漫画ネタバレ

星降る王国のニナ第十三夜のネタバレと感想!ニナと呼ぶ

▼星降る王国のニナを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『BE・LOVE』を今すぐ読む!

毎日最大50%還元!

セトとともにガルガダ本国へ行くことになったニナ。

ですが、途中の崖からニナの乗った馬車が落ちてしまい…

それでは、2020年10月1日発売のBE・LOVE11月号に掲載されている星降る王国のニナ第十三夜のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

星降る王国のニナ第十三夜のあらすじ

獣に襲われそうになったニナ。

絶体絶命のニナを救ったのは、セトでした。

体を張ってニナを助けたセトは体に傷を負い、熱を出してしまいます。

そんなセトを手当てし、セトの心を柔らかくするような提案をするニナなのですが…?

星降る王国のニナ第十三夜のネタバレと感想

崖から馬車ごと落ちてしまったニナ。

ペットの鳥・ニィナを探していると、何やら怪しい気配がします。

大きな獣がニナに襲い掛かろうとしたそのとき、ニナは誰かに突き飛ばされ、銃声が鳴り響きました。

セトです。

セトはニナの代わりに獣の爪を受け、それから銃で撃ち殺したのでした。

ニィナがセトを導いてきてくれたのです。

セトについて森の中を進むニナ。

休むのに適した場所を見つけ腰を下ろしますが、セトは獣につけられた傷のため熱を出してうなされていました。

ニナは、手元にあるもので手当てをします。

話をするニナとセト。

お互いの価値観や考え方が違いすぎて会話はちぐはぐしていますが、それでもセトの心に響く何かがあったようです。

なぜかニナに目がいってしまうセトは、ニナの提案を少しだけ受け入れてみることにしました。

「ニィナを思うみたいに 私をすきになるつもりになってみるのはどうかな?」

そしてセトが言いました。

「おまえを今後ニナと呼ぶ」

コミ子
コミ子
セトはニナの本名を知らないはずだよね?
にゃん太郎
にゃん太郎
偶然とはいえ、ニナは『ニナ』の名前を取り戻したね!

朝になり、従者たちがセトのつけた目印をたどって助けにやってきました。

セトは、兵たちの前では、自分が弱っているところを見せることなく毅然としています。

そんな姿を、ニナはアズに少しだけ似ていると思うのです。

その頃王都ガルガダでは、王子たちがセトの到着を疎ましく思っていました。

はたしてニナ達は歓迎されるのでしょうか…?

まとめ

崖から落ちたニナを探しに、セトが馬で崖を降りてきました。

てっきり放っておくと思っていたので、このセトの行動にはびっくりです。

やはりセトはニナに興味をもっていて、2人の距離が近づいてきているように思います。

もうすぐガルガダに着きますが、どうやらそこにはセトの存在を疎ましく思っている王子たちがチラホラいるよう…

ガルガダに着いて、ニナとセトがどんな扱いを受けるのか気になります!

▼星降る王国のニナを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『BE・LOVE』を今すぐ読む!

毎日最大50%還元!