漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの187話のネタバレと感想!稀咲の気持ち・・・。

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

天竺との抗争を終え、描かれるのはそれぞれのその後・・・。

そんな中、マイキーは何かを決意するのでした。

2020年12月23日発売の週刊少年マガジン4・5号に掲載されている東京卍リベンジャーズ187話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ187話のあらすじ

自身の悩みを、千冬に打ち明ける武道。

一方のマイキーは、武道を呼び出し・・・。

東京卍リベンジャーズ186話のネタバレと感想

河原で石を手に取り、水切りをする千冬。

「見た!?12回」

はねた回数を数え、武道に話しかけます。

しかし・・・武道は千冬を見ようともせず、空返事を返しました。

 

「まぁそりゃあ・・・気持ち晴れねぇわな」

武道の様子を見て、そう呟く千冬。

土手に座る武道の横に立ちます。

 

そんな千冬に対し、武道はある疑問を話しました。

「稀咲ってどんな奴だったんだろう?」

 

意外な名前が飛び出したことに、驚く千冬。

そんな千冬に、武道は本心を語り始めます。

「勘違いしてた・・・稀咲はタイムリーパーなんかじゃない」

 

武道の言葉に、千冬は声を出して驚きました。

自分とは違い、たった1回の人生で日本一の不良となった稀咲。

話を聞き、千冬は息を飲みます。

 

稀咲の気持ちになってみると、武道には思うことがありました。

日本一の不良になるために、稀咲は何度震える夜を過ごしたのか・・・。

「だってアイツ、喧嘩弱いんだぜ?頭と度胸だけで上り詰めた・・・」

 

そんな稀咲に対し、こう話す武道。

「すごい奴だ・・・」

 

ただ、千冬はその意見を否定します。

「すごかろうがなんだろうが。アイツはクソヤローだ!!」

今まで稀咲がやってきたことを考えると、死んで当然だと話す千冬。

 

すると、武道はいきなり立ち上がりました!!

「うおおおおおお!!!」

 

叫びながら、川に向かって走り出す武道。

そのまま、川に飛び込んでしまったのです。

 

「タケみっち!!?」

上がってこない武道を見て、叫ぶ千冬。

 

暫くすると、武道が顔を出します。

そして、稀咲について語り始めたのです。

 

今でも稀咲を憎いと感じ、好きにはなれない・・・。

ただ、彼のやってきたことは全てヒナのためでした。

さらに、武道をリスペクトしているとも語ったのです!!

 

「だからさぁ・・・オレ、もっとアイツと向き合いたかった!!」

稀咲の言葉や行動を思い出し、そう叫ぶ武道。

 

そんな武道を見て笑顔に変わった千冬は、こう語りかけます。

「少しは晴れたか?気持ち」

 

涙を流して振り向いた武道は・・・。

「なんか・・・やるせねぇよ・・・」

そう返しました。

 

ここに来て、武道の気持ちを理解した千冬。

「どんな悪人でもさ・・・知っている奴が死ぬのはしんどいな」

そう呟きます。

 

コミ太
コミ太
あの日、稀咲のことを武道は初めて知ったんだ・・・
にゃん太郎
にゃん太郎
ずっと悪者だと決めつけ、向き合えなかった後悔があるんだね・・・

 

千冬とのやり取りから、数日後・・・。

武道はいつもの神社を訪れています。

 

そこで待っていたのは・・・・マイキー!!

「オマエと2人で話したかったんだ」

武道を呼び出したマイキーは、そう言って話し始めました。

「聞かせてくれ・・・未来から来て、今まで何をしてきたか」

まとめ

優しすぎる武道は、稀咲のことにも後悔しているようです。

同じ女性を愛したのに、分かり合えなかった・・・。

いや、理解しようとしていなかったのでしょう。

千冬に思いを打ち明け、少しはスッキリしたのでしょうか?

そんな武道を飛び出し、質問をぶつけるのはマイキー。

あの覚悟は、未来の出来事を知ろうとする覚悟・・・!?

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼<

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!