漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ247話のネタバレと感想!決まり事

▼ゴールデンカムイのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

今すぐヤングジャンプを読む!

※無料会員登録すると他の巻の試し読みも無料に!すぐに使える半額クーポンももらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、まんが王国の半額クーポンを使ってヤングジャンプ電子版がお得に読めますよ♪

札幌にて鉢合わせとなる杉元一行と土方一味。

共通の敵鶴見に対抗するため、土方一味と手を組もうと言い出すアシリパですが…。

それでは、2020年7月9日発売のヤングジャンプ33,34合併号に掲載されているゴールデンカムイ247話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ247話のあらすじ

土方に対し、持っている刺青人皮をすべて見せてほしいと言い出すアシリパ。

土方はアシリパだけにならという条件で、すべての刺青人皮を提示しますが…。

ゴールデンカムイ247話のネタバレと感想

土方の所有している刺青人皮は、有古が鶴見から奪った偽物と思われる5枚を含め、計16枚あります。

それらを見て戸惑うアシリパ。

アシリパによると、本物の刺青人皮には、すべて決まり事があるようです。

牛山、家永、土方、都丹、鈴川、これらの刺青人皮はすべて写しですが、決まり事を満たしていました。

さらに茨戸で尾形が入手した刺青人皮は、出どころが尾形で怪しいと思われるも、決まり事を満たしています。

しかし土方が本物だと確信していた、油問屋で夏太郎が手に入れたものは、決まり事を満たしていません。

さらに剥製屋で作った偽物と思われる6枚の刺青人皮がありました。

うち1枚は剥製屋内で見つけており、当然それは決まり事が満たされていないものです。

しかし、有古が鶴見から奪った偽物と思われる刺青人皮5枚のうち、3枚は満たされていませんが、うち2枚は決まり事が満たされたものでした。

土方の所有している刺青人皮16枚は、偽物と本物、決まり事が満たされているものと満たされていないものが混載しています。

コミ太
コミ太
他のはまだわかるけど、鶴見から奪った5枚が謎だね
にゃん太郎
にゃん太郎
5枚とも満たされていないならわかるけど、2枚が満たされてしまっているっていうのが…

土方に暗号を教えるよう迫られるアシリパですが、偽物が混じった刺青人皮らをみて、自分が決まり事だと思っていたことに、確信を持てなくなっていました。

一方、第七師団を引き連れ、札幌へ向かう鶴見、刺青人皮のことを考えながらニヤついています。

刺青人皮には法則か決まり事があると考えていた鶴見は、有古に奪わせた偽物と思われる刺青人皮5枚の中に、本物を混ぜていました。

コミ太
コミ太
なんてやつだ…わざと本物を奪わせるとか…

本物だと思っていたものが偽物で、偽物だと思っていたものが本物、そう思わせることで、アシリパの解読を妨害しようとしていたのです。

にゃん太郎
にゃん太郎
アシリパまんまとひっかっかってるじゃん!

そんなアシリパの苦難などしらずに、酒を飲みかわす杉元一行と土方一味。

元囚人仲間がいることもあり、すっかり打ち解けているようです。

一方、札幌連続殺人の犯人を追い続ける宇佐美。

その近辺で単独取材をする石川啄木の姿が…。

まとめ

土方に16枚もの刺青人皮を見せてもらい、暗号を解く鍵に近付こうとしたアシリパですが、鶴見の策略によって逆効果となってしまいます。

有古が裏切って刺青人皮を土方のところへ向かうこと、アシリパが土方一味と手を組むであろうこと、すべて鶴見の思惑通りとなってしまっています。

アシリパが困惑する中、札幌に近付く鶴見ですが…。

今すぐゴールデンカムイを読む!

※無料会員登録すると他の巻の試し読みも無料に!すぐに使える半額クーポンももらえます!