漫画ネタバレ

彼女、お借りしますの166話のネタバレと感想!鉄の女、再び

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

ちづるのことで悩む和也の前に現れたのは、おっ世界のお隣さん、みに。

イケイケのみにから和也は逃走しますが・・・その直後、みにとちづるが偶然出会ってしまします!

それでは、2020年11月25日発売の週刊少年マガジン52号に掲載されている彼女、お借りします166話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

彼女、お借りします166話のあらすじ

偶然出会ったちづるとみに。

その後、ちづると和也も偶然出会うことに・・・!!?

彼女、お借りします166話のネタバレと感想

みにから逃げるように部屋を出た和也。

その後、和也はお母さんと出会っています。

 

近くに来た母さんが持ってきたのは、桃の差し入れ

その桃を見つめ、和也は何かを考え込むのでした。

 

一方、ちづるとみには・・・。

「今日も綺麗っスね!!」

部屋の前で偶然出会い、みにがそう話しかけます。

 

そんな会話から入り、和也との関係を尋ねようとするみに。

しかし・・・あることに気がつきました。

 

「不謹慎では!!?」

心の中で、そう叫んだのです。

 

祖母を失ったばかりのちづるに対し、興味本位で入り込む話題ではない・・・。

みにはそう感じ、考え始めました。

 

そんなみにの様子に疑問を感じながらも、その場を去ろうとするちづる。

「ごめん、私急ぐの」

そう言い残し、どこかへと向かっていきます。

 

1人残された、ちづるに警戒されていると感じるみに。

和也の協力者・・・。

そう思われていると感じたことで、何もできなくなるのでした。

 

コミ太
コミ太
警戒してるのかな!?
にゃん太郎
にゃん太郎
あんまり話したくないって感じだったね・・・

 

一方、桃を受け取って自宅に帰る途中の和也。

「水原、今も部屋でヘコんでんのかな・・・?

そう考え、昨日の事を思い出します。

 

自分の胸で、泣き続けたちづる。

人前では気丈に振る舞っているものの、本心では苦しんでいる・・・。

そう感じた和也は、今後のことを予想します。

 

「あれだけの事があったし、水原からも接触がありそうだけど・・・」

そんな期待をする和也。

 

どっちにしても、ちづるを励ませるのは自分だけだと感じます。

そんなことを考えている間に、和也は自宅に到着。

 

もらった桃を見つめ、何か向こうからも相談してほしい・・・。

力になりたい・・・。

和也はそう考え、ある決意を固めました。

 

「おすそわけ・・・!」

そう自分に言い聞かせ、桃を持って外に出る和也。

 

これなら下心はないと、自己弁明しているのです。

そんな和也が外に出ると・・・偶然、アパートに戻ってきたちづると鉢合わせました。

 

動揺する和也ですが、勇気を出して話しかけます。

ただ・・・気まずくなり、黙ってしまう和也。

 

「きっ・・昨日のことなんだけどさ・・・・」

和也が話し始めた瞬間・・・・。

 

「来週ね」

そう言って、ちづるが和也の言葉を遮りました。

ちづるは、来週の上映会の話しを始めたのです。

 

上映会の着ていく服を作中の主人公に合わせようと、和也に相談するちづる。

「えーーーーーっ!!!??」

話しを聞いている和也は、心の中で叫び声を上げました。

 

ラストシーンに合わせて青色にするか、ファーストシーンの赤色か・・・?

ワンピースにすることだけは決まっていると、ちづるは話します。

 

そんな話しは頭に入ってこない和也は・・・。

「ああ・・・どっちでもいいんじゃないかな?」

そう話すのがやっとでした。

 

ちづるに責められ、青がいいと答える和也。

「青かー・・探してみるね!」

ちづるはそう話し、さっさと部屋に引き上げていきます。

 

桃を渡すこともできず、立ち尽くす和也。

「どういう、事だよ・・・」

そう呟き、1人頭を抱えました。

 

昨日の今日で、あの反応・・・。

もしかすると、昨日の涙は演技だったのではと感じます。

ただ、流石にそれは考えすぎだと自分に言い聞かせました。

 

「支えたい・・・これからも・・・」

やはり、ちづるのことを考えてそう思う和也。

 

それでもちづるの反応を思い出すと、もどかしくて恥ずかしくなるのです。

声にならない声を上げた和也は・・・何度こんな感情になればいいのかと呟くのでした。

 

コミ太
コミ太
またしても、隙のない鉄の女だね!
にゃん太郎
にゃん太郎
ちづるに可愛い乙女を期待する方が難しいよ!強い子だからね!

 

その頃、仏壇にゼリーを供えているちづる。

そこには、亡くなった祖母と祖父の遺影が並んでいます。

 

小百合おばあちゃんの写真を見つめ、ちづるは口を開きました。

「天国から見えるなら、全部知っちゃったかもね・・・」

和也との関係はレンタル彼女だと、ちづるは打ち明けたのです。

 

その後、昨日のやり取りを小百合おばあちゃんに向かって話すちづる。

和也の欠点を並べ、夢見がちで周囲が見えていないと話します。

 

「でも不思議ね・・・」

ちづるはそう呟き、本心を吐き出しました。

「それまでは寂しくて死んじゃうかと思ってたのに・・・なんだか泣いたら、すっきりしちゃった」

笑顔で、そう話すちづる。

 

「俺の、理想の彼女はさ・・・」

そう言って話し始めた和也を思い出し、暫く黙り込みます。

 

その後、天井を見て呟くのでした。

「あーあ・・・変なのっ」

まとめ

それぞれの思いを持ちながら、決して表には出そうとしない和也とちづる。

2人の関係は近づいているものの、決め手がありません。

上映会が、そのきっかけとなるのでしょうか!?

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!