漫画ネタバレ

キングダム651話のネタバレと感想!援軍

▼キングダムのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

同盟を持ちかけた魏軍の到着を待たず、不落の城什虎への突撃を図る蒙武軍ですが…。

それでは、2020年8月27日発売のヤングジャンプ39号に掲載されているキングダム651話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム651話のあらすじ

満羽軍3万と蒙武軍3万が激突します。

楚軍を蹴散らそうと、士気が高まる蒙武軍。

しかし突如その場に、総大将満羽が現れ…。

キングダム651話のネタバレと感想

満羽の怒涛の一振りで弾き飛ばされる前線兵士たち。

満羽は蒙武と同等か、それ以上の巨体の持ち主です。

いきなり現れた総大将満羽を討とうと、蒙武軍は一斉に満羽に襲いかかりました。

満羽は矛を大きく振りかざし、たったの二振りで蒙武兵は蹴散らされてしまいます

さらにその場に駆け付ける満羽の近衛兵達。

どうやら満羽は、本陣の指示を聞かずに勝手に出撃してきたようです。

理由は、蒙武が疲れてしまう前に戦いたいからと、さらりと答える満羽。

コミ太
コミ太
なんて勝手な総大将だ!
にゃん太郎
にゃん太郎
確かに蒙武は体力配分してなさそうだけどね…

蒙武も満羽の存在を察したのか、百騎を率い、満羽撃破に向かいます。

一方、什虎軍左翼で待機する千斗雲軍。

千斗雲も満羽に劣らぬ戦好きらしく、早く出撃したくてウズウズしていました。

すると千斗雲も満羽と同じく、本陣の指示なしでいきなり出撃してしまいます。

コミ太
コミ太
ええ!?
にゃん太郎
にゃん太郎
なんだこの将軍たちは…

満羽と千斗雲の勝手な出撃に呆れかえる本陣の軍師寿胡王。

左翼千斗雲軍が動いたことで、いっそ右翼玄右軍も動かそうか悩んでいました。

その時、蒙武軍の斜め後方から秦の援軍、騰軍2万が現れます

騰軍はそのまま全軍前進し、騰軍1万は敵左翼2万へ、録嗚未軍1万は敵右翼2万へ向かいました。

蒙武軍が包囲を受けるのは避けられそうなものの、敵右翼左翼はそれぞれ倍の戦力がいます。

蒙穀も敵右翼左翼に対し、それぞれ1万では少ないと感じていました。

この戦力で城攻めまでいくのは不可能だと懸念する蒙穀。

やはり魏軍が参戦しないことには、什虎城を落とせないと判断します。

そんな秦にさらなるピンチが押し寄せます。

楚に援軍がやってきました、なんと将軍となった項翼と白麗です。

それぞれ1万5千の兵を率い、計3万の援軍が押し寄せました。

蒙武に対し、函谷関の恨みを抱く二人ですが…。

まとめ

満羽と千斗雲は媧燐の言っていた通り戦馬鹿で、本陣の指示を無視して動いています。

媧燐が什虎城に送った援軍は、将軍となった項翼と白麗でした。

それぞれの援軍を合わせ、楚軍11万に対し、秦軍は5万と非常に劣勢ですが…。

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!