漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの183話のネタバレと感想!的外れな思惑・・・。

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

稀咲が本当にこだわっていたのは・・・マイキーではなくヒナ!!?

ずっとヒナが好きだった稀咲は、ヒナを手に入れるために周囲を利用していたのです!!

2020年11月18日発売の週刊少年マガジン51号に掲載されている東京卍リベンジャーズ183話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ183話のあらすじ

稀咲の本当の狙いを知った武道。

そんな武道がとった行動とは!?

東京卍リベンジャーズ183話のネタバレと感想

それは、稀咲が中2の夏・・・。

彼はある場所を目指す道中、偶然武道とすれ違います。

 

武道を見て、心の中で呟く稀咲。

「見ろ!花垣武道。オレは愛する女のために、生まれ変わったぞ・・・」

 

一方の武道は、どうみても不良と化した稀咲に・・・気が付くことはありませんでした。

 

稀咲は武道の背中を見つめ、呟きます。

「オレはオマエを越えてやる」

 

日本一の不良になると話した武道の夢は漠然としている・・・。

稀咲はそんな武道を見下し、自分が日本一の不良になるための計画を実行し始めました。

 

その為に必要なピースは、佐野万次郎

武道とすれ違った稀咲が向かっていたのは、マイキーのところだったのです。

 

日本一の不良になるため、初めからマイキーを操ろうと考えていた稀咲。

マイキーを媒体として、自分の目的を成し遂げようとしていました。

 

この計画にかかる時間は10年

まず、マイキーの信用を得るのに1年をかけます。

その後、完全に操るには更に2年。

そして東京を制覇するまでに更に3年・・・。

最後の4年間で日本を牛耳り、10年後には日本の頂点に立つと稀咲は考えていました。

 

自身の10年計画を口にした稀咲は、武道に銃口を向けて宣言します。

「そしてオレは・・・晴れて橘日向と添い遂げる

 

コミ太
コミ太
ヒナちゃんは日本一の不良が好きだと思ってるのかな?
にゃん太郎
にゃん太郎
それなら武道とは付き合わないよね・・・

 

稀咲の自己中心的すぎる言葉を聞き、怒りの表情を浮かべる武道。

一方の稀咲は、的外れな怒りを武道にぶつけます。

「なのにテメェは何度、オレの邪魔をした?あ!!?」

 

稀咲の本当の目的を知った武道は・・・怒りのあまり、涙を流し始めました。

「フラれた腹いせに・・・ヒナを殺してたのか?」

 

武道の言葉を聞き、黙ってしまう稀咲。

「何度も何度も・・・」

涙を流す武道は、稀咲を睨みながら話します。

 

そんな武道に、稀咲はなんとか言い返しました。

「橘はオレの女だ!!テメェになんか渡さねぇ!渡すぐらいなら殺してやる!!」

 

ヒナを愛していると話す稀咲は、自分に振り向いてくれない原因は武道にあると叫びます。

原因はオマエだ!!尊敬してたのに裏切りやがって!!早く殺すべきだった!!」

 

稀咲がそう叫んだ瞬間・・・。

武道は稀咲の手にある銃を、蹴り上げました。

銃は宙を舞い・・・地面に落ちます。

 

その銃を手にしたのは武道・・・。

手にした銃を稀咲に向け、武道は口を開きます。

「はじめから・・・こうするべきだった」

 

武道に銃口を向けられ、目を見開く稀咲。

全てを悟ったような表情を浮かべる武道は・・・こう呟きました。

「死ね」

まとめ

稀咲が全てを支配しようとした理由は、愛する女性を自分のモノにするため・・・。

子供じみた理由ですね。

まず、ヒナは日本一の不良が好きなわけではありません。

それなら武道と付き合わず、マイキーを好きになっているはずです。

そんなことも分からないとは、稀咲はバカなのでしょうか!?

ただ、武道は稀咲に対して絶望的な感情を抱いたようですね。

武道が選んだのは、殺すという選択肢・・・。

次回、武道は引き金を引くのでしょうか!?

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼<

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!