漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ252話のネタバレと感想!貯酒室

▼【ゴールデンカムイ】を読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『【週刊ヤングジャンプ】』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

札幌ビール工場に集結する第七師団の猛者たち。

唯一犯人を追跡している土方班。

工場内では、牛山、杉元、第七師団たちが入り乱れ…。

それでは、2020年9月17日発売のヤングジャンプ42号に掲載されているゴールデンカムイ252話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ252話のあらすじ

奇声をあげながら杉元を睨みつける第七師団二階堂。

過去の杉元との因縁から、襲い掛かろうとします。

しかし二階堂より先に、杉元の真横に現れ、剣で斬りかかろうとする鯉登ですが…。

ゴールデンカムイ252話のネタバレと感想

激しい攻防を繰り広げる杉元と鯉登。

二階堂も杉元目掛けて発砲しますが、杉元の近くにはアシリパがいました。

アシリパに誤射されることを恐れた月島は、二階堂が発砲しないよう取り押さえます。

杉元と鯉登が戦っている隙を見謀らい、杉元の頭上に現れる菊田。

しかしそこに牛山が杉元の援護に駆け付けます。

場所はビール工場内の貯酒室だったため、ビール樽が山ほどありました。

無数のビール樽を突き飛ばす牛山。

するとあたり一帯に大量のビールが溢れ出し、鯉登、鯉登、二階堂、月島は、ビールの川に流されてしまいました。

コミ太
コミ太
アシリパと菊田はうまく逃げたみたいだね

アシリパが流された杉元の行方を捜していると、突如菊田が姿を現します

トリカブトの矢を構え、臨戦態勢に入るアシリパ。

すると菊田は、言葉巧みにアシリパを揺さぶりにかかります。

なぜ7人のアイヌが殺されたのか、真実を知りたくないのか問いました。

菊田は当時、鶴見とともにアイヌ殺害現場を調べており、遺体と遺品の回収は、鶴見一味によって行われていたのです。

菊田は鶴見中尉と話すことを進めると、アシリパは戸惑いの表情を見せます。

その時尾形は、塔の狙撃地点から二人の一部始終を観察していました。

アシリパの表情をみて、鶴見の元へいってしまうと感じる尾形。

するとその時、尾形が何者か狙撃されてしまいます。

殺気を感じ取った尾形は間一髪で狙撃を回避しました。

「手練の狙撃手だ…。」

尾形を見つめるのは、殺意に満ちた目をするヴァシリですが…。

まとめ

第七師団の介入で、工場内は大乱闘となってしまいます。

さらに牛山の一撃によって、工場内はビールの川と化してしまいました。

本物の犯人を追っている土方班の動向が気になります。

さらに菊田から説得を受けるアシリパ、尾形と一触即発のヴァシリ。

▼【ゴールデンカムイ】を読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『【週刊ヤングジャンプ】』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!