漫画ネタバレ

キングダム597話のネタバレと感想!藺相如の想い

松左の死を乗り越え、趙峩龍討伐に向う飛信隊騎馬隊。そしてついに、趙峩龍軍本陣をとらえました。

秦右翼の戦局を決める戦いが始まろうしていますが、その時が趙峩龍が…

それでは、2019年4月18日発売のヤングジャンプ20号に掲載されているキングダム597話のネタバレと感想をお届けします!

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!

←前話 全話一覧 次話→

キングダム597話のあらすじ

ついに趙峩龍軍本陣をとらえ、相対する信と趙峩龍。今まで本陣で軍令のみ行っていた趙峩龍が矛を手にとります。

そしてかつての主藺相如のことを思い出し…

キングダム597話のネタバレと感想

藺相如、趙峩龍、尭雲の三人の昔の姿があります。藺相如は趙峩龍と尭雲に中華についての話をしていました。

藺相如はかつて、馬丘の戦いの時に王騎と戦い、そして中華の話を語ったと二人に話します。相対する若き日の趙国三大天藺相如と秦国六将王騎。

コミ太
コミ太
王騎がかなり若い気が…結構昔かな?

藺相如は王騎にお前達は良くも悪くも無邪気だと話します。お前達というのはおそらく秦国六将のことだと思います。

そしてその無邪気さと秦国六将の強さはかつて戦神と呼ばれていた当時の秦王にるものであると語ります。

しかしそれだけではまだ届かず、中華は熟しきれていないと当時の藺相如は考えていました。

戦場で語ってばかりの藺相如に激怒し、藺相如に槍を投げつける録鳴未。その槍を払い槍を投げ返す尭雲。

にゃん太郎
にゃん太郎
録鳴未の血の気が多いのは昔からなんだね…

藺相如と王騎の話は続きます。

人は思いをつむいでいける生き物であり、自分達趙国三大天、秦国六将は中華を熟させる役割があり、中華はかの日が来るのを待っていると語ります。

コミ太
コミ太
かの日…?
にゃん太郎
にゃん太郎
中華が一つになる日ってことかな?

藺相如は劣勢のため王騎に見つめられながら、その場を退避しました。そして戦場を離れた、違う場所で藺相如は趙峩龍、尭雲の二人に中華についての続きを語ります。

争いにうんざりした中華は一つになりたがっており、それは趙の手によって成したいが、その剣は他国にあるかもしれない、と。

そして藺相如は二人に思いを二つ伝えます。

一つ目はその剣を手にする敵に出会った時はすべてをかけてそいつを殺せをいうものでした。

趙峩龍の回想が終わり、趙峩龍の目の前まで迫った信。趙峩龍は矛とギュっと握り、大きく叫びながら信に渾身の一撃をはなちます。

吹き飛ばされそうになる信ですが、信も叫びながら趙峩龍と組みつき…

まとめ

藺相如の回想シーンばかりでしたが、藺相如の想いがなんとなくわかる話でした。そしてやはりかつての三大天と秦六将の相対シーンは迫力があります。

藺相如はおそらく、次世代で中華統一をかけた戦いが始まることを予期していたのですね。

そして、藺相如の一つ目の想いは明かされましたが、二つ目は次回明かされるのでしょうか?

藺相如の想いを趙峩龍と尭雲がどのように解釈しているかはわかりませんが、趙峩龍は全力で信と戦う模様です。

知においては優秀な趙峩龍ですが、果たして武力はどれほどなのか…

U-NEXTで今すぐ「キングダム」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!