漫画ネタバレ

トーキョーバベルの3話のネタバレと感想!バベルの創造主と人間の敵!!

▼トーキョーバベルのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで週刊少年マガジンを無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!

文章ではなく絵付きのネタバレが読みたい方は、U-NEXTのポイントを使って週刊少年マガジン電子版が無料で読めますよ♪

リュウに助けられた先にいたのは、6人の男女。

その中の1人、ひばりの口からバベルの実体化について語られます。

文字を実体化するには・・・イメージがいる!

現れた天使を退けるため、大牙は〝炎〟を実体化しました。

それでは、2020年5月20日発売の週刊少年マガジン25号に掲載されているトーキョーバベル3話のネタバレと感想をお届けします!

 

←前話 全話一覧 次話→

トーキョーバベル3話のあらすじ

上を目指すことになった大牙たち。

違う階層に出た彼らが見つけたモノとは・・・!?

トーキョーバベル3話のネタバレと感想

登り続けて数時間・・・。

意識がもうろうとする中、大牙は進みます。

 

ずっと同じ景色に頭がおかしくなる武は・・・後ろで叫んでいるのでした。

武を見て、自分も叫びたいと思う大牙。

登ると決めた以上は、心を折るなと自分に言い聞かせます。

 

その時・・・上から差し込む光・・・!?

今までずっと薄暗かったバベルの上から、光が差し込んでいるのです!!

「出口・・・!!?」

仲間の1人が上を見て、そう呟きました。

 

大牙も頂上だと思い、走って階段を駆け上がります。

上に出た大牙は・・・。

「なんだこれ・・・階層が変わっただけ・・・!?」

そう呟きました。

 

先程とは違う形の階段が、上には永遠と続いているのです。

「はは・・・そりゃそうか・・・」

誰1人として生還者のいないバベルを簡単に攻略できるはずがないと、肩を落とす大牙。

 

新たな階層は階段の作りだけでなく、気温も下がっています。

一旦トイレ休憩を挟む大牙たちですが・・・空腹と喉の渇きで疲労していました。

空腹に耐えかねた大牙が壁に書いた文字は・・・〝パン〟

 

実体化したパンを食べることができるのかと恐れながらパンを手に取ると・・・。
隣にいたひばりとリュウは、すでにパンを食べています。

2人の様子に驚く大牙ですが、合理的なひばりはこう話しました。

「どうせ食わなきゃ死ぬのに、無駄なこと考えやがる」

 

ひばりの言葉を受けて、結局大牙はパンを口にします。

食事をとり始め、最初に口をひらいたのはひばり。

「食糧まで生み出せる・・・この塔は何なのか・・・」

 

バベルの謎を解くにあたり、ひばりは自分の見解を話し始めます。

東京に突然現れたバベルの塔。

その塔は、光学迷彩で隠されていたとひばりは考えていたのです。

 

元々あった塔は隠されており、光学迷彩が解かれて見えるようになった。

そう考えていたひばりですが、ここにきて新たな考えが浮かんだのです。

それは・・・バベルの中で実体化する文字!!

 

「まさか・・・このバベル自体が実体化能力で作られた・・・!?」

ひばりの言葉に、反応する大牙。

 

しかし、イメージできるものしか実体化できないことを考えると、一体誰がこんなとてつもない塔を作ったのか・・・?

疑問が深まる中、海がこう呟きます。

「神・・・」

 

このバベルを作ったのは、〝神〟だと話す海。

その言葉を聞いた大牙は、ある考えが浮かびました。

「これは・・・神に挑む旅・・・」

 

大牙の意見を聞き、これからどうするのか訪ねるひばり。

ひばりは大牙のことを〝リーダー〟と呼びます。

 

リーダーに抜擢されて戸惑う大牙ですが、ひばりの意見にリュウも賛成しました。

「先輩は・・・〝正解じゃないけど正しいこと〟をできる人だ・・・」

リュウはそう言って、大牙の背中を押したのです。

さらに、ひばりにごり押しされた大牙は、リーダーを引き受けるのでした。

 

コミ太
コミ太
リュウの中で、大牙の評価は高いね!
にゃん太郎
にゃん太郎
なぜか先輩って呼んでるし、尊敬してそうだよね

 

リーダーを引き受けた大牙。

その時、リュウが上階に何かを発見します!!

それは・・・迷彩柄のテント!?

 

階段を駆け上がり、希望に目を輝かせる大牙。

「誰かいませんか・・・!!」

そう言ってテントの中を覗くと・・・中にあったのは自衛隊員の死体・・・!!?

 

衝撃を受けた武は、気分が悪くなりその場で吐いてしまいます。

ここにも天使がいる・・・。

そう判断した瞬間、大牙はあることに気付きました。

 

「違う・・・天使じゃない・・・」

大牙はそう呟きます。

自衛隊員の額には・・・銃創が残されていたのです!!

 

「人間に・・・殺された・・・」

自衛隊員は全員銃で殺されており、それは人間の仕業に間違いありません。

 

その中には、大牙の姉である真白の姿はありませんでした。

遺体をテントの外に出した大牙は、ある物を発見します。

 

自衛隊員の1人が、ノートを持っていたのです。

ノートには、天使の情報が書かれている・・・。

その文字に、大牙は見覚えがあります。

 

「真白姉の文字だ・・・」

そう呟く大牙。

ここで、姉がバベル内にいると確信します。

 

天使は目が悪く、動くモノに反応する。

その情報を見て、ひばりはあることに気付きました。

テントの中に隠れれば、天使に襲われることがないのです。

 

ただ、人間に殺された遺体説明はつきません。

その答えは、ノートの中に隠されているのです。

ノートをめくると、真白とは違う文字であるメッセージが書き込まれていました。

 

〝オオトリ三曹に気をつけろ〟

血で書かれたダイイングメッセージ・・・。

 

それは、自衛隊員から裏切り者が出たことを示していたのです!!

絶望的な状況に気を落とす武。

そんな武を鼓舞し、大牙は手を合わせます。

 

「ありがとうございます」

後から登ってくる自分たちのために、ダイイングメッセージを残してくれた自衛隊員。

彼らの遺体に、大牙は手を合わせたのでした。

 

「あんたは甘いけど、いつも正しい・・・」

そう話すリュウも、大牙と共に手を合わせました。

コミ太
コミ太
大牙のこういうところを、リュウは評価しているんだね!
にゃん太郎
にゃん太郎
気になるのはオオトリってやつだ!

その後、安全なテントで大牙たちは休息を取ります。

見張りはリュウが担当し、眠りにつく大牙。

 

疲労困憊の大牙が眠ると・・・テントの外に何かがいる・・・!!?

現れたのは・・・5体の天使でした!!

まとめ

今回は盛りだくさんの1話でした。

違う階層が現れ、バベルの謎を考えると〝神〟という存在に辿り着きます。

さらに自衛隊員の遺体に、オオトリという謎の人物。

最後は天使まで登場しました!!

次回、またしても天使と戦うことになりそうですね。

 

▼トーキョーバベルのネタバレを読むなら連載誌で先読みがお得!▼

U-NEXTで【週刊少年マガジン】を無料で読む

※U-NEXTでは初回登録時に600円分のポイントがもらえます!