漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ251話のネタバレと感想!札幌ビール工場

▼ゴールデンカムイを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『週刊ヤングジャンプ』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

宇佐美の登場に焦る門倉、強者牛山と交戦を開始する宇佐美。

間違って合図をあげてしまうキラウシ。

本物の犯人のところではなく、宇佐美たちのいるほうへ向かう杉元ですが…。

それでは、2020年9月10日発売のヤングジャンプ41号に掲載されているゴールデンカムイ251話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ251話のあらすじ

花火があがった牛山組のところへ急行する都丹組と杉元組。

白石とアシリパも必死に杉元を追いかけます。

牛山はともかく、キラウシと門倉は頼りないため、犯人と取り逃がすかもしれないと心配する杉元ですが…。

ゴールデンカムイ251話のネタバレと感想

犯人ではなく、宇佐美が出現した牛山組方面。

宇佐美は牛山の額に銃を叩きつけ、怒涛の一撃をかましました。

しかし微動だにしない牛山、宇佐美の服を掴み、激しく組合ます。

牛山の気迫を感じただけで、化け物だと認識する宇佐美。

コミ太
コミ太
牛山に食い下がってる時点で宇佐美も相当だね

するとその場に、鯉登、菊田、月島、二階堂、第七師団の4人が援軍に駆け付けます

その4人に対し、宇佐美を手裏剣のごとく投げつける牛山。

にゃん太郎
にゃん太郎
人間を武器に…

4人は宇佐美手裏剣をなんとか躱します。

さすがに5体1は不利と感じたのか、牛山はビール工場の建物内へ逃げ込みました。

一方、本物の犯人が出現した土方組。

キラウシの失態のせいで、土方組は孤立状態となっています。

しかしその状況に臆することなく、犯人に立ち向かう土方。

刀と銃と駆使し、犯人に問答無用の攻撃を仕掛けます。

その隙に永倉は、訂正の花火を打ち上げました。

反対側からの花火に混乱する杉元組、都丹組は冷静に2手に分かれる判断をします。

杉元はキラウシの姿を見つけて牛山の情報を聞き、アシリパと共に工場内へ入っていきました。

二人は先行しすぎたせいで白石とはぐれてしまいます。

その時、杉元は人影を発見しました。

「シライシ?」

しかしそれは白石ではなく、杉元の因縁の相手である、第七師団二階堂でした。

「杉元ォォ!!!」

まとめ

キラウシの合図ミスのせいで、作戦は少し混乱気味になっています。

冷静に犯人を追っているのは土方組のみです。

他の戦場は、第七師団介入のせいで、乱戦状態となっています。

二階堂と相対する杉元ですが…。

▼ゴールデンカムイを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

『週刊ヤングジャンプ』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!