漫画最新話ネタバレ

さよならミニスカート最新話4話のネタバレと感想!犯人は堀内光?

握手会で仁那を襲った犯人が警察官を全員投げ飛ばしたこと、堀内光のバックの中に仁那の写真が入っていたことから、犯人は光である可能性が高まってきました。

にもかかわらず、光を連れてタクシーでその場を去った仁那。「殺されるかもしれない」とわかっていながら仁那がとった行動の真相は?

それでは、2018年12月5日発売のりぼん2019年1月号に掲載されているさよならミニスカート4話のネタバレと感想をお届けします!

こちらは2巻に掲載される内容です。

さよならミニスカートの最新話を今すぐ読むならこちらから

※FODでは無料期間中に最大1300円分の漫画を無料で読むことができます!

さよならミニスカート4話のあらすじ

4話は仁那の回想シーンから始まりました。それは3年前、アイドルのオーディションを受けたことを家族が知った日のことです。

「仁那は弟か妹だったらどっちが欲しい?」と聞く母親と、寂しそうな顔で笑顔を向ける仁那。

仁那は光をピュアクラが初めて単独ライブをした会場に連れて来ていました。

「堀内君は犯人じゃないよ、ごめんね巻き込んで」

そう言った仁那に対し、光はそばにあったテーブルを激しくドン!と叩き・・・

さよならミニスカート4話のネタバレと感想

光が犯人ではないと期待しながらも、やっぱり犯人なのか?と思わせるような彼の行動にハラハラした4話でした。

サラたちが後を追う中、仁那と光は二人で話します。

「堀内くんは犯人じゃない」という仁那に対し、「なんで嘘つくんだよ」と声を荒げる光。

「だめなんだよそれじゃあ!!」

という大きな声に仁那はビクッとしました。

光は「どうして妹が担任を拒めなかったのか仁那を見ていてわかった」と話し出します。

担任からセクハラをされて不登校になった妹と仁那の姿が被ったのです。

「俺はあんな男とは違う、そんな風に信じられても嬉しくない。だからちゃんと疑ってくれよ!!」

「そんなこと・・・簡単に言うな!!私の本当のことなんてどうでもいいっ・・・」

感情が高ぶった仁那も声を荒げました。そして寂しくても母親に笑顔を向けた過去の自分を思い出します。

その瞬間、サラたちが現場に到着しました。

「この人は犯人じゃない」という仁那に対し、「犯人をこの場で確認する方法はある」と言うサラ。ですが仁那はそれを拒みます。

「なんで私がこの人を疑わなきゃいけないんだよ、なんで怖がらなきゃいけないんだよ、なんで私がこの人に嫌な思いさせなきゃいけないんだよっ・・・」

コミ子
コミ子
光のことを信じている仁那がとても可愛かったわ。光もそんな彼女を不安にさせたくないって気持ちが伝わってきたし。

「犯人には脇腹に3つ並んだホクロがある」

これが犯人を確認する方法でした。すぐさま光は服を脱ぎ、仁那に確認してもらいます。

にゃん太郎
にゃん太郎
光の鍛えられた裸体にキュンキュンした女性も多いんじゃない?

雨で濡れた仁那を心配し、光は自分の着ていたシャツを仁那に着せました。その姿を見て、光は涙します。

「神山さんが、小さいから・・・」

光の優しさを感じ、泣き出す仁那。このシーン、仁那が初めて心を開ける相手が見つかったんだなと思うと「良かった・・・」とホッとしました。

二人の姿を見たサラや仁那の危険を知り駆けつけたピュアクラの仲間も全員集合します。

そして残った問題は、「光が犯人じゃないなら誰が犯人なのか?」ということ。

犯人は既に現在の仁那、光との関係も知っている人物なのですから。身の危険をヒシヒシと感じますよね。

マネージャーやサラは転校を勧めましたが、仁那はそれを拒みました。犯人から逃げないと決めたのです。

「俺が守ります!」と真剣な表情で言う光。

コミ子
コミ子
こんなイケメンに私も守られたい(笑)

ラストで仁那がピュアクラの元センター雨宮花恋だと知って「気持ち悪い」という未玖。

光を取られた感じですしね、彼女が嫉妬するのもわかります。

ですが驚いたのはその後の犯人です。

「花恋の邪魔しちゃだめだよ?長栖未玖ちゃん」

そう言って未玖の写真にナイフを突き刺したのでした・・・

ゾクっとするラストにますます犯人がわからなくなりますね。1巻の内容だけだと「未玖が怪しいな」とは思っていたのですが、彼女もまた被害者になりそうな予感です。

まとめ

光が犯人ではないとは思っていましたが、新たな謎が残る4話でした。

あんまり未玖は好きじゃないけど、未玖のことが心配です・・・。

次号の内容が気になります!

「さよならミニスカート」の4話(最新話)を読む方法については、こちらの記事の裏技をチェックしてみてくださいね。

さよならミニスカート最新刊2巻の発売日はいつ?最新話まで無料で読む裏技も「異色の少女漫画」としてネットでも話題になっている牧野あおい先生の「さよならミニスカート」。 りぼんといえば小中学生向けの漫画雑誌...