漫画ネタバレ

キングダム652話のネタバレと感想!援軍

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『ヤングジャンプ』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!

魏との共闘を目論見攻め込んだ什虎城。

しかし魏軍は現れず、代わりに楚の援軍が…。

それでは、2020年9月3日発売のヤングジャンプ40号に掲載されているキングダム652話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム652話のあらすじ

楚の援軍は将軍となった項翼と白麗です。

二人とも蒙武、騰に対し、合従軍のときの恨みを抱いているようですが…。

キングダム652のネタバレと感想

項翼と白麗はそれぞれ一万五千の兵を率いており、楚の援軍は計三万です。

楚軍左翼千斗雲軍と相対している録嗚未軍の横っ腹に向かっています。

ただでさえ千斗雲軍の半数しかいない録嗚未軍、三万もの大軍に横撃されれば一溜りもありません。

しかし三万もの友軍が来たことに、戦馬鹿の満羽、千斗雲は、少し不機嫌な様子です。

そんな二人のことなどお構いなしに、攻撃をしかける項翼と白麗。

白麗軍の遠弓隊が、録嗚未軍に対し弓の雨を降らせます。

弓矢攻撃に怯んだ録嗚未軍目掛け、項翼の騎馬隊が襲い掛かりました。

血の気が多く好戦的な録嗚未ですが、さすがに劣勢と感じたのか、大人しく全軍反転の指示を出し、戦線を離脱します。

その様子を見つめていた本陣の軍師蒙穀、録嗚未のとった行動は正しいと賞賛し、続けて全軍退却の指示。

蒙穀によると、項翼と白麗率いる三万の援軍によって、戦にならないくらいの戦力差が出てしまっていました。

全軍退却し、全体で立て直しを謀ります。

コミ太
コミ太
戦力は楚11万に対し、秦は5万だからね
にゃん太郎
にゃん太郎
倍以上いるのか…さらに戦馬鹿も…

録嗚未軍に連動し、敵右翼を攻撃していた騰軍。

即座に攻撃を中止し、蒙武軍と相対している中央軍に攻めこみ、蒙武の脱出を援護しようとします。

しかしその騰の行動は織り込み済みの、右翼将軍玄右。

騰軍と交戦を続け、蒙武軍を孤立させることに成功します。

案の定、満羽率いる中央軍と交戦している蒙武は、最前線に出張ったまま、戻れなくなってしまっていました。

するとその時またしてもこの戦場に新手が現れます

魏の第一将、呉鳳明率いる大軍です。

コミ太
コミ太
やっと来た!
にゃん太郎
にゃん太郎
本当にきたね…

魏軍は項翼、白麗とは反対側から向かっています。

楚本陣の寿胡王は、左翼千斗雲軍を右に回らせ、魏軍に当たるよう指示を出しました。

軍の総数はわかりませんが、戦力的には五分に近い状態です。

そして蒙武軍本陣の蒙穀の元に、呉鳳明からの使者がきました。

秦軍、魏軍で共闘し、挟撃で楚軍を打ち倒すとの伝言です。

魏軍は軍を展開させ、呉鳳明も指揮を執り始めます。

「秦軍と共闘し、楚軍をすりつぶす。」

まとめ

劣勢に陥ったかと思われた秦軍ですが、すんなりと魏軍が援軍にかけつけ、五分の戦力となりました。

どうやら魏は、什虎城を手に入れ、三年という限定つきで同盟を受け入れたようです。

しかし什虎軍には戦馬鹿の4人がいます。

呉鳳明が指揮を執り…!?

▼まんが王国は無料漫画が3000作品以上!▼

『ヤングジャンプ』を今すぐ読む!

登録時に半額クーポンももらえます!