漫画ネタバレ

墜落JKと廃人教師53話のネタバレと感想!人には言えない一面

▼墜落JKと廃人教師のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って花とゆめ電子版を読むのがおすすめです!花とゆめ電子版で最新話を読む場合は、花とゆめ1刊遅れで先読みできますよ。

2人組の男にナンパされていた麗から光のオーラが消えるのを目撃した扇言。

麗も灰仁と扇言に見られていることに気づき驚きます。

コミ子
コミ子
あまりの麗の豹変ぶりに驚いたわ。あれが素なのかな?

それでは、2020年8月5日発売の花とゆめ17号に掲載されている墜落JKと廃人教師53話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

墜落JKと廃人教師53話のあらすじ

タイ焼きの袋を握り公園のベンチに座る麗。

麗の背後には光は無く、うつむきながら灰仁と扇言が自分のことを話しているのを聞いていました。

「一体何の話ですか?」

何とか誤魔化そうと光を背負い笑顔を見せる麗ですが…。

墜落JKと廃人教師53話のネタバレと感想

「誰にでも人には言えない一面ってあったりするじゃん」

灰仁の言う”人には言えない一面”というのは、麗にとってはまさに今の状態でした。

ベンチに座りうつむく麗は少しも光っておらず、死んだような目をしています。

「スイッチのONとOFFの差が激しすぎんだよなぁ、こいつ」

麗も何とか誤魔化そうとスイッチをONにしますが、OFFをしっかり見られているので誤魔化すことなどできません。

コミ子
コミ子
OFFからON状態にするのも頑張らないとダメみたい(笑)。
にゃん太郎
にゃん太郎
エアコンの起動時に使う電力に例えてるね。起動するときにエネルギーをいっぱい使うのか…。

光が復活した麗は扇言に、恥ずかしいとこ見せちゃってごめんねと申し訳なさそうに謝りました。

灰仁は、麗が銅像に車をぶつけた時に言った第一声(「は?めんどくさ…帰ろっかな…」)を聞いて気づいていたようです。

灰仁に自分の失態を扇言に暴露され慌てる麗ですが、色々ぶちまけて楽になれよと言われ戸惑いながらもぶっちゃけることに…。

まず麗がぶちまけたのは、灰仁を食事に誘った理由でした。

麗は明るく笑顔のまま、自分の性格を口止めするために弱みを握ったり、ゆするネタを探すために誘ったとぶっちゃけます。

さらに酔った灰仁を介抱したのは、ハニートラップだったこともぶっちゃけます。

「なので勘違いさせてたらすみません。灰葉先生のことは欠片もなんとも思ってないです!」

コミ子
コミ子
容赦ない追い打ちのぶっちゃけだわ!(笑)。
にゃん太郎
にゃん太郎
灰仁だけがダメージ受けてるぞ(笑)。

落ち込んだ灰仁を放置し、扇言は麗にどうして無理に明るく振る舞っているのか尋ねました。

「世間が是としているのは明るくて素直な人間でしょ?」

本当の自分はめんどくさがりでずる賢くて無愛想だと話す麗。

だから明るく振る舞っているという麗ですが、その猫かぶりみたいな明るさが鼻につくという人もいて、本当は人間関係のめんどくささを感じていたのです。

「落合さんもこんな私は嫌い?」

「……私の名前…知ってるんですね…」

麗は実習当初から担当学年の生徒の名前を憶えているのだと灰仁から聞く扇言。

麗の努力を誉める灰仁ですが、麗はそのことすらも明るくていい人を演じるためだとうつむき気味に説明します。

もの寂しげな麗の横顔を見ながら、扇言は麗から言われた質問に答え始めました。

「羨ましいくらい明るくなれるところ、でも抜け目のないところ、あと名前を覚えてくださってるところも私は好きですよ」

「これってどちらの姫野先生なんでしょう」

麗はどっちと聞かれ悩みますが、素の自分も明るくふるまう自分も全部自分のことなのに、悩んでいることがおかしいと気づきます。

そして麗の中で何かがふっきれたようです。

「灰葉先生、やっぱりわざとこの子連れて来ました?」

「偶然だって」

コミ子
コミ子
偶然…じゃないよね。麗の悩みを見抜いてたんじゃないかな?
にゃん太郎
にゃん太郎
扇言ならこう言うだろうって信じていたってこと?策士か!?

日も暮れ始め、麗を駅まで送ったあと扇言を家まで送ると言う灰仁。

先に歩く灰仁の後姿を愛おしそうに見つめる麗の顔を見て、扇言は麗が灰仁に想いを寄せているのではないかと気づきました。

扇言に尋ねられ、否定しない麗。

「…言うつもりないから…内緒にしててくれる…?だって灰葉先生想い人がいるの丸わかりだもの」

麗は灰仁が学校で愛おしそうに誰かを見つめている姿を目撃していました。

さらに寝言でもその人の名前を呟いていたようです。

「たしかーー”みつき”さんって人」

その名前に扇言は心当たりがありました。

麗と別れ、自宅まで灰仁に送ってもらった扇言は玄関で灰仁に尋ねます。

灰仁のジャケットのすそをぎゅっとつかみ、真剣な顔の扇言。

「……先生、みつきをご存知ですか?」

「”扇月(みつき)”は…兄の名前です…。詞とは双子の私の兄です」

コミ子
コミ子
え…扇言に双子の兄がいたの??灰仁が寝言で呟くほどの相手って…。
にゃん太郎
にゃん太郎
灰仁が学校で愛おしそうに見てたのは扇言だろうけどね。丸わかりなのはダメじゃないかな(笑)。

まとめ

麗のぶっちゃけトークには驚きましたが、灰仁のことを好きだったのは間違いなかったですね。

扇言の言葉に救われた人がまたひとり増えました!

そしてここにきて、扇言に双子の兄がいた事にも驚きましたね。

扇言にとって扇月はどのような兄なのでしょうか?

そして灰仁との関係も気になります!!

次号の展開も楽しみですね!

▼墜落JKと廃人教師のネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで花とゆめを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!