漫画ネタバレ

東京卍リベンジャーズの182話のネタバレと感想!稀咲の思い!!

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

未来から来た事実を、口にした武道。

その言葉を聞いた稀咲は・・・ニヤリと笑います!!

2020年11月11日発売の週刊少年マガジン50号に掲載されている東京卍リベンジャーズ182話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

東京卍リベンジャーズ182話のあらすじ

武道が見たのは、未来の稀咲・・・。

そこで、稀咲の本当の狙いが明らかとなります。

東京卍リベンジャーズ182話のネタバレと感想

駐車場で、稀咲と対峙していた武道。

そんな武道の目には、ある光景が浮かんできます。

 

雪が降る中、立っている2人の男女・・・。

その1人は、ヒナでした。

 

不思議な光景を見た武道ですが、稀咲の笑い声で我に返ります。

「そうか!そういう事か!!」

武道がタイムリープしているという事実を知り、全てが腑に落ちた稀咲。

 

そんな稀咲に向かって、武道は尋ねました。

「稀咲!オマエは何でヒナにこだわる?

 

武道の言葉を聞き、稀咲は黙り込みます。

マイキーに固執している稀咲が、東卍をほしがるのは分かる・・・。

しかし、これだけは分からない武道。

 

「なんで毎回、ヒナを殺す?」

武道が質問しても、黙っている稀咲。

 

しばらくすると・・・。

「そうか・・オレは失敗したんだな」

そう呟きました。

 

稀咲の呟きに疑問を抱く武道。

次の瞬間・・・再び、武道はあの光景を見ます。

 

雪の降る中、ヒナの前に立っていたのは稀咲!!?

稀咲はヒナに向かって・・・指輪を差し出していたのです!!

 

受け取ってもらえると確信した表情で、指輪を差し出す稀咲ですが・・・。

「ごめん」

ヒナはそう答え、去って行きました。

 

その景色を見て、武道は全てを悟ります。

「オマエ・・・もしかして、ヒナの事が・・・」

 

武道がそう話した瞬間、拳銃を取り出した稀咲。

「オレとオマエの因縁も、ここで終わりだ」

そう言って、武道に銃口を向けたのです。

 

武道を殺す前に、稀咲は全てを語り始めました。

小学生の頃、神童と呼ばれていた稀咲。

同級生のヒナに、思いを寄せていたのです。

 

その頃の稀咲は神童と呼ばれる自分の事を、ヒナが当然のごとく好きだと思っていました。

しかし・・・ヒナが心を奪われたのは、突然現れたヒーロー・・・。

花垣武道だったのです!!

 

愛する人が思いを寄せる男が気になり、跡をつけるようになった稀咲。

ある日、武道がこんなことを語ります。

「オレのヒーローは不良!!だから中学に入ったら、日本一の不良になる!!

 

武道の言葉を聞き、稀咲は不良の存在を知ったのです。

その後、不良について調べ尽くした稀咲。

最後に辿り着いたのは・・・東京卍會総長・佐野万次郎!!

マイキーの存在を知った稀咲は、自身の計画のために動き始めました。

まとめ

稀咲の本当の狙いは、ヒナでした・・・。

ヒナが好きな武道が、日本一の不良になると話しているのを聞いた稀咲。

自分が日本一の不良になることで、ヒナを振り向かせるつもりだったのでしょうか!?

ただ、稀咲は未来の自分を知らないようです。

ヒナにフラれた自分を知らない稀咲・・・。

つまり、タイムリープはしていないのでしょうか!?

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼<

『週刊少年マガジン』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!