、鼓動を高鳴らせて記憶をたどっています。

 

思い出しているのは、みにの言葉・・・。

和也は女性として、ちづるが好き!?

 

さらに、公園で和也が語った言葉が浮かんできます。

「俺の、理想の女性はさ・・・」

 

和也が語った理想の女性は、まちがいなく自分だと気付いているちづる。

そんな2人は、喫茶店に入るとコーヒーを頼みました。

 

緊張しながら和也が座っていると、聞こえてくるのは周囲の声・・・。

ちづるを見た男性客からは、いつも通り絶賛の声が相次いでいるのです。

 

羨望の眼差しを受ける和也は、この状況を整理し始めます。

「デート・・・だよなこれっ・・・!!!?」

顔を真っ赤にし、そう心の中で叫ぶ和也。

 

レンカノでのデートとは違い、今回は時間を作っての待ち合わせ。

この状況を、和也はデートだと確信しています。

 

そんな状況に動揺し、黙り込む和也。

一方のちづるは・・・。

「その・・・るかちゃんとは・・・どうなの?」

そう尋ねてきました。

 

るかとの関係を、突然聞いてきたちづる。

お試しの彼女から、進展があったのか気になっているようです。

 

「いや・・・やっぱ好きまでは・・・」

ちづるの問いに戸惑いながらも、そう返す和也。

その言葉と同時に、心の中ではこう考えています。

「ていうか俺は、水原が・・・」

 

ただ、和也の思いはちづるには届いていません。

和也の答えに対し・・・。

「そっか・・・」

ちづるはそう答え、黙り込んでしまうのでした。

 

にゃん太郎
にゃん太郎
これは・・・るかとの関係が気になっているんだよね!?
コミ太
コミ太
それは和也のことが気になっているとの同じだよ!!

 

暫く続く沈黙・・・。

謎の沈黙に、和也は驚きを隠せません。

 

るかのことを聞くためだけに、自分を呼び出したのか!?

そうであれば、LINEで済む話しです。

 

そんなはずはないと、自分に言い聞かせる和也。

ただ、ちづるの気持ちを察して下を向きました。

 

「こんな事聞くってことは、水原は俺達の背中を押すスタンスってことだよな・・・」

ちづるは和也とるかの関係を推し進めようとしている・・・。

そう感じてしまう和也。

 

それと同時に、流石の和也でも別の可能性を感じてしまいます。

ちづるのいつもと違う様子を見て・・・もしかすると、るかとの関係を気にしている・・・!?

和也が顔を真っ赤にし、そう感じた瞬間・・・。

 

「あのさ・・・これ」

ちづるはそう言って、封筒を取り出しました。

 

前回の励ましデートでの出費を気にし、ちづるはお金を用意していたのです。

突然出てきたお金に、表情を一変させる和也。

 

デート中に本心をさらけ出したことを、ちづるはプロ失格だと感じていました。

「あなたにあんな事言わせるなんて、隠しきれてなかったってことでしょ?」

そう言って、迷惑をかけたという雰囲気を出します。

 

その言葉に耐え切れず・・・。

「馬鹿!!」

思わず、そう叫ぶ和也。

 

むしろ差し出がましいことをしたと感じていた和也は、プロ失格など微塵も思っていません。

小百合おばあちゃんの死を知っているという状況で、何かしたいと感じていたのは事実・・・。

 

前回のデートを振り返って、和也はこう話しました。

「嬉しかったんだ・・・何か、力になれた気がして・・・」

 

興奮して話す和也に、落ち着くよう勧めるちづる。

「なんかそう言われる気はしてた」

そう言って、差し出した封筒を引っ込めます。

 

「今更強がっても仕方ないよね・・・私ちょっと弱いかも」

ちづるはそう話し、和也に笑いかけるのでした。

 

スッキリとした表情に変わり、喫茶店を後にするちづる。

和也が財布を出すと、会計は自分がすると言い張ります。

 

笑顔で話すちづるを見て、あることを感じる和也。

かつて、ちづるを弱い女性だと話した小百合おばあちゃん。

今、ちづる自身も自分の弱さを感じています。

 

ただ・・・和也は、やはりちづるを強い女性だと思うのです。

「99%強くて、1%弱い。その1%の拠り所になれたら・・・」

和也はちづるを見つめながら、そう感じるのでした。

 

「それじゃ、また」

店を出て、和也と別れようとするちづる。

時間はお昼時になっています。

 

一方の和也は、覚悟を決めた和也は・・・。

「ご飯っ!!行かないっ!!?」

去ろうとするちづるに向かって、そう叫んだのです!!

←前話 全話一覧 次話→

 

まとめ

ちづるの本心が出始めたようです・・・。

ただ、関係が進展する程ではありませんでした。

そんな止まった関係を動かそうと、覚悟を決めた和也。

ちづるは和也の申し出を、受け入れてくれるでしょうか!?

今すぐ無料で漫画を5巻〜6巻GETできる!

 

\14日間無料+初回3,000P/

クランクイン!コミックで6巻無料で読む

業界No1のポイント還元率

 

今すぐ無料で漫画を1巻〜3巻GETできる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXTで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回600P/

music.jpで1巻無料で読む

 

\30日間無料+初回675P/

コミック.jpで1巻無料で読む

 

漫画10,000円分が実質30%OFFになる!

 

\Kindleよりも圧倒的にお得/

まんが王国公式サイトへ

毎日最大50%ポイント還元

 

U-NEXTは漫画の続きをアニメで楽しめる!

 

\31日間無料+初回600P/

U-NEXT公式サイトへ