漫画ネタバレ

東京タラレバ娘シーズン2第15話のネタバレと感想!森田の夢とともに

▼東京タラレバ娘シーズン2を読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『Kiss(EKiss)』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

店長とよしお2号の話し合いに挟まれ有頂天だったものの、2人とも自分を好きなわけではないことに気づかされた令菜。

よしお11号には、よしお2号とキスすることを次の作戦として勧められたのですが…?

それでは、2020年11月25日発売のKiss(EKiss)1月号に掲載されている東京タラレバ娘シーズン2第15話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京タラレバ娘シーズン2第15話のあらすじ

店長もよしお2号も自分のことを好きではない。

そう悟った令菜は、よしお11号とともに次の作戦を考えます。

その作戦とは、『よしお2号とキスすること』。

よしお2号にキスをどう迫るか考えている令菜のところに、森田から連絡が入ります。

連れていかれた先で森田の夢を知った令菜は…?

東京タラレバ娘シーズン2第15話のネタバレと感想

店長とよしお2号が自分を巡ってバトル。

そんな夢のような時間もつかの間、令菜が気づかされたのは、2人とも自分を好きではないということでした。

自分がつまらない人間だから恋が始まらない

そう思った令菜は、よしお11号と次の作戦を練ります。

よしお11号が提案してきたのは、『よしお2号とキスすること』。

生物学的な相性を見極めるのに有効な方法なのだそうです。

2号のところへキスしに行こうと張り切っている令菜のところに森田から連絡が入ります。

間を置くことなく現れた森田は、令菜を遠出に連れていきました。

着いたのは海の崖の上です。

青い空と波しぶき、眼下には絶景が広がっています。

森田の夢は、『毎日海を見ながら暮らす』こと。

それを叶えるために、この土地を買おうとしているのでした。

リビングに大きいガラスを入れて、海辺のホテルみたいな窓を作り、そこに人を招いて酒を飲む。

そう森田は語るのでした。

コミ子
コミ子
だから40歳にもなって未だに実家暮らしなんだね。
にゃん太郎
にゃん太郎
堅実にお金を貯めてるってことだよね!

森田の夢に触発されて、令菜の夢も広がります。

令菜の脳内には、海辺でバーベキューをする自分たちの姿が現れました。

火おこしをしているのは店長です。

なぜか店長の姿ばかりがちらつき、2号の姿は出てきません

やっとの思いで2号の姿を想像しましたが、火おこしもせずボーっとビールを飲んでいる姿なのでした。

何度イメージしても店長の姿しか出てこない…けれど、超楽しい!

令菜はなるほどと思いました。

タイプじゃなくてもイケメンじゃなくても、この人となら楽しそうだなって思えることが大事なのだと。

コミ子
コミ子
2号は優しいし顔も好みだけど、結婚には向いてないよね~
にゃん太郎
にゃん太郎
令菜が築きたい家族の姿を実現してくれそうなのは、店長だね~経済面も心配ないし。

よしお2号が他人のままで終わるのか確かめる。

そのためにはキスを…2号の元へ向かう令菜なのでした。

まとめ

森田の夢を聞き、令菜の夢も実感をもって考えられるようになりました。

よしお2号では令菜の夢を叶えられそうにない、でも店長なら…と、自分の夢の実現させてくれる方を真剣に考え始めたということですね!

恋心をもつよしお2号か、夢を実現させてくれそうな店長か、令菜の悩み方が恋から結婚に
シフトしたように思います。

はたして令菜はよしお2号にキスできるのか、次の展開が楽しみです!

▼東京タラレバ娘シーズン2を読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『Kiss(EKiss)』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!