漫画ネタバレ

約束のネバーランド132話のネタバレと感想!王家と五摂家の力集結!

▼今すぐ絵付きで読みたい方は、U-NEXTのポイント利用がおすすめ▼

U-NEXTで今すぐ「約束のネバーランド」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って漫画を無料で読めますよ♪

エマとレイは”七つの壁”へ向かう事に。

その頃王都では女王に謁見するため五摂家が集結していて・・・!?

それでは、2019年4月22日発売の週刊少年ジャンプ21号に掲載されている約束のネバーランド132話のネタバレと感想をお届けします!

→前話(131話)の内容を思い出したい方はこちらからどうぞ

約束のネバーランド132話のあらすじ

女王の従者らしき鬼が五摂家を集めた理由を語ります。

昨今の”盗難騒動”それに伴う事態の収拾のためである・・・と。

約束のネバーランド132話のネタバレと感想

「面を上げよ」

女王に平伏していた五摂家たちは顔を上げました。

”盗難”

プポ卿は、各地の農園が襲われているアレのことかと思い当たります。

ここ半年で更に増えました。と、女王にノウム卿は女王に訴えます。

「人肉不足が生じ局地的に民の不満が高まっている・・・」

「何とか他の農園から人肉を回すなど手は打っているのですが・・・」

ノウム卿の訴えに加えてバイヨン卿は兵による鎮圧も必要になると言いました。

そこへドッザ卿が口を挟みます。

「特にノウム・バイヨン両卿の領地は被害が大きい。実に災難お察し申し上げる。」

口元から笑みがこぼれるドッザ卿。

白々しい・・一々癇に障る・・とノウム卿はイラつきます。

しかしバイヨン卿は問題は自分達の領地だけではないと言います。

「公には伏せておりますが、ラムダもその系列農園もすでに複数破壊されています。」

「女王陛下、諸兄の損害も馬鹿にはならぬでしょう。」

バイヨン卿の進言に、女王・五摂家は静まり返ります。

そこへ今まで話を聞いていただけのイヴェルク公が口を開きました。

「しかし真にゆゆしきはその手口の完璧さにある」

まるで内部・警備を知り尽くしたかのように手落ちがない。

しかもあえて知能の高いラムダやその系列を襲っている。

イヴェルク公はその”新手の盗難賊徒”が存在する事が問題であると言います。

どこかの下等民が、どんな手で成し遂げているかはわからない。

でももし賊が奪ったラムダとその系列農園の人肉までも食べているならば・・・とイヴェルク公が問題点を上げます。

するとプポ卿は「それはもはや下等愚民の知・力ではない。我らに仇なす一大勢力・・・か」と続けました。

五摂家たちの話を黙って聞いていた女王レグラヴァリマ。

「げにゆゆしき。いずこの輩も謀反は赦さぬ。見つけて捕えて討ちつくす。」

と五摂家に兵の出撃を命じます。

それを聞いた五摂家は、全軍で叩き潰す!と兵に指示を出しました。

「誅伐じゃ。儀祭(ティファリ)までに片をつけよう。」

レグラヴァリマが期限を宣言し、王都に軍が続々と集結するのでした。

コミ太
コミ太
鬼の女王めちゃ怒ってるよ!ラムダやったのノーマンたちでしょ!?大丈夫なの!?

軍が集結する王都の様子を遠くから偵察していたノーマンの仲間。急ぎノーマンに伝令を出します。

ノーマンのアジトでヴィンセントは伝令を受け取ります。

「動いた」とノーマンに伝えるヴィンセント。

「よし、まず一手。計画通りだ。」

そう、王家と五摂家の軍の出陣はノーマンの計画だったのです!

ノーマン達がラムダとその系列農園を襲うことで、王政は賊徒討伐に動かざるを得なくなる・・・

ノーマン達の目的はそもそも王家・五摂家全員の首をとる事。

ギーランをぶつけるにも王達の強大な兵の数が邪魔なのでした。

だから賊徒討伐に兵力を集めて分断させたのです。

ラムダもその他の農園も壊したのは全て鬼の仕業だと王家・五摂家は思っている。

ノーマン達はラムダを壊す時、そう細工してあったのです。

そしてノーマン達が襲った農園の位置などから鬼達はアジトの位置を絞り込んでいる・・・とヴィンセント。

「そうボスに誘導されているとも知らずに!」

ノーマンはアジトではない別の場所を鬼達に襲うよう仕向けているようです。

にゃん太郎
にゃん太郎
ノーマンすげぇ・・・全て計算済みかよ・・・

「折りしもじきティファリ。王家・五摂家が王都に一堂に会する祭事。」

「しかし今年のティファリは例になく手薄な警備となるだろう。」

賊徒討伐に王達が全力で派兵し、ノーマン達に辿り付くこともない。

手薄になった王都の警備をついて、ギーランをぶつける!

それがノーマンの作戦でした。

「決行は8日後。ティファリの最中、王・貴族を殺す。」

ノーマンが宣言しました。

そこへヴィンセントが”邪血”の問題をどうするかだ。と口を挟みます。

”邪血”の生存があっては計画は成就しないと言うヴィンセントにもちろんすでに作戦は考えてある。と言うノーマン。

その頃、ドンとギルダはノーマンに呼び出されていました・・・

コミ太
コミ太
んん~?なんか嫌な予感・・・まさかドンとギルダを使う気なのかよノーマン

一方”七つの壁”の”入り口”の大きな扉を開けたエマとレイ。

ここは扉の先だよな?とレイは唖然としている様子です。

確か天井絵だと真っ黒だった所だよね?とエマも唖然としています。

「あれはなんだ」とレイ。

「わかんない・・・どういうこと?」とエマ。

2人の目の前に広がっている光景・・・それは2人が暮らしていた場所、グレイスフィールドのハウスだったのです!

にゃん太郎
にゃん太郎
なんと!エマとレイの家じゃん!いかにも怪しいけど・・

まとめ

王達はまんまとノーマンの作戦の上で転がされてますね。

いや、ノーマン本当に怖いやつです。でも作戦通りに行くのでしょうか?

そしてエマとレイはどうなってしまうのでしょうか!?

最新話の内容はこちらからどうぞ☆

【毎週更新】約束のネバーランド最新話135話のネタバレと感想!?ソンジュとムジカを探せ!”七つの壁”を探しに行ったエマとレイ。しかし、扉を開けて辿り着いたのは懐かしいハウスでした。ハウスの中は迷路のようになっていてなかなか”壁”にたどり着けません。一方、ドンとギルダはノーマンに呼び出され・・・?それでは、2019年5月27日発売の週刊少年ジャンプ26号に掲載されている約束のネバーランド135話のネタバレと感想をお届けします!...