漫画ネタバレ

金田一37歳の事件簿65話のネタバレと感想!~7年前の肝試しが生んだ悲劇

▼金田一37歳の事件簿を読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『イブニング』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

騒霊館殺人事件編」で起きた3人の不可解な死!

金田一は連続殺人の犯人を白鳥だと断言します。

そして、白鳥の不可解な発言と携帯の電波妨害装置のトリックという決定的な証拠を白鳥に付きつけるのでした。

絶対的な証拠に白鳥はついに観念して動機を話し始めます。

月森ちはや」・・・

白鳥は、その名前を唐崎萌音にぶつけてこう言うのでした。

あなたたちが昔ここでなにをしたのか!

それでは、2020年9月23日発売のイブニング2020年20号に掲載されている金田一37歳の事件簿65話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

金田一37歳の事件簿65話のあらすじ

白鳥は、連続殺人の動機を語り始めます。

それ7年前にこの壮麗館で行われた肝試しが始まりだったのです。

肝試しは、まだ廃墟に過ぎなかった壮麗館で、今回のモニターとして参加した4名と月森ちはやの5人で行われました。

ところが、月森ちはやは肝試しの中で行方不明になってしまったのです。

この月森ちはやこそが白鳥の妹だったのでした。

やがて白鳥は壮麗館で月森ちはやの囁きに導かれるように壁に埋まった死体を発見するのです。

そして、事実を突き止めた白鳥は恐ろしい殺人鬼に変わってしまったのでした。

金田一37歳の事件簿65話のネタバレと感想

あなたたちが昔ここでなにをしたのか!

その白鳥の言葉に、唐崎萌音がおののき、青ざめます。

ギャラリーたちは口々にこう言います。「唐崎さんが壮麗館に来たのは始めてじゃないの?」と。

コミ太
コミ太
そう言えば唐橋萌音は旦那が死んだ時にこんな事言ってたよね。「あいつが悪霊になってあたし達に復讐しようとしたら・・・」って!

どうやら壮麗館に前に来たことがあるメンバーがいるみたいですね。

でも、そういうということは、心当たりがあるって事なんでしょう。

にゃん太郎
にゃん太郎
復讐って言うくらいだから何か酷いことをしたって事なんじゃない?

佐熊は続けてこう言います。

「モニターのメンツを見て正直びっくりしたんですわ。肝試しに参加したメンツが4人もがんくび揃えてたんだから!」と。

コミ太
コミ太
その4人とは、殺された3人と唐橋萌音って事だね!

金田一は佐熊に失踪事件について尋ねます。

佐熊によると、肝試し中にある女性の背中に血の手形が押されていたそうで、それに驚いた参加者はほうほうの体で逃げ帰ったそうなのです。

しかし、一人だけ戻ってこなかった者がいたと・・・

それこそが月森ちはやでした。

この事件は大したニュースになることもなく忘れ去られたそうです。

ただ、オカルトマニアの中では有名な話で、ポルターガイストに連れ去られたと言われたりもしているとか。

にゃん太郎
にゃん太郎
でも、月森ちはやの事件が何故白鳥を殺人鬼になるほど突き動かしたんだろ?

その答えを金田一はもう分かっているみたいですよ。

「その月森ちはやが白鳥さんの・・・」と言いかけた金田一の言葉を遮って白鳥が答えます。

私の実の妹よ」と。

妹が失踪して以来、白鳥は懸命に妹を探し出そうとしました。

しかし、一向に真相が分からず月日だけが過ぎます。

そんな時だったのです、「壮麗館リゾート計画」の企画が持ち上がったのは。

白鳥は見えない力に突き動かされるようにこの企画を受けました。

そして、初めて壮麗館に立ち入ったのです。

しかし、白鳥は突然息苦しくなってしまいました。

そして壁に手をついた時の事です。

お姉ちゃん」・・・

白鳥は確かにその言葉を聞いたのでした。

それは壁から聞こえます。

そしてそこで見たのでした、人の髪が壁から出ているのを!

その瞬間、白鳥は全てが見えたそうです。

その壁に妹が埋まっていること、そして、その犯人が肝試しに参加したメンバーたちだということが!

そして、白鳥は決心しました。「そいつら全員を始末しよう」と。

白鳥はさっそく壮麗館のイベントを利用してメンバーたちを集める計画を立てます。

コミ太
コミ太
でも、全員を集めるのって難しいんじゃないの?

白鳥のプランはこのようなものです。

壮麗館をリノベーションするか、それとも廃墟っぽさを残すのかをモニターに選んでもらうプランを考えたのでした。

もちろん、4人には特別VIPな招待状も出します。

にゃん太郎
にゃん太郎
VIPな招待状につられて4人が来ると考えたの?
コミ太
コミ太
あっ!分かっちゃった。死体を埋めた犯人からしたらリノベーションされちゃ困るものね、それを止めるためには絶対に参加しなきゃいけないって事じゃない?

そうです。犯人たちは口裏を合わせてリノベーション阻止のために集まってきたのです。

それが、白鳥が4人を地獄の舞台に引きずり出す罠だとも知らずに・・・

その言葉に堪えきれず、唐橋萌音はこう言いました。

「事故だったのよ」と。

みんなで脅かすと階段から落ちて死んでしまったと唐橋は涙ながらに訴えます。

その言葉に対して、白鳥は冷徹にこう言いました。

違うでしょ?」と。

そしてこう続けます。

「死んだのはそこじゃない。瀕死から息を吹き返したあの子をあなたたちは生きたまま壁に塗り込んだのよ!」と。

その言葉は事実です。

メンバーたちは「めんどくせぇ、やっちまおう」と手で口を塞いで殺して壁に埋め込んだのでした。

それは夢で妹が教えてくれたそうです。

何とも切ないポルターガイストでした・・・

にゃん太郎
にゃん太郎
でも、そこまで分かってるなら警察に通報した方が良かったんじゃない?

証拠がないじゃないですか。しかも、犯人はいけしゃあしゃあと嘘をついて罪を軽くしようとします。

それが白鳥には許せなかったのでした。

だからこそ、自分の手で始末するしかないと考えたのです。

コミ太
コミ太
でも、白鳥としたらあと一人で念願がかなったのに無念だと思ってるだろうね!

しかしです、白鳥はこの期に及んでもまだ諦めていなかったのでした。

その手にはナイフが光っています。

そして怒りに燃えながら「妹が受けた苦しみ・・・あんたも味わうがいい!」と叫びなら唐橋萌音に向かっていくのでした。

まとめ

白鳥が何故このような恐ろしい連続殺人を起こしてしまったのか・・・

それは妹が生きたまま壁に塗り込まれたという許さるべき犯罪が動機だったのです。

そして今、最後の加害者唐橋萌音に刃物を突きつけようとしているのでした。

恐ろしくも悲しい場面!

でももし、自分が白鳥の立場だったらと思うと心を揺さぶられる展開ですね。

でも、どうなのでしょう?

妹さんはそれを本当に望んでいるのでしょうか?

大好きな姉が殺人鬼になって嬉しいと思うのでしょうか?

そんな事を考えさせられる今回のストーリーでしたね。

金田一もおそらく同じことを考えているのではないでしょうか。

次話で、金田一は果たしてこの最後の殺人を止めることが出来るのでしょうか。

止めるとしたらどのような言葉で止めるのでしょう。

やるせない事件ですが、何か救いがあって欲しい・・・

そんな意味でも次話がとても楽しみです。

次号は10月13日(火)発売です。

▼金田一37歳の事件簿を読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『イブニング』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!