漫画ネタバレ

ワールドトリガー197話のネタバレと感想!もう一つの最終戦

▼ワールドトリガーのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでジャンプスクエアを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってジャンプスクエア電子版が無料で読めますよ♪

B級上位最終戦を終え、会場を後にする隊員達。

全員となりの会場へ移動しているようですが…。

それでは、2020年6月4日発売のジャンプスクエア7月号に掲載されているワールドトリガー197話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ワールドトリガー197話のあらすじ

上位最終戦は終了しましたが、隣の会場では、中位最終戦が行われています。

対するは、香取隊、那須隊、諏訪隊の三つ巴の戦いですが…。

ワールドトリガー197話のネタバレと感想

中位最終戦の実況は嵐山隊綾辻、解説は奈良坂と村上が担当しています。

上位最終戦の会場から人が流れてきたことで、今までの戦況の流れを簡単に説明する綾辻。

MAP選択権は那須隊で、市街地Cを選択していました。

市街地Cは階段状の高低差があり、スナイパーにとって有利なMAPとなっています。

香取隊、諏訪隊にはスナイパーがいないため、スナイパーのいる有利を活かそうという狙いです。

しかし序盤、転送位置は那須隊に不利に働き、香取隊が高台を陣取る展開となってしまいました。

それでも、那須のバイパーが縦横無尽に炸裂し、香取隊を圧倒しますが、諏訪隊の横撃を受けてしまいます。

そこから暫く三つ巴の睨み合いが続きますが、戦況を動かそうとした諏訪隊アタッカー笹森が那須隊へ襲撃。

それを察知した那須隊アタッカー熊谷が迎え撃ちますが、相討ちに倒れ、笹森、熊谷両名はベイルアウトしてしまいます。

崩れた那須隊を襲撃しようとした香取隊ですが、諏訪隊に側面から狙われ、香取隊アタッカー三浦も盾となりベイルアウト。

得点は現在、暫定9位の香取隊が0点、暫定10位の諏訪隊が2点、暫定12位の那須隊が1点となっている状態です。

暫定7位の弓場隊を超え、総合得点で上位入りするには、各隊4,5点が必要なため、生存点をとれるかどうかが鍵となっています。

コミ太
コミ太
各隊1人失って2対2対2の状態だね

盾となってくれるアタッカーはどの隊にもいないため、状況次第では一気に試合が決する可能性があると実況する綾辻。

須隊隊スナイパー日浦は、自分にとって優位MAPであるにも関わらず、高外を陣取ることができていません。

しかし日浦は、スナイパーの定石である、隠れてチャンスを伺う戦い方をせず、存在をアピールする戦い方をしています。

低い場所からでも、ガンガン狙撃を繰り出す日浦、那須と連携して諏訪隊に食い下がります。

一方香取隊は、攻めの強さを持ち味とする香取の動きが消極的です。

以前から単独行動を若村に指摘されていた香取、この最終戦は若村の慎重な指示に従うと決めていました。

にゃん太郎
にゃん太郎
いつも前に出る香取が慎重な動きをしていることに、観戦席も違和感を感じているみたいだね

香取に指示を出そうとする若村ですが、最終戦のプレッシャーによって慎重に考えすぎ、行動力の遅さにつながってしまいます。

その隙を空かさず狙う那須、バイパーを展開させ、香取、若村の後方に仕込んでいた置きメテオラに起爆させます。

香取は間一髪で爆風から逃れますが、若村は無残にもメテオラの餌食となりベイルアウト

コミ太
コミ太
若村…ダメじゃん…
にゃん太郎
にゃん太郎
結局香取は単独で動くことに…

しかしこの状況も想定していたのか、若村は香取に新トリガーのスパイダーをもたせていました。

単独となったことで、スパイダーを展開しようとする香取ですが…。

まとめ

上位最終戦が終了し、中位最終戦が繰り広げられています。

上位入りのボーダーラインである7位を狙う3部隊。

暫定7位の弓場隊は、その行方を見つめています。

今まで使ったことがないスパイダーを装備する香取、一体どのような使い方をするのでしょうか。

U-NEXTで今すぐ「ワールドトリガー」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!