漫画ネタバレ

ゴールデンカムイ244話のネタバレと感想!上エ地圭二

▼ゴールデンカムイのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTでヤングジャンプを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使ってヤングジャンプ電子版が無料で読めますよ♪

尾形との過去を菊田に話す宇佐美、尾形のことを相当憎んでいます。

一方、負傷していながらも、左撃ちで復活するスナイパー尾形ですが…。

それでは、2020年6月18日発売のヤングジャンプ29号に掲載されているゴールデンカムイ244話のネタバレと感想をお届けします!

←前話 全話一覧 次話→

ゴールデンカムイ244話のあらすじ

各勢力が続々と札幌に集結しつつあります。

そのころ、ソフィアも仲間を連れ小樽に上陸しますが…。

ゴールデンカムイ244話のネタバレと感想

アシリパが祖母に会いに行くという情報を頼りに、小樽に辿りつくソフィア。

しかし、船に同乗した仲間たちが、脚気、壊血病によって、次々倒れていました。

ソフィアは仲間を助けるため、医師を探しに出かけます。

同じく小樽に滞在する月島と鯉登。なぜか二人は必至になって、メンコを楽しんでいました。

コミ太
コミ太
相変わらずだな鯉登…
にゃん太郎
にゃん太郎
ケガは治ったのかな?

その時、月島が背後からの殺気に気づきます。

医師を探しにきていたソフィアが、月島と鯉登を睨みつけていました。

ソフィアにとって、二人はキロランケを殺した仇ですが、ここでやりあうメリットはないと考え、その場をあとにします。

月島と鯉登は、当時ソフィアのことを認知しておらず、誰かはわかっていません。

しかし、恐ろしい殺気だけは感じたらしく、ソフィアに対し、警戒心を持っていました。

一方、札幌で商売人を装い、潜伏を続ける土方一味。

牛山と都丹は、飴売りの格好をし、情報収集をしていると、都丹が聞き覚えのある声を、聞き取ります。

その男の名は、上エ地圭二、牛山や都丹と同じ、網走脱獄囚の一人です。

上エ地は人のガッカリした顔を見るのが、たまらなく好きであり、相変わらず子供を騙して誘拐を繰り返していました。

この日は犬を探している少年を狙い、その犬ならあっちで見たと、得意の方法で少年をおびき寄せます。

そして少年を人気のないところまで呼び寄せ、無残な犬の姿を少年に見せつけました。

頭と胴体を切り離れされた犬を姿を見て、ガッカリどころが悲痛な表情をする少年。

コミ太
コミ太
そりゃガッカリどころじゃないよね…

上エ地の求めている表情ではなかったらしく、そのまま少年を殺めようとします。

そんな外道の上エ地を見て、怒りを覚える牛山ですが…。

まとめ

以前のアシリパとの絡みに続き、上エ地圭二が再登場しました。

網走脱獄囚は変わり者が多いですが、上エ地の外道さは群を抜いています。

そんな上エ地に接近する牛島、都丹ですが…。

U-NEXTで今すぐ「ゴールデンカムイ」を読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のでポイントがもらえます!